村田諒太(ボクシング)がエンダムにTKO勝利して不可解な判定に決着

【内容をサクッと説明】

  • 2017年10月22日、両国国技館で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ(ボクシング戦)にて、村田諒太選手がアッサン・エンダム選手にTKO勝利した。
  • 村田諒太選手とアッサン・エンダム選手は同年5月にもタイトルマッチで対戦。アッサン・エンダム選手が判定勝ちするもジャッジ2名に資格停止処分が下されるなど、疑惑の判定だった。
  • ネット上では村田諒太選手の勝利に「リベンジ成功!」「よかった」など、喜びと祝福、安堵の声が寄せられている。

村田諒太(ボクシング選手)のプロフィール

出典:naver

名前:村田諒太
出身地:奈良県 奈良市
生年月日:1986年1月12日 (31歳)
所属ジム:帝拳ボクシングジム
職業:プロボクサー

村田諒太がエンダムにボクシング戦でTKO勝利

2017年10月22日、両国国技館で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ(ボクシング戦)にて、村田諒太選手がアッサン・エンダム選手にTKO勝利した。

ミドル級の世界王者誕生は、竹原慎二さん以来日本人2人目の快挙となる。

出典:https://twitter.com/

試合は両者ともに、序盤から接近戦での激しい打ち合いとなった。

決め手となったのは、6回に村田諒太選手が放った右ストレート。

このパンチがアッサン・エンダム選手の顔面を直撃し、7回にもダメージを残した形となった。

その後、8回開始直前にアッサン・エンダム選手がギブアップ。

村田諒太選手のTKO勝利となった。

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

勝利を告げられた瞬間、村田諒太選手はリング上で涙を流した。

出典:https://twitter.com/

だが、その直後に行なわれたインタビューでは「泣いてません!」と否定して観客の笑いを誘っていた。

前回の対戦で疑惑の判定

村田諒太選手とアッサン・エンダム選手は同年5月20日にもWBA世界ミドル級王座決定戦で対戦。

試合展開は村田諒太選手が優勢であるように見えたが、アッサン・エンダム選手が判定で勝利した。

村田諒太、ボクシング世界初挑戦の試合で判定負けに疑問の声多数

2017.05.20

この判定には各方面から誤りであるとの指摘が相次ぎ、WBAのメンドサ会長からも「再戦すべき」との見解を表明。

疑惑の判定を下したジャッジ2名には、6ヶ月の資格停止処分が下されていた。

ネット上の反応

ネット上では前回の疑惑の判定を知ったうえで観戦していた視聴者が多く、

「リベンジできて良かった」
「前回悔しかった、本当に嬉しい」
「かっこよかった」

など、祝福や喜びの言葉と同時に「よかった」という安堵の声も寄せられている。

前回の疑惑の判定を引きずることなく、見事リベンジを果たした村田諒太選手。

今度はチャンピオンとしての防衛戦に期待ですね!







コメントを残す