小池百合子が結成した希望の党の名前が宗教団体っぽいと不評の嵐

【内容をサクッと説明】

  • 2017年9月25日、東京都知事の小池百合子知事が臨時会見を開き、新たな政党を立ち上げたことを発表した。
  • 新政党の名前は『希望の党』。小池百合子知事自らが代表を務める。
  • ネット上では『希望の党』という党名に「宗教団体みたい」「薄っぺらい」など、辛らつな意見が相次ぎ、不評の嵐が吹き荒れている。

小池百合子のプロフィール

出典:http://wonderbridge.net/

名前:小池百合子
出身地:兵庫県 芦屋市
生年月日:1952年7月15日 (65歳)
所属政党:希望の党
職業:東京都知事

小池百合子が希望の党を結成

2017年9月25日、東京都知事の小池百合子知事が臨時会見を開き、新たな政党を立ち上げたことを発表した。

新政党の名前は『希望の党』。

党代表は小池百合子知事自らが務める。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

希望の党の方針と政策

党名は昨年開講した小池百合子知事の政治塾『希望の塾』から引用した。

臨時会見では「本当の意味でしがらみのない改革勢力が必要」と語り、「改革保守を目指す人で新しい勢力」を目指すという。

希望の党のおもな政策は以下の画像で確認することができる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

ネット上の反応

ネット上では『希望の党』という党名に対して、

「宗教団体にしか見えない名前」
「ダサい」
「薄っぺらい」
「いかにもなくなりそう」

など、辛らつな不評コメントの嵐が吹き荒れている。

希望という言葉自体はいい言葉ですが、団体名にするといいイメージを持たれないようですね…。







コメントを残す