鬼滅の刃2巻13話ネタバレ考察!鬼舞辻無惨の初登場回

鬼滅の刃2巻13話「お前が」のネタバレと考察・感想を掲載します。

12話で沼鬼を残り一体まで追い詰めた炭治郎。

鬼舞辻無惨について鬼に問いますが、鬼は言えないと言って震えます。

このまま炭治郎は鬼から何も聞きだすことができないのでしょうか?

禰豆子を人間に戻す手がかりを掴むことができるのか…

鬼滅の刃2巻13話「お前が」の内容を見てみましょう。

鬼滅の刃2巻13話のネタバレ

ごめん

自分のことを誰にも話してはいけない。

話したらすぐにわかる、いつも見ている。

男はそう言いながら鬼の頸を締め上げている。

沼鬼はそれを思い出しながらひたすらに言えないと繰り返し震え、後ずさった。

強い恐怖の匂いを感じる炭治郎。

鬼は言えないと繰り返しながら腕を再生し、炭治郎に襲い掛かった。

炭治郎の日輪刀は一瞬で、その鬼の頸をはねた。

また鬼から何も聞き出すことができなかった。

炭治郎は眠る禰豆子に駆け寄る。

傷を負った禰豆子は回復のための眠りへと再び落ちていた。

人間に戻す手がかりを掴むことのできなかった炭治郎は、心の中で何度も禰豆子に謝り、必ず人間に戻すと約束するのだった。

 

鬼は崩れて消え去った。

和巳は里子がもう戻らないことを理解した。

炭治郎に大丈夫かと聞かれるが、涙を流しながら婚約者を失って大丈夫だと思うかと問う。

そんな和巳に炭治郎は答える。

失っても、どんなに打ちのめされても、生きていくしかないのだと。

お前のような子供に何が分かると炭治郎の着物を掴む和巳。

炭治郎は優しく微笑んで和巳の手を握り、鬼から奪い返してきた簪を手渡す。

その中には里子の簪もあった。

 

一礼して立ち去る炭治郎。

その背中を見送りながら、和巳は気付く。

炭治郎も鬼に大切な物を奪われた、自分と同じだったのだと。

酷いことを言ったことをどうか許してくれ。

和巳がそう叫ぶと炭治郎は振り返り手を振った。

炭治郎の手は少年のそれと思えないほど、痛ましいほどに分厚く鍛え抜かれていた。

 

次の任務

沢山の人を殺し痛めつけ、苦しめた鬼舞辻を決して許さないと炭治郎は再び固く誓う。

その肩に鎹烏がとまり、次は浅草に鬼が潜んでいるとの情報があるので迎えと言った。

もう次に向かわなくてはいけないのかと驚く炭治郎に、鎹烏は容赦なく急いた。

 

翌々日、炭治郎は浅草へと到着した。

街は夜でも明るく建物も高い。

発展した都会に気圧された炭治郎は、まだ眠そうな禰豆子の手を引き走った。

 

うどん屋の屋台を見つけると山かけうどんを注文する。

こんなにもたくさんの人がいる場所へ来るのは初めてだった。

茶をすすった瞬間、炭治郎はある匂いに気付く。

立ち上がり禰豆子を置いたまま走り出す。

それは家族が殺された家に残されていた匂いと同じだった。

ひとごみをかき分けて匂いの主へと向かう。

洋装の男の肩を思い切り掴むと眉根を寄せたその男が振り返った。

 

家族を殺した仇を見つけた炭治郎。

日輪刀に手をかけるが、おとうさんという子どもの声に手を止めた。

男は、幼い少女を抱いていたのだ。

その少女を見て炭治郎は悟った。

家族を殺した仇の鬼、鬼舞辻は、人間のふりをしてい暮らしている。

 

極めて穏やかに何か用かと炭治郎に鬼舞辻は問う。

同じく洋装の女性がどうしたのかと声をかけてきた。

鬼舞辻に抱かれた少女はその女性をおかあさんと呼んだ。

少女も女性も人間だ。

鬼舞辻の正体を知らないのかと炭治郎は激しく動揺した。

 

知り合いなのかと聞く女性に、鬼舞辻は知らない子だ、人違いではないかという。

その右手が、道行く青年の頸筋に一瞬で傷をつけた。

傷をつけられた青年は鬼になり、共に歩いていた妻へと襲い掛かり噛みついてしまった。

 

鬼滅の刃13話の扉絵とタイトルの考察

13話の扉絵は人ごみの中で驚愕した表情を浮かべる炭治郎の姿が描かれています。

浅草で家族を殺した仇に遭遇してしまったシーンですね。

 

13話のタイトルは「お前が」です。

名前しか知らなかった自分の家族を殺し禰豆子を鬼に変えた仇の姿を、炭治郎はこの話で初めて知りました。

 

鬼滅の刃13話の名台詞

「失っても、失っても、生きていくしかないです。どんなに打ちのめされようとも」

婚約者を失った和巳に掛けた炭治郎の言葉です。

ある日突然大切な物を理不尽に奪われてしまっても、生きていくしかない。

悲しいけれど強い一言です。

炭治郎の覚悟と強さが現れたセリフだと感じます。

 

鬼滅の刃13話の感想・考察まとめ

浅草で炭治郎が遭遇した鬼舞辻は自身をお父さんと呼ぶ人間の子供を抱き、人間の妻も射ました。

その少女も妻も人間なので、本当に鬼舞辻の家族だとは考えにくいように思います。

鬼舞辻はなんらか能力によって人間のふりをして生活をしているようです。

ですが通行人を鬼に変えたことで、彼が間違いなく鬼舞辻であり、禰豆子たちを襲った仇であるということは証明されました。

憎い仇を前に炭治郎はどんな行動を選ぶのか、

また禰豆子を人間に戻す手がかりを聞き出すことができるのか。

次話の展開も必見ですね。

鬼滅の刃14話

鬼滅の刃の最新刊やアニメを無料で見たいという方は、U-NEXTで安全かつ確実に視聴が可能となっています。

U-NEXTは、公式の動画&電子書籍配信サービスで鬼滅の刃のアニメも全話見放題で配信中!

鬼滅の刃のコミックスも、1巻から最新刊までが発売日に追加されており、登録時に貰える600Pで無料で読むことが可能となっています。

U-NEXTは31日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金はかかりません。

なお、無料期間のキャンペーンは予告なく終了する可能性もあるため、最新の情報は公式サイトにてご確認下さい。

 ▼今なら31日間の無料体験▼

最新情報をチェックしよう!