鬼滅の刃205話(最終回)のネタバレ考察と感想!幾星霜を煌めく命の意味

鬼滅の刃205話(最終回)「幾星霜を煌めく命」のネタバレと感想・考察を紹介します。

 

前話204話では、無惨を倒し、平和になった大正の世での炭治郎達の暮らしが描かれていました。

一度失われた炭治郎の片手と片目は、形こそ残ったものの、機能することはありませんでした。

鬼になってみんなを傷つけたことを悔いる炭治郎を、「次、謝ったらおでこはじくからね」と禰豆子が叱ります。

 

愈史郎は炭治郎の顔を一度見に来た後に姿をくらまします。

最後の柱合会議を終え、鬼殺隊も解散しました。

 

療養を終えた炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助は、鬼殺隊の墓参りをした後、炭治郎の生家に帰り、楽しく生活をはじめました。

炭治郎の家からは、夜遅くまで笑い声が響きます。

 

いよいよ、今回が最終話です。

鬼滅の刃205話「幾星霜を煌めく命」の内容を見ていきましょう。

鬼滅の刃205話(最終回)のネタバレ

時代は現代へ

時は流れ、舞台は現代へと移る。

二段ベッドですやすやと眠る、炭治郎に似た少年を、カナヲに瓜二つの少年が起こしている。

「いい加減起きなよ、学校遅刻するよ。俺28回同じこと言ってるんだけど。起きなよ炭彦。」

カナヲに瓜二つの少年は、竈門カナタといい、炭治郎とカナヲの子孫のようだ。

炭彦と呼ばれた、炭治郎にそっくりの少年は、カナタの弟のようだ。

「起きてるようーーー。」

その姿はどう見ても寝ている。

善逸と禰豆子の子孫

舞台は変わり、善逸にそっくりの黒髪の少年が、物置で何かを読んでいる。

彼が手にする古びた書物の表紙には「善逸伝」と書かれている。

本の内容に感激し、涙を流す善逸似の少年。

その背中を、禰豆子に瓜二つの少女が、蹴り飛ばす。

二人は、善逸と禰豆子の子孫だった。

名前は我妻善照と、我妻橙子。

また勉強もしないでひいお爺ちゃんの嘘小説を読んでる、と善照を責める橙子。

きつく責められながらも、「姉ちゃんは輪廻転生って信じるかよ。」と問いかける善逸。

「俺は信じるよ。絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ。平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは。」

真剣に語る善照だったが、橙子は話を聞いていなかった。

それぞれの子孫

橙子は、携帯のニュースで、宇髄天満という選手が金メダルを取った、と目を輝かせる。

どうやら天満は、宇髄の子孫のようだ。

 

一方善照は、とても美しい植物学者が、ミスで貴重な青い彼岸花を枯らしてしまった、というニュースに注目する。

美しい植物学者は、嘴平青葉と言い、伊之助にそっくりの顔をしている。

転生した人々

登校中の善照と橙子は、双子をベビーカーにのせた女性とすれ違う。

その双子の顔は、時透無一郎、有一郎にそっくりだ。

 

次に、鶺鴒女学院の美しい生徒とすれ違った善逸は、いい匂いがすると言って鼻の下を伸ばす。

その生徒は、胡蝶 カナヲ、しのぶにそっくりの顔立ちをしている。

 

登校中、カナタと合流した橙子は、嬉しそうに駆け寄る。どうやらカナタと橙子は、付き合っているようだ。

一人、カナタと橙子の後ろを歩く善照は、通りがかった幼稚園の前で、異様に体の大きい男の先生をみつけ、驚く。

その先生は、悲鳴嶼行冥にそっくりだった。

 

橙子はカナタに、今日、帰りに近所で有名なメガ盛りの食堂に行こう、と誘う。

しかし、カナタは乗り気じゃない様子。

以前、善照とその食堂に行った際、善照が奥さんの胸ばかりを見て、主人に包丁を投げつけられてしまった、と暴露するカナタ。

その食堂は、伊黒小芭内と甘露寺蜜璃にそっくりの男女が切り盛りしているようだ。

目が覚める炭彦

何度起こされても起きなかった炭彦が、ようやく目覚める。

「わあ、遅刻だあ。」「どうして誰も起こしてくれなかったんだろう〜。」

遅刻と言うわりにはのんびり着替えると、炭彦は窓から飛び降りる。

そのまま、パルクールで登校を始める炭彦。

 

炭彦が駆け抜けていく街中には、いくつもの見慣れた顔がある。

将棋を打つ鱗滝左近次と桑島慈悟郎。

日本最高齢としてインタビューを受ける産屋敷輝利哉。

小学生として登校している冨岡義勇、錆兎、真菰。

迷惑登校をしているとして、炭彦を追う警察官は、不死川実弥、玄弥にそっくりだった。

愈史郎のその後

隠しの後藤にそっくりの男子学生が、携帯で、珠世に似た女性の画像を見ている。

その画像を後ろから覗き込んだ善照が、「絵ですよね、知ってますよ」と声をかける。

まるで写真のようなその女性の絵は、山本愈史郎という画家が描いたものだと言う。

愈史郎は今も一人生き、珠世の絵を描き続けていた。

炭彦と桃寿郎

校門までラストスパートをかける炭彦に、後ろからかけてきた男子学生が並んだ。

その学生は、煉獄杏寿郎に瓜二つである。
親しげに話す二人。

パトカーの静止を振り切り、二人は閉まりかけの校門を軽々と乗り越えた。

 

場面は変わり、公園にてベンチに座りこんでいる嘴平青葉。

世間の批判を受け、かなり落ち込んでいる様子だ。

山にこもり一人で暮らしたいと、涙ぐむ青葉。

 

再び場面は変わり、炭彦の自宅。
家にいる炭彦の母親が、警察からかかってきた電話の対応をしている。

「えっ息子がですか!?ご迷惑おかけしまして…!!」

竈門家のリビングには、今はもう使われることのない炭治郎の刀と、生き残った鬼殺隊の集合写真が飾られていた。

鬼滅の刃205話(最終回)の扉絵とタイトル考察

205話の扉絵は見開きです。

登校する炭彦、カナタ、善照、橙子。

その姿を背後から見つめる、青葉が描かれています。

それにしても、全員そっくりすぎますね…。

全員子孫だと思われますが、DNAが色濃く受け継がれているようです。

 

205話のエピソードタイトルは「幾星霜を煌めく命」となっています。

幾星霜とは、「多く苦労や努力を重ねた結果としての長い年月」という意味だそうです。

炭治郎達の苦労や、散って行った命のおかげで、新しく生を受けた竈門カナタ達が過ごす現代の平和があるんですね。

鬼滅の刃205話(最終回)の名台詞

205話に出てくる台詞の中で一番印象に残ったのは、善照の「俺は信じるよ。絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ。平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは。」です。

この言葉に、最終回の全てが集約されているなと思います。

鬼滅の刃では、時に、読者も胸を締め付けられるような展開がたくさんありました。

その思いもこの台詞によって、少し報われた気がします。

鬼滅の刃205話(最終回)の感想・考察まとめ

2016年から連載を始めた鬼滅の刃。

人気絶頂の中、2020年24号を持って、最終回を迎えました。

正直、残念な気持ちもありますが、現代まで命をつなぎ、幸せに暮らしている面々を見て、嬉しく思いました。

鬼滅の刃本編は終わってしまいましたが、すでに映画や小説、スピンオフ漫画が発表されることが決まっています。

まだまだ鬼滅の刃の人気は衰えることがなさそうです。

鬼滅の刃の全話ネタバレ考察はこちら


関連記事

鬼滅の刃の漫画1話から最終回(205話)までの全話のネタバレ考察をまとめました。 コミックス全巻の収録話ごとにタイトル一覧でまとめていますので参考にしてみてください。 鬼滅の刃 漫画全話ネタバレ考察まとめ 鬼滅の刃全巻全話[…]

漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選


近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。

合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。

サービス名

FOD music.jp U-NEXT
月額料金(税抜き) 888円 1780円 1990円
無料期間 2週間 30日間 31日間
無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント
ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。

そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。

ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

 

 ※登録直後に貰える600ptで漫画1冊無料

最新情報をチェックしよう!