鬼滅の刃12巻98話のネタバレ考察!上弦の鬼が集結

鬼滅の刃12巻98話「上弦集結」のネタバレと感想・考察を紹介します。

前話97話では上弦の陸戦が完全に終結し、兄妹は二人で地獄へと向かいました。

蛇柱の伊黒も駆け付け、炭治郎達もようやく勝利の喜びを分かち合いました。

上弦を倒したことは産屋敷にも伝わり、彼らもこの勝利を喜んでいます。

一方無限城では、猗窩座が突然飛ばされ困惑している様子です。

鬼滅の刃98話「上弦集結」の内容を見ていきましょう。

 ▼人気漫画やアニメが見放題▼

鬼滅の刃12巻98話のネタバレ

集められる上弦の鬼たち

べん、と琵琶を奏で猗窩座を無限城へと連れる琵琶鬼。

猗窩座は琵琶鬼をにらみつけるが、横に壺が現れたのに気が付き目を向ける。

上弦の伍の玉壺は、壺の中からぬるりと現れ猗窩座に挨拶をする。

九十年ぶりだが元気そうで何よりだ、と言う玉壺だが、猗窩座がやられたのではと心配したと嬉しそうに語っていて心が読めない。

その玉壺に恐ろしい、と階段の上から声をかけるのは、上弦の肆の半天狗。

半天狗は額に大きい瘤があり、怯えながら呼ばれたのは百十三年ぶりだ、と玉壺の言葉を訂正する。

猗窩座は二人のことを無視し、無惨様はどこかと琵琶女に尋ねる。

まだいないと答えられると、ならば上弦の壱はどこかと猗窩座は聞く。

すると猗窩座の背後に、音もなく優男風の笑顔の男が現れる。

その男は上弦の弐の童磨。

童磨は俺の心配をしてくれないのか、俺は皆を凄く心配したんだぜ、と猗窩座の肩に手を置きながら囁く。

童磨はその体制のまま玉壺にも話しかけると、猗窩座は腕をどかせと童磨に言う。

そして言うや否や童磨の返事も聞かず、猗窩座は童磨の顎を拳で吹き飛ばした。

童磨は一瞬で傷を治すと、いい拳だと笑顔で語る。

そんな童磨の様子に猗窩座は額に血管を浮かべる。

タイミングを計らったかのように、琵琶女は上弦の壱はすでにいる、と語る。

猗窩座が下を見ると、そこには既に上弦の壱の黒死牟が背を向けて座っていた。

そして静かに、無惨様がお見えだと呟いた。

静かに怒る無惨

無惨は、猗窩座の背後の天井に音もなく立っていた。

驚きの顔や、畏敬の顔など、各々反応する上弦の面々。

何か薬のようなものを配合しながら、上弦の陸・妓夫太郎が死んだことを告げる無惨。

妓夫太郎は俺が紹介した者でした、とニコニコ笑いながら謝る童磨。

自ら罰されることを望む童磨を無視し、無惨は無表情に語る。

妓夫太郎が負けた原因について語る無惨だが、暫くするともうどうでもいいと吐き捨てた。

人間の部分を多く残していた者から負けていく、私はお前たちに期待しない、と吐き捨てる無惨。

産屋敷一族も葬れない、青い彼岸花も見つけられない、何故なのかと額に血管を浮かべる無惨。

上弦の面々は、それぞれ面目ない、と頭を下げるのだった。

しかし玉壺は、私は違います!と無惨に懇願する。

無惨の望みに近づくための情報を手に入れたと語る玉壺。

次の瞬間、玉壺の頭は宙を舞っていた。

新たな命令を下す無惨

私が嫌いなものは”変化”だと語る無惨。

そしてあらゆる変化は”劣化”であり、好きなものは”不変”だと、玉壺の首を片手に語る。

無惨は113年ぶりに上弦を殺されたのに、確定していない情報を嬉々として語る玉壺に怒ったようだ。

上弦だという理由でお前たちを甘やかしすぎたと呆れる無惨。

そして、情報が確定したら半天狗と共に向かうように、玉壺に命令をする。

そう告げると、琵琶の音とともに襖が閉まり、無惨は姿を消した。

俺も一緒に行きたい、教えてくれと玉壺に笑顔で聞く童磨。

そのまま玉壺にお願いをしようとすると、後ろから猗窩座が童磨の顔の上面を吹き飛ばした。

無惨様はお前に何も命じていない、失せろと、冷たい瞳で猗窩座は語るのだった。

鬼滅の刃12巻98話の扉絵とタイトル考察

98話の扉絵は猗窩座を中心に妓夫太郎以外の上弦らしき面々が集結した絵となっています。

猗窩座に以前炭治郎達に見せた笑顔はなく、険しい顔つきです。

このことから上弦たちは仲間といえど決して心を許せるもの同士ではなさそうなことが分かります。

 

98話のエピソードタイトルは、「上弦集結」となっています。

妓夫太郎達は上弦の陸でしたから、他の上弦は彼ら以上に曲者で、鬼として強い事には間違いありません。

上弦の鬼が集まるのは百十三年ぶりと半天狗は言っていました。

彼らが集結するこの事態が、鬼側としてもめったにない異常事態であることが分かりますね。

鬼滅の刃12巻98話の名言は?

「無惨様がお前に何か命じたか?失せろ」

童磨の頭を拳で吹き飛ばしながら猗窩座が言い放ったセリフ。

仲間であるはずの童磨を平気で傷つける猗窩座は、やはり鬼であるということを思い知らされます。

そして無惨は上弦たちの中でも絶対の存在なのだということもよくわかるセリフですね。

 

鬼滅の刃12話98話の感想・考察まとめ

98話では、ついに無惨を中心に上弦の面々が一堂に会しました。

今回も下弦を集結した時と同様に無惨の自己中心的な言動がたくさん見られました。

中でも猗窩座と童磨の様子はとても険悪で、仲間であるのに一触即発な様子です。

また、無惨は玉壺と半天狗に何かを命じていたようでもあります。

これから上弦の鬼たちは、物語にどうかかわっていくのでしょうか。

99話の展開に期待しましょう。

鬼滅の刃99話

鬼滅の刃の全話ネタバレ考察はこちら


関連記事

鬼滅の刃の漫画1話から最終回(205話)までの全話のネタバレ考察をまとめました。 コミックス全巻の収録話ごとにタイトル一覧でまとめていますので参考にしてみてください。 鬼滅の刃 漫画全話ネタバレ考察まとめ 鬼滅の刃全巻全話[…]

漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選


近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。

合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。

サービス名

FOD music.jp U-NEXT
月額料金(税抜き) 888円 1780円 1990円
無料期間 2週間 30日間 31日間
無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント
ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。

そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。

ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

最新情報をチェックしよう!