花より男子の再ドラマ化で主演は広瀬すずとの報道に批判殺到して炎上

【内容をサクッと説明】

  • 2017年10月19日、人気マンガ『花より男子』の実写再ドラマ化を批判する声がネット上で高まり、炎上している。
  • 日刊サイゾーによると、再ドラマ化は来年の4月。主演は広瀬すずさんと報じられている。
  • ネット上では過去のドラマに思い入れが強い人が多く、再ドラマ化の報道に批判が殺到した。

広瀬すずのプロフィール

出典:http://news.livedoor.com/

名前:広瀬すず
出身地:静岡県 静岡市
生年月日:1998年6月19日 (19歳)
所属事務所:フォスタープラス
職業:ファッションモデル、女優

花より男子の再ドラマ化

2017年10月19日、人気マンガ『花より男子』の実写再ドラマ化を批判する声がネット上で高まり、炎上している。

きっかけとなったのは、同月18日に日刊サイゾーが報じたニュース。

記事によると、『花より男子』は来年4月にTBSで再ドラマ化され、主演は広瀬すずさんが務めるという。

出典:http://ferume-ru.com/

いよいよ、あの『花より男子』の再ドラマ化が決まりました。来年4月クールで、主演は広瀬すずさんです。ただ、まだその広瀬さん以外は白紙の状態で、スタッフはキャスティングで頭を抱えているそうです」(TBS関係者)

出典:livedoorニュース

過去にもドラマ化された名作マンガ

『花より男子』は集英社のマンガ雑誌『マーガレット』で、1992年から2004年にかけて連載されていた恋愛マンガ。

出典:http://jin115.com/

ストーリーは、裕福な生徒が多く通う英徳学園に入学した平凡な主人公・つくしと、大金持ちの男子4人のグループ「F4」の恋模様をいじめとの戦いを交えながら描いていく。

裕福な生徒の多い学園に入学した貧乏少女「つくし」の奮闘の物語で、大金持ちの男子グループ「F4」を含む正反対な人達が生み出す差別によるいじめや対決、ギャグコメディも入った恋愛ストーリー。

そんな中、道明寺(F4のリーダー)はつくしのことを好きになってしまい、それからは彼女一途でそればかり…… いじめられ騙され続けたつくしの人生が、このF4によって変わり始めた。次第に2人の思いは通じ合っていくが、様々な事情(司の母、楓が中心)が彼らの恋路を阻むようになる。

出典:wikipedia

2005年にもドラマ化されており、

主人公
牧野つくし – 井上真央

F4
道明寺司 – 松本潤
花沢類 – 小栗旬
西門総二郎 – 松田翔太
美作あきら – 阿部力

というキャストで地上波放送された。

出典:http://anicakee.blogspot.jp/

ネット上の反応

ネット上では、過去に放送された井上真央さん主演の『花より男子』に強い思い入れを抱いている人が多い。

このことから再ドラマ化には批判が殺到し、

「見ません!」
「許さない」
「広瀬すずとかふざけんな」

などのコメントが相次ぎ、炎上している。

過去に放送されたドラマが平均20%近くの視聴率を獲得しただけあって、テレビ局としては何としても再ドラマ化したいようですが…。

これだけ批判の声が集まったとなると、断念せざるを得ないかもしれませんね。







コメントを残す