【鬼滅の刃】嘴平伊之助(いのすけ)の全プロフィールと考察【年齢・呼吸・刀】

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)』は漫画作品「鬼滅の刃」の登場キャラクターです。

主人公「竈門炭治郎」の友人であり、鬼殺隊の同僚でもあるキャラクターで、彼と共に行動することが多く、物語の中心人物の一人として数えられます。

 

今回はそんな嘴平伊之助の

  • 年齢・身長などのプロフィール
  • 使用する技・武器
  • 伊之助に関する考察

について説明していきます。

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは?

 

  • 名前:嘴平伊之助(はしびら いのすけ)
  • 性別:男性
  • 誕生日:4月22日
  • 年齢:15歳
  • 身長:164cm
  • 体重:63kg
  • 出身地:東京府 奥多摩郡 大岳山(現代に直すと「東京都西多摩郡檜原村・奥多摩町 大岳山」)
  • 趣味:炭治郎に教えてもらった「ことろことろ」という童遊び
  • 好きなもの:天ぷら

 

猪突猛進な猪系鬼殺隊隊員・伊之助の人物像

嘴平伊之助」とは、「吾峠呼世晴」さんが執筆する漫画作品「鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。

主人公である「竈門炭治郎」の同僚であり、友人でもある人物で、共に行動することも多い物語の中心人物の一人となっています。

鬼殺隊としての階級は2020年5月8日現在、「丙」です。

その外見とキャラクター性から「猪之助」と名前を勘違いされがちですが、「猪」ではなく「伊」です。

 

筋肉がしっかりとついた上半身を露出し、腰と脛に毛皮を巻き、剥ぎ取られた猪の頭部の皮を被った、鬼滅の刃でも屈指の特徴的な外見を持つキャラクターです。

野性味あふれるどころか、最早野獣と称しても問題のない外見に違わず、性格はひたすらに粗暴で短慮、非常に強い闘争心を持ち合わせた獰猛な人物として描かれます。

口癖は「猪突猛進」であり、その口癖を叫び、高笑いしながら戦闘に臨む姿は正しく「狂戦士」と言わざるを得ないでしょう。

その反面、育ちのせいで言葉は喋れるものの識字が出来ず、人間の常識に疎く、理解もあまり出来ないという描写が多々見られます。

常識に疎く自分のやりたいことをやるという良くも悪くも正直な性格のせいで、殊更勝負事に対して空気が読めないという欠点も抱えており、強いと見ればどんな状況であろうと勝負を挑むという一面もあります。

尚、負けず嫌いは筋金入りではありますが、負け続けるとかなり落ち込むという打たれ弱さを見せるシーンもありました。

更に「他人の名前を覚えるのが苦手」であり、他人の名前は常に自身が覚えやすい適当なあだ名で呼ぶことが多くなっています。

炭治郎を呼ぶ際はノリで呼び方を変えているのか、毎度呼び方が変わります。

その中でも「かまぼこ権八郎」という名前は非常にファンの印象に残っており、炭治郎と同僚の「我妻善逸」、そして伊之助をまとめて「かまぼこ組」と呼ぶこともあるようです。

伊之助の素顔

常に猪の皮を被っている外見からは到底想像もつかないとは思いますが、実はその猪の皮の下にある顔は、「紅顔の美少年」とも呼べるほどの美少年です。

美しい人間しか食べないという上弦の鬼「堕姫」に素顔を見られた際は獲物として付け狙われたことがある他、素顔を見た善逸からは「むきむきしてるのに女の子みたいな顔が乗っかってる」と驚きを隠しませんでした。

伊之助自体は猪マスクの下にある絶世の美少年と言った風貌を嫌っているようです。

 

嘴平伊之助の家族とは?

伊之助はまだ赤子の頃に山の中へ捨てられた「捨て子」であり、猪に育てられています。

そのため、育ての親は猪であり、他の生き物たちとの力比べをして、その能力を培っていきます。

この時の育ての母である猪はその後死した際に伊之助が剥ぎ取って、以降常時被っているトレードマークになります。

その後伊之助は偶然麓の民家に迷い込み、そこに住む「たかはる」という青年とその祖父によって言葉を覚えました。

そのため、伊之助の家族と呼べる存在は山の中で自身を育ててくれた猪で、あっても言葉を覚えるきっかけとなったたかはる青年とその祖父であると考えられます。

 

そして、伊之助を捨てた存在であるということ以外長らく謎に包まれていた「伊之助を山の中に捨てた生みの母」ですが、第160話にてその存在が明らかになります。

実は伊之助の母「嘴平琴葉」は、伊之助に愛情が無くて山に捨てたわけではないのです。

琴葉はかつて旦那と姑から家庭内暴力を受けており、その暴力は伊之助にまで及ぶ程でした。

二人から受ける暴力に耐えきれなかった琴葉はまだ赤子であった伊之助を抱え、裸足で逃げ出します。

逃げ出して偶然辿り着いた先が新興宗教「万世極楽教」の寺院でした。

その寺院にて保護を受け暮らしていたものの、とある日教祖であり上弦の鬼であった「童磨」が人を食う瞬間を見てしまいます。

童磨の人食い現場を見た琴葉は童磨に食われそうになりますが、その寸前に伊之助だけでも助かってほしいと崖の下へ投げ捨てます。

これが伊之助が捨て子となった真相でした。

その後伊之助は奇跡的に崖の下で命を取り留め、子を失くしたばかりの母猪によって育てられることになったのです。

 

ちなみに、伊之助の美しい顔は母である「嘴平琴葉」にそっくりであることがわかっています。

 

嘴平伊之助の声優は?

嘴平伊之助をアニメ「鬼滅の刃」で演じたのは、人気男性声優「松岡禎丞」さんです。

プロフィールは以下の通りとなっています。

 

  • 名前:松岡禎丞(まつおか よしつぐ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1986年9月17日
  • 年齢:33歳(2020年5月9日現在)
  • 出身地:北海道 帯広市
  • 所属:アイムエンタープライズ
  • デビュー:2009年「東のエデン」(AKX20000)

 

2009年に「東のエデン」で声優デビューをした人物です。

初めてオーディションを受けて受かった役は「THE IDOLM@STER 2」に登場した男性アイドルユニット「Jupiter」の「御手洗翔太」だったそうです。

ジョジョの奇妙な冒険では、「少年A」として、作中でも非常に知られた台詞とされる「さすがディオ!」からの一連の流れを演じました

代表作は「ソードアートオンラインシリーズ(キリト)」「デビルズライン(安斎結貴)」「モブサイコ100(花沢輝気)」です。

 

ちなみに舞台版では「佐藤祐吾」さんが伊之助を演じています。

 

嘴平伊之助の使う技は?刀はどんなもの?

嘴平伊之助は炭治郎や善逸同様、鬼殺隊として鬼が苦手な日光を蓄えた刀「日輪刀」と、身体能力を向上させる術「全集中の呼吸」を使用して戦闘に臨みます。

伊之助はそれに加えて天性の優れた「触覚」を持っており、空気の僅かな揺らぎなどすら肌で感じ、接触せずともわかるようになっています。

天然のセンサーとして動作する触覚は、何かを纏うと鈍るため、伊之助は普段上半身を露出して過ごしているのです。

類まれなる身体能力

山の中で鍛えられた伊之助の身体能力は普通の人間の領域を逸脱しており、何よりの武器となっています。

具体的な描写だけでも

  • 痛みに強く、肋骨が4本折れていても戦闘を難なく続行可能
  • バランス能力や柔軟性にも優れ、普通の人間なら無理な体制や不安定な足場でも普段通りに戦闘可能
  • 全身の関節を自由に付けはずし出来るため、頭蓋骨が通るサイズの場所なら通ることが出来る
  • 毒に対する耐性が高く、致死性の毒を使うような相手でもある程度は他の人間より有利に立ち回ることが出来る

といった高い性能を見せています。

 

反面、薬の類も効きにくいといった弱点もあり、万能ではありませんが、鬼との戦闘行為において高い能力を誇ることは事実です。

我流・全集中の呼吸「獣の呼吸」

伊之助は普通の鬼殺隊隊員とは違い、「育手」と呼ばれる者の教育を受けていません。

しかし伊之助は自ら編み出したのか、それとも今まで手合わせした鬼殺隊隊員らから術を盗んだのか定かではありませんが、「全集中の呼吸」及びそれとほぼ同等までの術を身につけています。

便宜上「獣の呼吸」と呼ばれるそれは、他の呼吸法とは違い、攻撃系の技に「牙」とつけて使用しています。

呼吸する際の音は「カアァァァ」です。

分類上は「風の呼吸」と似た性能であると言われているようです。

日輪刀

炭治郎や善逸、伊之助ら全鬼殺隊が扱う、鬼が天敵とする日光を蓄えた刀です。

炭治郎や善逸は一刀流での使用を行いますが、伊之助は二刀流で扱います。

 

伊之助は作中で刀を一度持ち替えており、最初の二振りはかつて鬼殺隊隊士から奪い取ったものを使用していました。

乱暴な扱いのせいか刃こぼれを起こしており、鍔も壊れて無くなり、柄も布を巻いただけの簡素なものです。

刃の色も伊之助が持った際の本来の色ではなく、白銀色のままとなっていました。

尚、伊之助自身は刃こぼれしたそれをいたく気に入っており、ノコギリのように「千切り裂くような切れ味が自慢」だと作中で語っています。

その二振りは那田蜘蛛山にて鬼と戦闘した際に折れています。

 

二代目の刀は刀鍛冶である「鉄穴森鋼蔵」によって打たれました。

鳳凰をモチーフにした鍔を持つ美しい刀だったものの、受け取って即座に破壊され、初代と同じ鍔の無い刃こぼれしたものになってしまいました

刀鍛冶の中では穏やかな性質を持つ鋼蔵でしたが、その仕打ちに対しては流石に怒りを露わにしています。

 

ちなみに、伊之助の刀は青色と灰色系統の「藍鼠色」に刀身が染まっており、本来ならば水の呼吸、岩の呼吸に適性があることがわかりました。

 

嘴平伊之助に関する考察

2020年5月8日現在、物語はかなりの山場を迎えている鬼滅の刃ですが、それでも盛んに考察は続けられています。

今回はそんな考察の中から、伊之助に関するものをいくつかピックアップして紹介します。

伊之助の「ほわほわ」は人間の心が生まれている証拠?

伊之助は山の中で猪によって育てられた存在です。

そのため、人間社会で学ぶはずだった優しさや情といったものとは無縁で育ってきました。

また、伊之助はそれらを理解出来ず、常識が通用しない行動を取ることもしばしばです。

そんな伊之助が人の情や優しさに触れた時、「ほわほわ」と呼ばれる何かを感じることがあります。

このほわほわは人間として伊之助が成長している証拠であると言われています。

人間の心に触れ、徐々に獣から人間に変わっていっている表現であると考えられているのです。

 

ちなみに、伊之助自体はこのほわほわを認識しているものの、その正体が何かわからず、本人も感じたことが無い感情のためか、苦手としているような部分もあると思われます。

「俺をほわほわさせるな」と発言したこともあります。

伊之助がしのぶを母親と勘違いした理由とは?

伊之助は最初、柱の一人である女性「胡蝶しのぶ」を自らの母親ではないかと勘違いしたことがあります。

その理由はしのぶが歌った「指切りの歌」です。

伊之助は母親である「琴葉」との記憶をほぼ持ち合わせていないものの、彼女が歌う「指切りの歌」だけは記憶の中に朧気にありました。

その歌を歌ったしのぶの姿が琴葉の姿と被り、指切りをした相手であるしのぶを母ではないかと勘違いするに至ったようです。

 

尚、しのぶの年齢は作中登場時には18歳であり、伊之助の母とするにはやや無理があると思われます。

伊之助が人間の常識を知らなかったが故の勘違いなのではないでしょうか。

伊之助の全プロフィールまとめ

「鬼滅の刃」に登場するキャラクター「嘴平伊之助」は

  • 主人公「竈門炭治郎」の同僚であり、鬼殺隊に所属する隊員
  • 最早獣同然の性質を持っている人物ではあるが、徐々に人間らしさを学んで成長していっている
  • 母親に捨てられた子供であると思われていたが、実はやむを得ない事情があったと判明した
  • 使用する呼吸法は自ら編み出したと思われる「獣の呼吸」
  • 猪マスクの下は作中公認の「絶世の美男子」

とのことです。

 

鬼の頭領「鬼舞辻無惨」との決着がつき、物語が終息に向かっていると思われる鬼滅の刃。

作中で大きく成長した伊之助がどのように関わっていくのか、注目が集まりますね。

鬼滅の刃の最新刊やアニメを無料で見たいという方は、U-NEXTで安全かつ確実に視聴が可能となっています。

U-NEXTは、公式の動画&電子書籍配信サービスで鬼滅の刃のアニメも全話見放題で配信中!

鬼滅の刃のコミックスも、1巻から最新刊までが発売日に追加されており、登録時に貰える600Pで無料で読むことが可能となっています。

U-NEXTは31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金はかかりません。

なお、無料期間のキャンペーンは予告なく終了する可能性もあるため、最新の情報は公式サイトにてご確認下さい。

 ▼今なら31日間の無料体験▼

最新情報をチェックしよう!