ZOZOTOWNの送料自由は喜べない?ネット上で広がる不安と困惑の声

【内容をサクッと説明】

  • 2017年10月1日、大手ファッション通販サイトのZOZOTOWNが、送料自由という新たな物流システムを導入した。
  • 送料自由システムとは、購入者が送料の価格を自由に決定して支払うことができるというシステムで「0円」を選ぶこともできる。
  • ネット上では「実質0円」「配送業者への支払いはどうなってるの?」など、喜びよりも不安や困惑のコメントが多い。

ZOZOTOWNが送料自由を実施

2017年10月1日、大手ファッション通販サイトのZOZOTOWNが、送料自由という新たな物流システムを導入した。

出典:http://zozo.jp/

送料自由システム

送料自由システムとは、購入者が送料の価格を自由に決定して支払うことができるというシステムだ。

送料は「0円〜3000円」の間で設定することができる。

初期設定では50円に設定されているが、0円にすることも可能だ。

出典:https://twitter.com/

なお、ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏は、送料自由システムについて

「運ぶ人と受け取る人との間に、気持ちの交換が生まれれば素敵だなと思います」

とコメントしている。

ネット上の反応

ネット上ではZOZOTOWNの新たな試みに困惑する声が多い。

「実質0円」
「宣伝効果を狙ったシステム」
「宅配業者への代金は支払われるのか?」

といった指摘や疑問だけでなく、

「商品の代金に送料が含まれているのでは?」

と送料自由のシステムを不安視する声もある。

実質0円と指摘する声

話題性を重視した宣伝

宅配業者を心配する声

送料が商品代金に包括と指摘

斬新なシステムですが「タダより高いものはない」という言葉を踏まえて、警戒心を抱いている人が多いようですね。







コメントを残す