鬼滅の刃18巻155話のネタバレ考察と感想!猗窩座の人間時代が判明

鬼滅の刃18巻155話「役立たずの狛犬」のネタバレと感想・考察を紹介します。

前話154話で悲惨な少年時代が描かれた猗窩座。

しかし師範や恋雪と出会うことで、初めて人の温かさに触れます。

鬼滅の刃155話「役立たずの狛犬」の内容を見ていきましょう。

鬼滅の刃18巻155話のネタバレ

恋雪の看病

恋雪は本当に体が弱く、身の回りのことは何一つできなかった。

それを狛治は、ほとんど付きっきりで世話をしていた。

しかし、父親の看病で慣れていたこともあって、狛治はそれを全く苦とは感じていなかった。

だが、そんな狛治を恋雪は気遣い、今夜は花火が上がるから行ってきてはと勧める。

それに狛治は、調子が良ければ背負って行きましょう、今日が駄目でもまた来年、と返す。

それを聞いた恋雪は、思わず泣き出してしまう。

看病は苦ではないが、唯一参るのが、これだった。

会話の最中でやたら泣き出してしまう恋雪に、狛治は居心地が悪くなってしまうのだ。

道場での生活

稽古の合間での何気ない会話。

師範は狛治の名前の”ハク”の字を知り納得をする。

師範は狛治のことを、狛犬の狛だから、お前も俺と同じ様に守るものがないとだめなんだなと、語るのだった。

そもそも侍でもない師範が、この立派な道場を持っているのには、ある理由があった。

以前、師範が山賊に襲われている老人を助けた際、素流の技に感銘を受けたその老人が、土地と道場を譲ってくれたのだ。

しかし、その道場を狙っていたものからすると面白くなかったようで、度々、隣接した剣術道場から嫌がらせを受けていた。

そのせいで門下生は一向に増えなかったが、この道場での生活は狛治にとって、心の救いになっていた。

終わる日々

それから三年の月日がたった。

狛治は十八、恋雪は十六になっていた。

狛治の看病の甲斐もあってか、恋雪は臥せることも殆どなくなり、普通に暮らせるようになっていた。

そんなある日、狛治を師範が呼び出し、この道場を継いでくれないかと持ちかける。

恋雪も好きだと言っているし、と付け加える師範。

狛治は思ってもみなかったことに動転しつつも、深々と頭を下げそれを受ける。

こんな罪人の自分でも、これから先、父の言っていたような、真っ当な生き方ができるのかもしれないと、期待に胸をふくらませる狛治。

だがそんな日々も、突如終わりを告げる。

狛治が祝言をあげることを報告するため、父の墓参りに行ったときのことだった。

道場へ戻ると、そこには奉行所の役人と医者の姿が。

嫌な予感に吐き気を覚える狛治。

その予感は的中していた。

日頃、嫌がらせをしてきた隣の道場の連中が、直接やりあっても敵わないからと、井戸に毒を入れ、師範と恋雪を殺したのだ。

悲しみに暮れる狛治は、恋雪と一緒に花火を見に行った時のことを思い出す。

本当に自分なんかで良いのかと問う狛治に対して、子供の頃、花火を見に行く話をしたのを覚えているかと返す恋雪。

病弱な自分の未来なんて誰も想像できなかった、狛治だけが当たり前のように、未来の事を話してくれた。

それが嬉しかったのだと恋雪は告げる。

それに狛治は、誰より強くなって一生あなたを守ると答えるのだった。

結局口先だけで、約束を守れなかった事を悔やむ狛治。

その後の狛治はまさに修羅だった。

剣術道場へ殴り込み、そこにいた六十七名を、素手で撲殺したのだ。

その惨状はまさに地獄絵図で、生き残った女中が正気を失うほどだった。

復讐を果たした狛治が、呆然と夜の街を歩いていると、そこへ無惨が現れる。

鬼を置いた覚えのない場所で、鬼が出たとの騒ぎがするからやってきたら、ただの人間だったと笑う無惨。

そして、おもむろに近づいたかと思うと、突如、狛治の頭を拳で貫き、血を注ぎ始める。

とっさに躱せずくらってしまった狛治だったが、最早、抵抗する気など失せ、全てどうでもいいとつぶやく。

こうして鬼となってしまった猗窩座。

過去を思い出した猗窩座は、守りたかったものはもう残っていないのに強さを求め、無意味な殺戮を繰り返し、惨めで、滑稽で、つまらない話だと振り返るのだった。

 

鬼滅の刃18巻155話の扉絵とタイトル考察

今回の扉絵はありません。

病気で苦しんでる狛治の父親が描かれたコマから始まります。

エピソードタイトルは「役立たずの狛犬」ということで、この狛犬とは狛治のことでしょう。

自らを狛犬に重ねた狛治が、大切なものを守れなかった事を悔やみ、役立たずと蔑んでいるのでしょうね。

 

鬼滅の刃18巻155話の名台詞

今回印象に残った台詞は師範の「お前もやっぱり俺と同じだな、なにか守るものが無いと駄目なんだよ」です。

師範が言う通り、恋雪という守るものができてからの狛治は、自身も心が救われたと言っているように、これまでとは見違えるようでした。

しかし恋雪を殺され、守るものを失ってしまった狛治は、無惨により鬼となってしまいます。

まさに、”なにか守るものが無いと駄目”ということだったのでしょう。

 

鬼滅の刃18巻155話の感想・考察まとめ

師範や恋雪との日々の中で、狛治が救われていく前半は、読んでいて心温まるものでした。

それだけに、そこから急転する後半は辛いものがあります。

今まで、憎き敵役としか思っていなか無かった猗窩座も、こうやって過去をしっかり描かれると、どうしても気持ちが入ってしまいますね。

もう猗窩座には、これ以上苦しんでほしくないと願ってしまいますが、物語は再び炭治郎たちとの戦いへ戻っていくのでしょうか。

156話の展開に注目しましょう。

⇒鬼滅の刃156話

鬼滅の刃の全話ネタバレ考察はこちら


関連記事

鬼滅の刃の漫画1話から最終回(205話)までの全話のネタバレ考察をまとめました。 コミックス全巻の収録話ごとにタイトル一覧でまとめていますので参考にしてみてください。 鬼滅の刃 漫画全話ネタバレ考察まとめ 鬼滅の刃全巻全話[…]

漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選


近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。

合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。

サービス名

FOD music.jp U-NEXT
月額料金(税抜き) 888円 1780円 1990円
無料期間 2週間 30日間 31日間
無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント
ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。

そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。

ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

 

 ※登録直後に貰える600ptで漫画1冊無料

最新情報をチェックしよう!