【名探偵コナン】宮野明美は生きてる?灰原哀と親違う説や赤井秀一との関係

漫画作品『名探偵コナン』には主要な登場人物に深く関わりがあるにも関わらず、作中で死亡してしまったという人物が存在します。

今回はそんな中の一人である「宮野明美」について説明します。

宮野明美とは?

 

  • 名前:宮野明美(みやの あけみ)
  • 性別:女性
  • 年齢:25歳?(原作とアニメでは年齢が違う可能性がある)
  • 家族構成:宮野厚司(父/故人)、宮野エレーナ(母/故人)、宮野志保(妹)
  • CV:玉川沙己子

 

灰原哀の姉!宮野明美とはどんな人物?

宮野明美」は青山剛昌さん執筆の漫画作品「名探偵コナン」に登場した女性キャラクターです。

作中でも重要人物として扱われる女性「宮野志保(灰原哀/シェリー)」の姉であり、既に故人となってしまっています。

黒の組織の研究員であった父と母の影響で自らも黒の組織の構成員として活動していましたが、普段は至って普通の女性であることが描写されていました。

妹である志保は組織の重要人物としてのし上がっていたものの、明美に関してはそのような事実はありません。

ですが姉妹仲は非常に良好であり、志保の立場上の関係で監視付きでしか会えないものの、仲睦まじい様子が見られました。

赤井秀一との関係性

かつて黒の組織に潜入していたFBI捜査官「諸星大」こと「赤井秀一」と交際していた時期がありましたが、秀一が組織から脱走した際に破局しています。

彼の存在が後に明美を襲う悲劇の原因の一つとなります。

尚、秀一曰く明美は「平静を装って陰で泣いていたバカな女」と評価されています。

宮野明美の初登場

宮野明美はコミックス2巻File13からFile16までに展開された「奇妙な人捜し殺人事件」に登場し、その作中ラストにて死亡しています。

明美はコミックス初登場時は「広田雅美」という女子高生に扮して登場しました。

「毛利探偵事務所」に父の捜索を頼みに来た少女です。

その後、父とされた人物である「広田健三」が「毛利小五郎」によって発見され再会、以来行方不明となりました。

広田健三も同時期に殺害されているため、同じように真犯人に殺されていたのではないかと推測されていました。

ですが、真相はそうではなかったのです。

 

宮野明美は実は「奇妙な人捜し殺人事件」作中内で起きていた「10億円強盗事件」の首謀者でした。

彼女はとある目的を達成するために、黒の組織の幹部「ジン」に命じられ、銀行から10億円を強奪、そして組織と取引をせんとしていたのです。

ですが、取引は組織側の裏切りにより非成立、10億円を引き渡さなかった明美はジンによって腹部に発砲され、後に死亡します。

 

発砲されて事切れる直前、明美はおなじみ少年探偵「江戸川コナン」こと「工藤新一」と会話をします。

彼の高い推理力に感服した彼女は、自らが強奪した10億円のありかと、事件の裏に黒の組織があるということを自白します。

また、自分が黒の組織の末端構成員であることも白状しました。

その際、今際の時に

も、もう奴らに利用されるのは…ご、ごめんだから…頼んだわよ…小さな探偵さ…

と言い残して死亡します。

彼女の死によってコナンはより一層黒の組織打倒の意思を強く持ち、組織の謎に挑んでいくことになります。

彼女が事件を起こした理由

宮野明美の登場したコミックスは2巻とかなり序盤ですが、その存在は後に登場する重要人物に大きく関わってきます。

 

まず、宮野明美が10億円強盗事件を起こした理由は、彼女の妹である「宮野志保」こと「灰原哀」に関係しています。

志保は末端構成員である明美と違い、自らの天才的頭脳を活かし、組織の中枢に関わる幹部として所属していました。

明美はそんな志保を嫌厭することなく接し、仲睦まじかったことがわかっています。

そんなある日、明美は組織から「明美と志保の組織からの脱退」を条件に、一つの仕事を持ちかけられます。

それが「10億円強盗事件」でした。

本来ならば失敗すると思われていた仕事でしたが、明美は見事に仕事をやり遂げます。

ですが、組織は志保の頭脳を手放すのが惜しく、取引を放棄。

明美に「金の在処を教えれば命だけは助けてやる」と脅しをかけます。

明美はそれを拒否、その結末は上記の通り、腹部を撃たれて死亡しました。

コミックスでは明美が妹の話をしている際に志保のシルエットが登場しており、後の灰原哀登場の伏線を張っていたようです。

 

次に宮野明美は宮野志保、そしてFBI捜査官「赤井秀一」を結ぶ人物でもあります。

前述の通り、実は明美はかつて秀一と交際をしていたことがあるのです。

原因は秀一が明美の車に当たり屋を仕掛けたことではありますが、それをきっかけに二人は交際を開始、秀一は明美を足掛かりに志保に接触して、黒の組織内部に潜入します。

その後秀一は自らがFBI捜査官であることがバレたことで組織から脱走、明美は「FBI捜査官が組織に侵入する手引きを行った危険人物」としてマークされることになります。

結果、明美は組織にマークされますが、ある日仕事を持ちかけられます。

その仕事が「10億円強盗事件」です。

実はこの10億円強盗事件は、明美が任務の完遂を行えないことを想定されており、その任務失敗を理由として彼女を殺害するために仕組まれた事件だったのです。

実際は完遂してしまったため、何かと理由をつけて殺害されてしまいましたが、結局は組織の思うがままということになってしまいます。

ちなみに、明美と秀一は秀一が組織から抜けた際に破局を迎えていますが、明美自身は想いを捨てきれなかったようで、強盗事件実行前に秀一へ復縁してほしいとメールを送っていたことが明らかになっています。

アニメ版では…?

ちなみにアニメ版では制作の都合上当時「奇妙な人捜し殺人事件編」に登場していません

その理由として、アニメ版はそんなに長く続ける予定が無かったからであると言われています。

アニメ版はすぐに放送を終わらせる想定だったらしく、今の原作のように黒の組織を大々的に登場させる予定は無かったのだそうです。

組織の重要人物である哀の登場も予定に無く、その伏線として登場した明美も登場させると面倒なことになると考えられたために存在を消されます。

そのため、アニメ版に登場した「広田雅美」と「宮野明美」は同姓同名の別人であるということになります。

 

ですが、アニメは人気を博し長期放送が決定。

原作に沿わせるならば黒の組織の登場が必要不可欠となりました。

当然、黒の組織が登場するなら、哀の登場も当然必要です。

ですが哀に関する重要な伏線を張った「奇妙な人捜し殺人事件編」はアニメ版では大きく内容を改変しており、黒の組織が関わらない事件にしてしまっています。

そこで、アニメ制作側は急遽その存在を補完するアニメオリジナル話「黒の組織10億円強盗事件」を挿入したのです。

事件の首謀者として登場した明美は「広田雅美」という偽名を使用して銀行員に扮し登場、事件は紆余曲折あって原作「奇妙な人捜し殺人事件」と同じ結末を迎えます。

以上のアニメオリジナル回によって、アニメで失われたリンクが原作と繋がり、黒の組織とコナンという図式を作り上げ、無事に哀を登場させることに至りました。

宮野明美に関する考察

宮野明美は序盤で死亡した人物でありながら、人物相関図においては非常に重要なポジションに居座っているキャラクターとなっています。

以下はそんな宮野明美に関する考察の一部となっています。

宮野明美は降谷零とも深い関係がある?

宮野明美は安室透こと「降谷零」とも深い関係があるのではないかと言われています。

その理由は名探偵コナンコミックス版78巻にて展開され、テレビアニメ版701話から704話までに展開された「漆黒の特急」シリーズにて発言された零の言葉にあります。

 

作中で零は「宮野志保」を名乗る女性に対して「君の両親や姉には会ったことがある」と明言しているのです。

宮野志保の姉は公開されている限りでは一人しかおらず、それが「宮野明美」であることは想像に易いでしょう。

 

また、漫画版1011話にて零は幼少期に喧嘩で怪我をした際「宮野エレーナ」と「宮野厚司」が営む医院を訪れていたことが判明しています。

その怪我をした零を医院に連れて来たのが何を隠そう明美であり、怪我の治療をされた零に対して甲斐甲斐しく世話を焼いていた描写がなされています。

今のところはここまでしか描写されていないため、それ以上の関係はまだ読み取ることは出来ませんが、ファンの間ではまだ深い関係があるのではないかと考察されています。

更に、「機動戦士ガンダム」に登場する「アムロ・レイ」と「シャア・アズナブル」をモチーフとしたキャラクターたちと関わりを深く持つことから、宮野明美のポジションは「ララァ・スン」なのではないかとする人もいるようです。

確かに「アムロとシャアに大きな影響を及ぼす女性」「シャアとは恋人関係であった」「作中で悲劇的な死を遂げる」という意味では共通点も存在しますね。

降谷零が赤井秀一を嫌う理由は「宮野明美」関連?

これまでの描写から、降谷零と赤井秀一は両者宮野明美と関わりを持っていたことがわかっています。

また、描写は明確にされていないものの、零は明美に片思いをしていたことがあるのではないかとも考えられていたこともあります。

前述の通り、明美は秀一と交際をしていたため、それが本当ならば零は明美に完全な横恋慕をしていたということになりますが。

その後、秀一は明美を置いて組織を脱走、明美は秀一を侵入させたことを理由に組織から消されてしまいます。

以上の事から、零は結果的に秀一が明美を殺したのだと、秀一を一方的に毛嫌いしているのではないかと考察されていたことがあります

ですが、この考察に関しては後に零と共に黒の組織へと潜入していた「スコッチ」こと「諸伏景光」が関係していることがわかっており、明美の事ではないということが判明しています。

宮野志保と宮野明美は異母姉妹?

「宮野志保」こと「灰原哀」と宮野明美は顔つきやカラーリングに大きな相違が出ています。

その理由は、哀と明美が異母姉妹だからではないかと言われているからです。

根拠は単に容姿の相違のみであり、哀は母親似、明美が父親似のカラーリングであったからである可能性もありますが、今後明かされる設定によっては無きにしも非ずという感じでしょうか。

もし異母姉妹だった場合、それも物語に深く関わるワードになりそうですが、現状連載されている漫画上の描写では読み取ることが出来ません。

 

尚、「宮野エレーナ」は哀が生まれる前、明美が小学生になっている頃には母親として「宮野厚司」と共に医院を開業しており、もし異母姉妹だというならば厚司とエレーナの結婚は明美が小学生になる以前に行われているということになります。

また、明美は厚司の連れ子であるということになりますね。

まとめ

名探偵コナンに登場する人物「宮野明美」は

  • コミックス2巻File13からFile16までに展開された「奇妙な人捜し殺人事件編」に登場する事件の首謀者であり被害者
  • 黒の組織の末端構成員であり、黒の組織幹部の「シェリー」こと「灰原哀」の姉
  • アニメでの登場は灰原哀登場直前のアニメオリジナル回「黒の組織10億円強盗事件」
  • 序盤に死亡する人物でありながら、「灰原哀」「赤井秀一」「降谷零」に関わる重要人物

とのことです。

 

故人でありながら立ち位置が主要人物に食い込んでおり、今後隠された謎が判明されれば物語を大きく動かす可能性もある人物「宮野明美」。

今後彼女の扱いがどのようになっていくのか、注目が集まります。

漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選


近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。

合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。

サービス名

FOD music.jp U-NEXT
月額料金(税抜き) 888円 1780円 1990円
無料期間 2週間 30日間 31日間
無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント
ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。

そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。

ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

 

 ※登録直後に貰える600ptで漫画1冊無料

最新情報をチェックしよう!