鬼滅の刃7巻58話ネタバレ考察と感想!炭治郎VS下弦の壱

鬼滅の刃7巻58話「おはよう」のネタバレと感想・考察を紹介します。

夢の中にいたいと願いながらも現実へ戻り戦うことを炭治郎は選びます。

夢の中で自決することが夢から覚める方法だと気づいた炭治郎。

迷いながらも刀を頸に押し付けます。

果たして夢の中の傷が現実に干渉することなく無事夢から覚めることができるのでしょうか?

鬼滅の刃7巻58話「おはよう」の内容を見てみましょう。

鬼滅の刃7巻58話のネタバレ考察

覚醒

夢の中で自らの首を切った炭治郎は夢から覚めることに成功した。

心配そうに見つめる禰豆子に手を伸ばそうとした時、自身の手に焼き切れたロープが結び付けられていることに炭治郎は気付いた。

眠る前に車掌に切られた切符から微かに鬼の匂いがすることに気付き、自分が切符を切られたときに眠らされたのだと気づいた。

煉獄、善逸、伊之助の手に自分と同じように結ばれたロープを日輪刀で斬ってはいけない気がした炭治郎は、禰豆子に血鬼術で燃やすように言う。

もしもこのとき炭治郎が日輪刀で縄を斬っていたら夢の主でない者の意識は永遠に戻ることは無かった。

 

心の中の光る小人

必死に仲間を起こそうとする炭治郎を、煉獄たちの夢へと入っていた、夢から覚めた人間が襲う。

だが炭治郎の夢へと繋がっていた青年だけは、涙を流し加勢することは無かった。

青年は結核に苦しみそれから逃れるためには人を傷つけてもいいとさえ思っていたが炭治郎の心に触れて元の優しい青年へと戻っていた。

炭治郎の心は温かく、優しさの化身である光る小人が存在していた。

小人は青年が精神の核を探しているのを察して、手を引いて案内したがその光と温もりを前に青年は何もできず泣いた。

そして炭治郎が目覚め青年が覚醒する瞬間、光る小人の一人を掴んで離さなかったため炭治郎の心の一部が青年の心を照らしていた。

 

目覚めた炭治郎は魘夢の元へ

炭治郎は襲い掛かってくる人間の少女たちを手刀で眠らせて鬼のもとへと走った。

列車の外へ出ると重い鬼の匂いを感じた炭治郎は魘夢の姿を見つけた。

「家族が惨殺される夢ではなくいい夢を見せてやっていたのに起きてしまったのか」と言った魘夢に炭治郎は怒りの炎を燃やした。

 

鬼滅の刃58話の扉絵とタイトルの考察

58話の扉絵には首から血を流す炭治郎が描かれています。

夢の中で自決を決意し、日輪刀を構える炭治郎の表情は苦悶に歪んでいます。

 

58話のタイトルは「おはよう」です。

炭治郎の予想通り、夢の中で自決することで夢から覚めることができました。

 

鬼滅の刃58話の名台詞

「許せない鬼だ。人の心につけ込んだ」

夢から覚めた炭治郎を襲った人間たちにを見た炭治郎の台詞です。

望む夢を鬼に見せてもらうために炭治郎を殺そうとした人間たちですが、炭治郎はその心に付け込んだ鬼に対して怒りを覚えました。

その炭治郎の心の優しさが、一人の病の青年の心をも照らしました。

 

鬼滅の刃58話の感想・考察まとめ

夢から覚めることに成功した炭治郎は鬼のもとに走ります。

夢の中で自決した傷が現実の炭治郎に干渉することはありませんでした。

いくら夢の中とはいえ自らの首を死ぬまで切り付けるということの精神力は並大抵のことではありません。

炭治郎以外の三人はまだ目覚めていませんし、鬼に夢を見せてもらいたい人間たちも炭治郎へと襲い掛かってきます。

乗客を禰豆子に任せ一人鬼のいる汽車の屋根へ向かった炭治郎ですが、人を襲うことのできない禰豆子に人間が襲い掛かってこないかが心配ですね。

鬼滅の刃59話

鬼滅の刃の最新刊やアニメを無料で見たいという方は、U-NEXTで安全かつ確実に視聴が可能となっています。

U-NEXTは、公式の動画&電子書籍配信サービスで鬼滅の刃のアニメも全話見放題で配信中!

鬼滅の刃のコミックスも、1巻から最新刊までが発売日に追加されており、登録時に貰える600Pで無料で読むことが可能となっています。

U-NEXTは31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金はかかりません。

なお、無料期間のキャンペーンは予告なく終了する可能性もあるため、最新の情報は公式サイトにてご確認下さい。

 ▼今なら31日間の無料体験▼

最新情報をチェックしよう!