【鬼滅の刃】岩柱・悲鳴嶼行冥の全プロフィールと考察【ひめじまさんの年齢・過去】

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)』は漫画作品「鬼滅の刃」のキャラクターです。

鬼殺隊隊員であり、鬼殺隊剣士の中でも優れた実力を持つ者に与えられる「」の称号を持つ一人として登場しています。

 

今回はそんな悲鳴嶼行冥の

  • 身長・年齢などのプロフィール
  • 使用する技・武器
  • ひめじまさんに関する考察

について説明します。

 ▼人気漫画やアニメが見放題▼

岩柱「悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)」とは?

 

  • 名前:悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)
  • 性別:男性
  • 誕生日:8月23日
  • 年齢:27歳
  • 身長:220cm
  • 体重:130kg
  • 出身地:東京府 靑梅 日の出山(現代に直すと「東京都 青梅市 日の出山」)
  • 趣味:尺八
  • 好きなもの:炊き込みご飯

 

鬼殺隊最強の男!「岩柱」悲鳴嶼行冥の人物像

悲鳴嶼行冥」とは、「吾峠呼世晴」さんが執筆する漫画作品「鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。

鬼殺隊所属の剣士であり、鬼殺隊において優れた実力を持つ剣士にのみ送られる、最強の剣士の称号である「柱」を持った一人であると描写されています。

行冥は「岩の呼吸」を極めた「岩柱」であるとされています。

その上、現代に置き換えたとしても突出した巨躯と強い精神と高い技術を持ち、名実ともに「鬼殺隊最強の男」であると認められています。

柱のメンバー中でも最年長であり、他の柱のメンバーや、お館様である「産屋敷耀哉」からの信頼も非常に高くなっています。

余談ですが、大正時代においては破格だろう「220cm」の身長はあの有名なジブリ映画のキャラクター「トトロ」より大きいそうです。

 

登場時より瞳孔の描かれない白目で描かれており、盲目であることが判明している人物です。

「南無阿弥陀仏」と書かれた短冊のようなものを縫い付けた羽織に、手にした数珠、数珠のような首飾りと、どこか僧を思わせる外見が特徴です。

非常に感動しいであり、異様なまでに涙もろいことが判明している人物であり、家族が仲睦まじい様子を察しただけで感動して涙し、ゴミが散らかっていることを察しただけで悲しみに涙することもあるとされています。

慈悲深く優しいと思わせるような一面を見せる一方、過去の経験から異様なまでに猜疑心や警戒心が強く、他人に対しては慈悲深いように見えて残忍なようにも思える言動を取ることもあります。

実際「竈門炭治郎」と初めて対面した際、鬼になった妹「禰豆子」を匿っていた炭治郎に「鬼に取りつかれて可哀想だから殺してやろう」と発言しています。

しかし、呼吸法の才能を持たず鬼を食うことで力を扱う「不死川玄弥」を本来は継子として扱えないに関わらず弟子にして保護するなど、本来の性格は優しく慈悲深い方であることも伺えることから、苛烈な一面は過去の経験から付与されてしまった性質であるということがわかっています。

「殺してやろう」とも進言していた炭治郎に対しても、後にその正直な心根に触れて警戒を解いて接しています。

 

これも余談ですが、2020年4月29日に配信が終了された韓国のゲームであり、鬼滅の刃のパクリ作品と言われていた「鬼殺の剣」においては、何故かキャラクターたちの中で一人だけ女性キャラクターに改変されるという憂き目に合っています。

そのままでは人気が出ないと考えられていたからでしょうか。

尚、そんな悲鳴嶼行冥さんの第一回公式人気投票の得票数は3票であり、当時の登場数の少なさを顧みても悲しい結果となっています。

「不死川玄弥」の名前さえも出ていない頃に行われた投票だったため、2020年6月14日現在に再度人気投票を行えば、結果はもう少し違うかもしれませんね。

悲鳴嶼行冥の家族

悲鳴嶼行冥の家族と呼べるのは、かつて彼が身を寄せていた寺で面倒を見ていた孤児たちです。

9人おり、皆仲良く暮らしていたのですが、ある日その中の一人の少年が行冥の「日が暮れる前に寺に戻れ」という言いつけを聞かずに、夜に外出をしてしまいます。

その少年は外にて鬼と遭遇、自分の命惜しさに鬼に命乞いをしてしまいます。

命乞いを受け入れた鬼は、行冥と8人の子供たちがいる寺に焚いてあった鬼除けのお香を消し、鬼を寺の中に引き入れてしまいます。

引き入れられた鬼によって4人の子供はすぐに殺されてしまいます。

残りの4人を守ろうと、行冥は自分のそばにいるように言いつけますが、一番年下の「沙代」という少女以外は言いつけを守らず逃げ出し、残らず鬼に殺されてしまいます。

行冥は一人残された沙代を守ろうと、迫りくる鬼を呼吸法も使わずに素手で滅多打ちにして殺してしまいます。

日光の力も借りず、本当に素手の力でです。

 

夜が明けて駆け付けた人々が目の当たりにしたのは、夜が明けたことで鬼が塵になって、二人残された行冥と沙代、そして7人の子供たちの死体でした。

沙代を守り切った行冥でしたが、沙代が「あの人は化け物、みんな殺した」と駆け付けた人に言ってしまったことから、行冥が全ての惨劇の犯人であると勘違いされてしまいます。

後に沙代は行冥が殴り殺した鬼を指してその言葉を継げたのだと補足されていますが、その鬼は既に塵と化していたためにその証言は曲がって伝わり、行冥こそが子供を殺したと思われてしまったのです。

行冥自身も沙代が自身を指して「化け物」呼ばわりしたのだと誤解をし、そのまま行冥は捕まって死刑囚となってしまいます

死刑囚となった行冥を助けたのは、鬼殺隊の頭領であり、お館様である「産屋敷耀哉」でした。

 

以上の経験から、一夜にして三度も子供たちに裏切られた行冥は、心の中に「子供は無邪気で無垢だからこそ無常で無慈悲」「平気でうそをつき、平気で残酷なことをする我欲の塊である」という考えを持ってしまうことになります。

鬼にも当然憎しみはありますが、子供に対しても誤解から嫌悪や憎悪に近いそれを持ってしまったことが伺えます。

それでも自分を死刑囚にした原因とも言える沙代のことは憎み切れず、「子供はいつも自分のことで手一杯だから」と発言して、そこまで恨んではいないということをにおわせています。

 

ちなみに、寺に鬼を引き入れた少年は、その後「我妻善逸」の兄弟子であり、鬼になってしまった雷の呼吸の使い手「獪岳」であったことが判明しています。

自分勝手な性格から、目の見えない行冥のもとにいた獪岳が寺の金を盗んだことで、他の子供たちに非難されて追い出されたことが事の始まりでした。

追い出された獪岳が子供たちを逆恨みし、命乞いついでに鬼に子供たちを売ったということが事件発生の真相です。

行冥は彼がいなくなったことに気づいてはおらず、子供たちも獪岳を勝手に追い出した負い目から、行冥に彼がいないことを話さなかったため、鬼に言われるまで獪岳が一人いないことに行冥は気付かなかったと言われています。

悲鳴嶼行冥の声優は?

アニメ「鬼滅の刃」で悲鳴嶼行冥を演じているのは、人気男性声優「杉田智和」さんです。

プロフィールは以下の通りです。

 

  • 名前:杉田智和(すぎた ともかず)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1980年10月11日
  • 年齢:39歳(2020年6月14日現在)
  • 出身地:埼玉県比企郡嵐山町
  • 所属:ミューラス(1997年?~2001年)→フリー(2001年)→アトミックモンキー(2001年~2020年4月1日)→株式会社AGRS(2020年4月1日~2020年6月14日現在)
  • デビュー:1997年?CS放送時の「仮面ライダー」のプレゼント企画告知ナレーション

 

高校在学中であった頃から声優として活動を行っている人物です。

本格的に活動を開始したのは1998年のラジオドラマ「魔装機神サイバスター」からでした。

アニメデビューはその翌年である1999年に放送された「魔装機神サイバスター」であり、当該作品においてレギュラーも獲得しています。

声優「中村悠一」さんとの仲が非常に良いことが有名で、意図的にキャスティングされて共演することもしばしばです。

代表作は「銀魂(坂田銀時)」「涼宮ハルヒの憂鬱シリーズ(キョン)」「BLAZBLUEシリーズ(ラグナ=ザ=ブラッドエッジ)」などです。

 

声優業以外にも様々なことに挑戦しており、ドラマCDの脚本や楽曲の作詞、ストーリー原案やゲームキャラクターの設定原案、ゲームの制作などにも携わっています。

悲鳴嶼行冥の死亡理由

「無限城」における「鬼舞辻無惨」との最終決戦においては、十二鬼月・上弦の壱である「黒死牟」を弟子である「不死川玄弥」と霞柱「時透無一郎」の犠牲を出しつつ、「不死川実弥」と共に勝利を収めます。

その後、炭治郎らと肩を並べて無惨と対峙し、その類まれなる実力で勝利の道筋を作り出します。

自らの日輪刀である手斧と鉄球を打ち付け合い、一つの日輪刀を用いて「赫刀」を発現、その赫刀発現と同時に、全集中の呼吸を極めきることで発動する「透き通る世界」という能力も手に入れます

その能力で無惨の身体構造を感じ取れるようになり、彼が多数の脳と心臓を持ち合わせた体に変化したことを見抜きます。

全ての脳と心臓を破壊することで無惨を殺すことが出来る」と勝利条件を提示するものの、直後に無惨が行った攻撃により左足の膝から下を切断されて失神、一時的に戦線離脱をします。

 

ですが、炭治郎や蛇柱「伊黒小芭内」の戦闘続行中に覚醒、再び戦闘に復帰します。

肉の鎧を纏って逃走を試みる無惨を自らの日輪刀の鎖で拘束、逃がすまいと踏ん張ります。

その後無惨は日光によって消滅、勝利したものの、行冥の傷は深く、既に助かる見込みはありませんでした。

自分が助からないと自覚していた行冥は他の隊員に薬を使ってくれと頼むと、目を閉じます。

 

その瞼の裏にて、かつて自身を裏切ったと思われていた7人の子供たちが現れます。

彼らは行冥に謝罪をし、行冥の言いつけを守らなかった真相を明らかにします。

実は子供たちは少しでも行冥の力になろうと、武器を探しに行ったり、助けを呼ぼうとしに行ったりしていたというのです。

それを聞いた行冥は「謝るのは自分の方だ」と子供たちに謝罪を返し、「あの時皆で明日を迎えられたなら」と後悔を零しつつも、安らかな顔で息絶えました。

悲鳴嶼行冥の使用する技は?刀はどんなもの?

悲鳴嶼行冥は鬼殺隊隊員として、日光を蓄えた刀「日輪刀」と、身体能力を強化する「全集中の呼吸」を駆使して戦闘を行います。

行冥が使用するのは「岩の呼吸」であり、呼吸法の中でも基本的な5つの中の一つです。

また、前述の通り行冥は類まれなる巨躯と高い技術力、そして強靭な精神力を持ち合わせた「最強の剣士」と言われています。

その名前に相違は無く、戦闘描写はそう多くないものの、作中でも規格外の能力を見せつける部分が多数あります。

全集中の呼吸「岩の呼吸」

悲鳴嶼行冥の扱う呼吸法であり、全集中の呼吸でも基本的な呼吸法である5つの中の一つとなっています。

型は作中で5つ披露され、呼吸音は「ゴウゴウゴウン」と表現されました。

防御と攻撃に特化していること、自らの肉体を極限まで駆使する戦闘方法が特徴的な呼吸法です。

十二鬼月・上弦の壱である「黒死牟」はかつて岩の呼吸を扱うと考えられている鬼殺隊剣士と対峙しており、その剣士が槍か多節棍のような武器を扱って戦闘を行っていることから、武器の種類に限らず扱える呼吸法なのではないかと考えられます。

痣・赫刀・透き通る世界

悲鳴嶼行冥が発現した能力です。

は鬼殺隊の隊員が十二鬼月・上弦に対抗しうるほどの力を身に着けた際に現れる身体的特徴となっています。

発現すると心拍数が200以上に、体温が39度以上の高温となり、全集中の呼吸をより高水準で使用できるようになります。

 

その痣持ちの剣士が死の淵に追い詰められ、刀の柄を強く握りしめて体温を直接刀に伝えたり、痣持ちの剣士同士が互いの刀をぶつけ合うことで赫刀が発動します。

鬼の持つ再生能力を阻害し、傷による苦痛にあえがせることが出来るようになります。

日の呼吸を扱う剣士や、それに準ずる人間たちしか使えないと思われていましたが、行冥はこの赫刀を自分の日輪刀同士を打ち合わせることで発現させました。

 

更に、行冥は最終決戦において赫刀を発現すると同時に「透き通る世界」をも習得しています。

透き通る世界は全集中の呼吸を極めた剣士のみが至れる領域であり、敵の骨格や筋肉、内臓すらも見通し、感じることが出来るようになる能力です。

また、無駄な動きを削ぎ落し、通常ならば困難な動きすらも難なく行うことが可能となり、無駄な感情も削ぎ落していくことで、極めて自然体で鬼を殺すことが出来るようになります。

 

痣や赫刀の発現に至った登場人物はいくつか見られるものの、透き通る世界にまで至った人物は「竈門炭治郎」「竈門炭十郎」「黒死牟」「継国縁壱」と「悲鳴嶼行冥」のみと片手で足りる程と非常に少ないことがわかります。

日輪刀

悲鳴嶼行冥を含む鬼殺隊隊員が全員所持している、鬼が苦手とする日光を蓄えた刀です。

行冥の刀は刀の形状を為しておらず、武骨な手斧に鎖で繋がれた棘鉄球が備えられている「鎖鎌」にも似た形状の武器となっています。

手斧には当然、棘鉄球や鎖にすら日光が蓄えられており、どこを使っても鬼を狩る武器として使用することが可能です。

行冥の武器は通常の日輪刀と違い、極限まで日光が蓄えられており、鬼に対しては絶大な威力を誇ります

また、鎖を打ち鳴らすことで音を出し、目の見えない行冥の戦闘をサポートするソナーとしても扱うことが出来ます

非常に特殊な形の日輪刀ですが、行冥は「岩の呼吸」と組み合わせて上手く使用し、戦闘を進めていきます。

 

尚、普通なら様々な色に染まる日輪刀の刀身ですが、岩の呼吸の適性を示す色が「灰色系統」であること、行冥の日輪刀の形状が特殊なことから、刀身の色が変わっているかどうかはわかりにくくなっています。

また、柱の日輪刀に刻まれている「惡鬼滅殺」の文字も確認しにくいです。

悲鳴嶼行冥についての考察

鬼滅の刃は本編が既に連載を終了していますが、ファンの間では未だに様々な考察が繰り広げられています。

今回はその中から、悲鳴嶼行冥に関する考察をいくつかピックアップして紹介します。

悲鳴嶼行冥が南無阿弥陀仏を唱えるワケ

悲鳴嶼行冥は度々「南無阿弥陀仏」を唱える姿が描写されています。

羽織にもあしらう程、彼にとっては非常に重要な言葉であると考えられます。

実は南無阿弥陀仏には「あなたを一人ぼっちにはしません」という意味もこめられていると言われています。

悲鳴嶼行冥は本来慈悲深い性格をしており、過去孤児の子供たちを保護して面倒を見ていたという描写もあります。

行冥の中ではその「あなたを一人にしない」という言葉は信念にも近いものでもあり、子供たちにそう言い聞かせて元気づけるものなのではないでしょうか。

また、行冥はかつて裏切られて一人ぼっちにされたと思い込んでいることから、「私はこうしてほしい」の心を無意識に出しているのではないかとも考えられます。

 

ちなみに、僧侶は念仏を唱え続けたり木魚を叩き続けることで「反復動作による集中」を行い、最終的には通常使わない脳の領域を開くということも可能になると言われています。

行冥は繰り返し念仏を唱えることで脳の回路を開いて強化し、自らの身体能力の強化なども行っている可能性もあると言われています。

 

尚、南無阿弥陀仏は「浄土真宗」では唱えるだけで極楽浄土に至れると言われている念仏であり、行冥が南無阿弥陀仏を唱えながら修行に至るのはおかしいのではないかとも考察されています。

矢琶羽と悲鳴嶼行冥には関係がある?

鬼滅の刃の序盤に登場した鬼、「矢琶羽」と悲鳴嶼行冥には共通点が多く、何らかの関係があるのではないかと考えられています。

確かに共通点として

  • 数珠のような首飾り
  • 両目が見えない(矢琶羽は封じられているだけではあるが)

という部分があります。

ですが、二人の関係は最後まで一切語られていないため、恐らくは関係は無く、単なるデザイン上の被りだったのではないかと思われます。

岩柱・悲鳴嶼行冥の全プロフィールと考察まとめ

「鬼滅の刃」のキャラクター「悲鳴嶼行冥」は

  • 鬼殺隊隊員であり、最強の剣士の証である「柱」の称号を持つ「岩柱」の男性
  • 鬼殺隊でも最強と言われた人物であり、痣や赫刀の発現の他、作中でも片手で足りる程の人間しか発現していない「透き通る世界」も習得している
  • 所持する日輪刀は最早刀の体を成していないが、行冥の性質によく合った性能をしている
  • 無限城において鬼舞辻無惨との最終決戦に臨み、透き通る世界や自らの能力を生かした戦闘を繰り広げて勝ちへの糸筋を作り出すも、致命傷を負い死亡する

とのことです。

 

漫画作品として鬼滅の刃は連載を終了しているものの、スピンオフなどは未だ精力的に制作され続けています。

今後悲鳴嶼行冥についても何らかの掘り下げがあるかどうか、注目が集まります。

鬼滅の刃の全話ネタバレ考察はこちら


関連記事

鬼滅の刃の漫画1話から最終回(205話)までの全話のネタバレ考察をまとめました。 コミックス全巻の収録話ごとにタイトル一覧でまとめていますので参考にしてみてください。 鬼滅の刃 漫画全話ネタバレ考察まとめ 鬼滅の刃全巻全話[…]

漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選


近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。

合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。

サービス名

FOD music.jp U-NEXT
月額料金(税抜き) 888円 1780円 1990円
無料期間 2週間 30日間 31日間
無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント
ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。

そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。

ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

最新情報をチェックしよう!