【鬼滅の刃】蛇柱・伊黒小芭内の全プロフィールと考察【過去・年齢・最後】

伊黒小芭内』は漫画作品「鬼滅の刃」のキャラクターです。

鬼殺隊隊員であり、鬼殺隊剣士の中でも優れた実力を持つ者に与えられる「」の称号を持つ一人として登場しています。

 

今回はそんな伊黒小芭内の

  • 身長・年齢などのプロフィール
  • 使用する技・武器
  • 伊黒小芭内に関する考察

について説明します。

蛇柱「伊黒小芭内」とは?

 

  • 名前:伊黒小芭内(いぐろ おばない)
  • 性別:男性
  • 誕生日:9月15日
  • 年齢:21歳
  • 身長:162cm
  • 体重:53kg
  • 出身地:東京府 八丈島 八丈富士(現在に直すと「東京都 八丈町 三根 西山」)
  • 趣味:川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める
  • 好きなもの:とろろ昆布

 

心身ともに「蛇柱」?伊黒小芭内の人物像

伊黒小芭内」とは、「吾峠呼世晴」さんが執筆する漫画作品「鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。

鬼殺隊に所属する隊員であり、優れた実力を持つ剣士にしか送られない最強の剣士の証である「柱」の称号を持つ男性です。

小芭内は「蛇の呼吸」を極めた「蛇柱」であるとされています。

 

口元を覆った包帯、色の違う虹彩を持つ両目、首に巻いた相棒の白蛇「鏑丸」など、特徴にまみれた外見を持った人物です。

オッドアイであり、右側の金色の方は弱視気味であり、鏑丸に日常生活のサポートをしてもらっていたこともわかっています。

また、身長は男性キャラクターの中でも小柄であり、外見の印象通りに腕力もあまり強くないと公式で認められています。

ですが、自分よりも腕力があるはずの「竈門炭治郎」を押さえつけたり、戦闘においては技量やスピードを生かした剣技を使うなど、非力さに関しては少なくともハンデは無いと言ってもいいでしょう。

包帯の下は過去に鬼によって割かれた口があります。

そのため、包帯は他人の前では取ったところをほぼ見せないようにしているようです。

性格は一言で言うと「蛇のよう」です。

冷静で、偏屈で、気難しく、疑り深い。

嫌味と皮肉を織り交ぜた口調で話し、素直でなく、執念深く、嫉妬深い。

おおよそ蛇のようだと形容した際に出て来るであろうイメージを固めたような人物となっています。

また、執念深くねちっこい性格は周囲からも認知されており、同じ柱である「甘露寺蜜璃」は彼を「ネチネチしている」と称した上、喋る際の効果音も「ネチネチ」だったりします。

疑り深い性格の持ち主であることと、過去の経験から鬼を一切信用しておらず、何としても滅すべしという思考を持っており、炭治郎の妹「禰豆子」が人を食わないと分かった後でもそのスタンスは変わりません。

 

柱の中では甘露寺蜜璃を特別視しているようで、度々彼女を気に掛ける言動を取っています。

蜜璃とは文通をする仲であることが判明しており、他の人物が蜜璃と親しくすることを良しとしていません。

特に竈門兄妹へは対抗心や嫉妬心を露わにしており、炭治郎には「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と牽制するような言葉を投げています。

尚、蜜璃が身に着けるニーハイソックスは小芭内の贈り物であることがわかっています。

大正時代は女性が肌を見せることを「はしたない」と考える人が多かったため、気を使って送ったのでしょう。

伊黒小芭内の家族と過去

伊黒小芭内は特殊な家に生まれた子供でした。

とある変わった一族であり、女性ばかりが生まれる家であったそうです。

小芭内はその中で370年ぶりに生まれた男であったそうです。

 

小芭内は男であったためか、生まれた時より座敷牢で育てられていましたが、その待遇は異様とも言える程です。

女性の家族は全員小芭内に対して、小芭内が気持ち悪いと思うくらいに親切であり、毎日食べきれない程の量の食事を与えたのです。

そして12歳になった時、自分がなぜ座敷牢で育てられ、蝶よ花よと優しくされて、食事を大量に取らされたのかを知ります。

12歳になった小芭内が引き合わされたのは、下半身が蛇のようになった女の鬼でした。

小芭内の一族は鬼が殺した人間の金品で栄えていっており、その代わり鬼の好物であった赤ん坊を捧げていたのです。

自らが産み落とした赤ん坊を生贄にしていたある日、370年ぶりに男児である小芭内が生まれたのです。

更に小芭内は世にも珍しいオッドアイだったため、鬼に気に入られ、大きくなって食べる量が増えるまで育てられていたのです。

鬼は成長した小芭内を更に気に入り、自らの口のようにしようと小芭内の口を割いてしまいます。

 

座敷牢に戻され、その場で食すことを免れた小芭内は、その日から脱出計画を立てます。

盗んだ簪で格子を削り、どうにか脱出することが出来ました。

脱出した小芭内は当時の炎柱「煉獄槇寿郎」に保護され、一命を取り留めます。

 

その後、小芭内が一族の従姉妹と会いますが、その従姉妹の口から知らされたのは、あの鬼が一族を50人も殺したということでした。

従姉妹は「一族が死んだのはお前のせいだ」「大人しく食われていればよかったのに」「生贄のくせに」と小芭内を罵ります。

従姉妹の罵り言葉で多大なショックを受けた小芭内は、鬼殺隊に入隊、行き場のない感情を鬼にぶつけていくことになります。

 

尚、現在小芭内が心を開いている数少ない存在の「鏑丸」は、小芭内が座敷牢にいる頃に迷い込んできた蛇であることがわかっています。

座敷牢から逃亡する際にも一緒に連れ出すくらいに信頼しており、彼の心の拠り所であったことがわかります。

伊黒小芭内の声優は?

アニメ「鬼滅の刃」で伊黒小芭内を演じているのは、人気男性声優「鈴村健一」さんです。

プロフィールは以下の通りとなっています。

 

  • 名前:鈴村健一(すずむら けんいち)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1974年9月12日
  • 年齢:45歳(2020年6月15日)
  • 出身地:新潟県→大阪府豊中市
  • 所属:アーツビジョン(~2012年4月)→株式会社インテンション(2012年4月~2020年6月15日現在)
  • デビュー:1997年「マクロス7(モーリー)」

 

1997年に「マクロス7」でデビューを果たした声優さんです。

以降は主要級のキャラクターを演じることも多く、歌手としても活動を行っています。

代表作は「機動戦士ガンダムSeed Destiny(シン・アスカ)」「銀魂(沖田総悟)」「宇宙戦艦ヤマト2199シリーズ(島大介)」です。

 

尚、妻は同じく声優であり、人気女性声優の「坂本真綾」さんです。

坂本真綾さんとは共演する作品も多く、鬼滅の刃においても鈴村健一さんが伊黒小芭内、坂本真綾さんは「珠世」として出演しています。

鬼滅の刃において、絡み自体はあまりない二人ではありますが。

伊黒小芭内の最後

「無限城」の最終決戦においては、十二鬼月・上弦の肆「鳴女」戦後に炭治郎たちと合流、甘露寺蜜璃らと共に「鬼舞辻無惨」との最終決戦に挑みます。

無惨の猛攻に合い、両目の視力を失うものの、「愈史郎」の血鬼術や炭治郎、相棒である鏑丸の力を借りて戦闘を進めます。

この際、炭治郎に対しては感謝の言葉を述べ、戦闘も「二人でなら出来る」と豪語出来るほどに彼の力を認めていました。

その奮闘、そして「悲鳴嶼行冥」ら数々の犠牲の末に無惨を打ち倒すことに成功します。

ですが、戦闘の最中に致命傷を負っており、既に助かる見込みは無かったようです。

 

今際の時に、小芭内は同じく瀕死の「甘露寺蜜璃」と語らいます。

その際に、蜜璃と最初に鬼殺隊の屋敷で出会った時のことを話し始めました。

屋敷で迷った自分を道案内してくれたこと、出会った蜜璃が「普通の女の子」のようだったこと、そしてその姿に救われたことを告げます。

気付かないうちに小芭内を救っていた蜜璃は、それを聞いて号泣しながら、「小芭内が好きだ」と告白をします。

お嫁さんにしてくれる?」と告げる蜜璃に対して、小芭内は

 

勿論だ、君が俺でいいと言ってくれるなら

「絶対に君を幸せにする」

「今度こそ死なせない、必ず守る…」

 

と答え、二人は来世での幸せを誓い合って死んでいきます。

 

尚、その約束は鬼滅の刃最終回で描写された現代日本での風景にて叶えられたことが確認されています。

二人は「蛇の置物がある、メガ盛りで有名な定食屋を営む夫婦」として登場しました。

伊黒小芭内の使用する技は?刀はどんなもの?

伊黒小芭内は鬼殺隊隊員として、日光を蓄えた刀「日輪刀」と、身体能力を強化する「全集中の呼吸」を扱って戦闘に臨みます。

小芭内が使用する呼吸は「蛇の呼吸」であり、その名称からは小芭内独自のものに見えますが、小芭内が編み出した呼吸法ではありません。

腕力は鬼殺隊でも蟲柱「胡蝶しのぶ」に並んで非力な方ですが、高い技術力と変幻自在の剣技によって他の柱のメンバーに引けを取らず戦闘を進めることが出来ます。

全集中の呼吸「蛇の呼吸」

伊黒小芭内が使用する全集中の呼吸であり、水の呼吸から派生した呼吸法です。

名称や雰囲気のせいで小芭内独自に編み出したものに見えなくもないですが、別段小芭内が編み出したものであるという描写はありません。

披露された型は5つで、呼吸法を使用する際の効果音は判明していません。

なんとなく「シャアアアア」といった感じの予感はしますが。

 

変幻自在の呼吸法である水の呼吸から派生した呼吸法のため、蛇の呼吸も非常に見切りにくい太刀筋をした呼吸法であることがわかっています。

狭い場所をすり抜けて斬撃を届ける、あり得ない程に曲線を描いた斬撃など、蛇のように曲がりくねった攻撃は安易に止めることは許さず、まるで獲物を捕らえるように敵を仕留めます。

鏑丸

伊黒小芭内の相棒であり、幼少期から彼に寄り添う白蛇です。

小芭内とは意思が通じ合っており、小芭内の視界的なサポートなどを行っています。

金色の右目が弱視であることが判明している小芭内が、ハンデ無しに動くことが出来るのは鏑丸のおかげです。

最終決戦においては炭治郎と共に目が見えなくなった小芭内のサポートを行っており、炭治郎との息の合った連携を可能としています。

 

小芭内の死後は激しい戦闘で著しく視力を損なった「栗花落カナヲ」に託され、カナヲの日常生活をサポートしつつ生活をしていることがわかっています。

痣・赫刀

伊黒小芭内ら柱のメンバーが発現させた能力です。

痣は発現すると「上弦の鬼と渡り合えるだけの力を得た」ことを示すと言われる身体的特徴です。

高い体温と心拍数によって呼吸法をより高水準で使用できるようになる状態になります。

また、痣持ちの剣士が死の淵に立たされて、日輪刀の柄を握りしめることで、鬼の再生能力を遅らせる力を持つ「赫刀」を発動させることが出来ます。

この赫刀で斬られた鬼は、たとえ鬼舞辻無惨であろうと再生能力を著しく低下させられ、苦痛にあえぐことになります。

痣持ちの剣士たち同士で武器を打ち付け合うことで発現することも出来ますが、小芭内は柄を握りしめる方向で発現させました。

ちなみに、赫刀発現中の「蛇の呼吸」は、剣技使用時に発生するエフェクトの蛇の頭が赤く染まるという特徴があります。

日輪刀

伊黒小芭内ら鬼殺隊隊員が全員持っている、鬼が苦手な日光を蓄えた刀です。

小芭内の刀は刀身の色が紫色に染まっており、柱のメンバーが持つ日輪刀に共通した「惡鬼滅殺」の文字が刃の根元に刻印されています。

刀身はまるで「フランベルジュ」と呼ばれる剣のように曲がりくねった蛇のような形をしています。

また、通常の日輪刀とは違って両刃という特徴が見られます。

伊黒小芭内についての考察

鬼滅の刃は既に本編の連載が終了していますが、ファンの間では未だ数々の考察が行われています。

今回はその中から、伊黒小芭内に関するものをいくつかピックアップして紹介します。

伊黒小芭内は甘露寺蜜璃に過剰な執着はしていない?

伊黒小芭内は甘露寺蜜璃と親しく、彼女に近づく人間に対して過剰な嫉妬を露わにすると思われがちです。

ですが、実際はそんなことはないのではないかと言われています。

実際小芭内が「蜜璃に近づくな」というようなことを言っているのは本編中だと炭治郎と、雑魚鬼に対してです。

親しくしているのは「禰豆子」なども同じであり、嫉妬をするなら彼女にもするのではないかと思われますが、そういう描写はありません。

そのため、蜜璃を大事にはしているものの、過剰な庇護をする所謂「モンペ」ではないと考えられているようです。

単に「小芭内が親しくしている様子を見ていない及び親しい様子であることを聞いていない」という可能性はありますが、少なくとも作中では描写されておらず、あくまでもファンの間の非公式な解釈であるというのが通説のようです。

伊黒小芭内は女性と言われていた!?

初登場から暫し詳細が明かされなかった伊黒小芭内ですが、一時期は「女性ではないか」と考えられていました。

その理由は「女性と言っても通じる顔」「男性にしては細身で小柄」「名前が男性でも女性でも使えそう」「故郷の八丈島には昔女性しか住んでいなかったと言われている」であるからだと思われます。

また、柱のメンバーを見ても女性の割合が少なく、小芭内を女性とすると比較的男女比が釣り合うようになるからであると考えられます。

結局後にハッキリと男性であることが描写されたため、この考察ははっきりと否定されました。

伊黒小芭内が青い彼岸花だった?

考察の中には「伊黒小芭内」が物語の鍵であり、鬼舞辻無惨が探し求めた「青い彼岸花」なのではないかと言われていたこともありました。

小芭内=青い彼岸花と考察された理由が

  • 彼岸花の別名が「蛇花」
  • 彼岸花が「天空の花」と呼ばれており、小芭内の出身地である「八丈富士」にある「天空の道」が連想された
  • 小芭内の誕生日が彼岸花の開花時期に重なる
  • 小芭内が「蛇の鬼」と関係が深い

というものでした。

そのため、無惨が小芭内に噛みついたシーンで「青い彼岸花」を摂取してしまったのではないかと戦々恐々されていたようです。

実際は小芭内が青い彼岸花だったということはなく、読者の杞憂に終わりましたが。

 

尚、青い彼岸花は最終話にて「嘴平伊之助」と「神崎アオイ」の子孫と思われる「嘴平青葉」によって実物が発見されたと描写されています。

伊黒小芭内は鬼だと言われていた!?

伊黒小芭内は鬼、及び鬼と人間のハーフではないかと考えられていたことがありました。

小芭内の出身地である「八丈島」はかつて「女護が島」と呼ばれ、女性たちのみが住む島であったことが「保元物語」という書物に記載されています。

「鬼ヶ島」と呼ばれた「青ヶ島」には鬼の子孫と言われた男性のみが住み、一年に一回男性たちが女性たちの元へ行き、子をなして子孫を残していたと言われているようです。

そのため、八丈島には「鬼伝説」が現代にも残っているようです。

そんな八丈島出身の小芭内は「鬼」なのではないかと考えられていました。

その他にも根拠として

  • 常に口元を隠しているのは鬼の牙があるからである
  • 虹彩の色が違うのは鬼の血が入っているからである

とも言われていたようです。

 

ですが、日光の下を平然と歩く様や、炭治郎の嗅覚が彼を鬼と認識しなかったこと、他の鬼と人間を見分ける能力を持つキャラクターたちが無反応であったこと、後の漫画での描写から、小芭内が鬼であることはあり得ないと結論付けられました。

蛇柱・伊黒小芭内の全プロフィールと考察まとめ

「鬼滅の刃」のキャラクター「伊黒小芭内」は

  • 鬼殺隊の隊員にして、鬼殺隊最強の剣士に送られる「柱」の称号を持つ一人として数えられる「蛇柱」
  • 相棒の白蛇「鏑丸」を常に傍に置き、「蛇」を連想させる外見や蛇のような性格が目立つ男性
  • 登場からミステリアスな雰囲気を漂わせており、「実は鬼と人間のハーフ」「青い彼岸花に関係がある」「実は女性」だと様々な噂が立っていた
  • 無限城の最終決戦において竈門炭治郎と共に鬼舞辻無惨に挑み、息の合った連携で追い詰めて勝利するものの、致命傷を負い、甘露寺蜜璃と共に息を引き取る

とのことでした。

 

漫画連載は終了したものの、スピンオフなどの作成が行われている鬼滅の刃。

今後伊黒小芭内に関しても何らかの掘り下げがあるかどうか、注目が集まります。

鬼滅の刃の全話ネタバレ考察はこちら


関連記事

鬼滅の刃の漫画1話から最終回(205話)までの全話のネタバレ考察をまとめました。 コミックス全巻の収録話ごとにタイトル一覧でまとめていますので参考にしてみてください。 鬼滅の刃 漫画全話ネタバレ考察まとめ 鬼滅の刃全巻全話[…]

漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選


近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。

合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。

サービス名

FOD music.jp U-NEXT
月額料金(税抜き) 888円 1780円 1990円
無料期間 2週間 30日間 31日間
無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント
ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。

そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。

ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

 

 ※登録直後に貰える600ptで漫画1冊無料

最新情報をチェックしよう!