福岡県の常人逮捕は暴力団事務所で起きた襲撃事件だったことが判明

【内容をサクッと説明】

  • 2017年10月19日、福岡県大牟田市で拳銃を持った男が常人逮捕されたという事件が報じられ、ネット上で話題になっている。
  • 当初は事件の詳細が明らかになっていなかったため、ネット上では無害な一般市民が拳銃を所持した犯人を逮捕したと認識する人が多かった。
  • しかし事件の詳細が明らかになり、常人逮捕を行なったのは暴力団の組員であったことや事件現場が暴力団事務所であったことが判明した。

福岡県で拳銃所持者を常人逮捕

2017年10月19日、福岡県大牟田市で拳銃を持った男が常人逮捕されたという事件が報じられ、ネット上で話題になっている。

福岡県警大牟田署によると、19日午後、福岡県大牟田市内で、拳銃1丁を持っていた自称愛知県豊橋市、職業不詳の男(63)が、銃刀法違反容疑の現行犯で常人逮捕された。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

常人逮捕とは、警察職員以外の一般人でも、現行犯であれば犯人を逮捕することができるという法律。

この記事では逮捕された男が拳銃を持っていた理由や、常人逮捕を行なった人物が明らかにされておらず、ネット上には驚きの声が集まった。

ネット上の反応

ネット上では常人逮捕の第一報を聞いた人々から、

「どういうことだ」
「福岡すごい」
「さすが修羅の国」

など暴力団関連の事件が度々ニュースになる福岡県を修羅の国と称して驚くコメントが相次いだ。

暴力団事務所の襲撃事件と判明

だが、同日19時30分を過ぎたころ、常人逮捕を行なった人物が指定暴力団浪川会系組員であったことが判明。

拳銃を所持していた男性が浪川会本部事務所を訪れて、拳銃2発を発砲したところを組員が取り押さえたようだ。

その後、組員が警察に通報し、容疑者の身柄を引き渡したため常人逮捕となった。

逮捕された榎芳秋容疑者(63)は「懲役で同じだったものがいるから会わせて」と組員に声をかけて事務所内に入り込み、室内で発砲したという。

  • 襲撃された浪川会本部事務所の建物

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

19日午後2時10分ごろ、指定暴力団浪川会(福岡県大牟田市)系組員から「事務所が撃ち込まれたようだが110番が入ってませんか」と県警大牟田署に通報があった。署によると、男が事務所内で拳銃2発を発砲し、組員(36)が右足指にけがをした。組員が男を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕(常人逮捕)し、駆けつけた署員に引き渡した。

出典:yahooニュース

てっきり暴力とは無縁な一般市民が常人逮捕したのかと思っていました。

暴力団の組員であっても常人逮捕になるなんて驚きですね!







コメントを残す