ソードアート・オンライン新章ユナイタル・リングの公開にファン歓喜

  • 2017年12月9日発売の電撃文庫マガジンVol.59にて、大人気シリーズ『SAO(ソードアート・オンライン)』の本編新章が『ユナイタル・リング』であることが発表された。
  • 電撃文庫マガジンには、新章『ユナイタル・リング』のプロローグが掲載されている。タイトルは数学用語からとってきたとのこと。
  • 新章公開にネット上ではファンを中心に歓喜の声が相次いでいる。

ソードアートオンラインの新章『ユナイタル・リング』が公開

2017年12月9日発売の『電撃文庫MAGAZINE Vol.59』にて、電撃文庫『ソードアート・オンライン』新章『ユナイタル・リング』がプロローグとともに発表された。

電撃文庫MAGAZINEに掲載されたのは、原作者の川原礫先生が書き下ろしの『ソードアート・オンライン』の新たな物語「ユナイタル・リング」のプロローグ。

《アンダーワールド》帰還より1カ月半後のキリトを描かれており、早くもアスナとアリスが火花を散らしている……!?

新章のラノベは2018年より電撃文庫で発売予定とされている。

原作者の川原礫さんもコメント

ソードアートオンライン原作者の川原礫さんもツイッターで以下のようにコメントしている。

ユナイタル・リングというタイトルは数学用語で意味は関係なし

またユナイタル・リングというタイトルは、オーディナル・スケールに引き続き数学用語からとってきた者とのこと。

タイトルの意味と内容はまったくリンクしていないという。

今回の舞台は全員ゼロから手探りでWikiも攻略本もない状態で進行するとのこと。

ユナイタル・リングの公開にファンからは歓喜の声

「SAO ユナイタル・リング プロローグ読みました 冒頭部分の会話もそ気になるし、最後の続きも気になるんですが… 何より… 猫耳アリスが!!!!!! これはabec神の挿絵で猫耳アリスが!!!!! うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

アリシゼーション編に続く、待望の新作『ユナイタル・リング』編。

今から楽しみですね!







2 件のコメント

  • 私的には須郷をとりあえずまた出してほしいです。もちろん完全なやられ役で。(アリシ編で釈放期間も出てたし消すなら今でしょw)
    キリトへの復讐に再びアスナがピンチに。ただし今回は現実キリト、星王キリトのダブルキリトであのゴミのシステム権限を打ち破り、今度こそ明日奈に指一本触れさせずに己の力で…なんて。
    川原先生のストーリーは文句のつけようがないのでこれはあくまで妄想なのですが笑
    とかくフェアリィ・ダンス編で生まれた一つのトゲ、多くのファンの方々には今もなお刺さっているであろうこのトゲをなんとか…。

  • コメントを残す