シャオミー(中国スマホ企業)の「日本語専攻出て行け」発言に不買の声

【内容をサクッと説明】

  • 2017年9月25日、中国のスマートフォン大手企業『シャオミー』が日本に対する差別的な発言を行なったとして、国内外から批判の声が出ている。
  • シャオミーの社員は大学の採用説明会にて「あなたが日本語専攻の学生なら出て行ってください。あるいは映画事業(アダルトビデオ産業)で仕事させてやってもいい」と発言。
  • 後日、謝罪文を発表したが日本への謝罪の言葉はなく、ネット上では不買の意思を表明するコメントが相次いだ。

シャオミーが差別的な発言

2017年9月25日、中国のスマートフォン大手企業『シャオミー』が日本に対する差別的な発言を行なったとして、国内外から批判の声が出ている。

9月にあった小米の新型スマホの発表会。スクリーンに映し出されている右側の人物が雷軍CEO

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

出典:http://globalization.jp/

「日本語専攻は出ていけ」と発言

差別的発言を行なったのは、シャオミーのイノベーション部門責任者である秦濤氏。

大学の採用説明会にて

「あなたが日本語専攻の学生なら、出て行ってください。あるいは映画事業で仕事させてやってもいい」

と発言し、日本語専攻の学生は出て行くよう促したという。

なお、ここで取り上げられた映画事業はアダルトビデオ産業を隠喩しているようだ。

鄭州大学であった採用説明会で、小米のイノベーション部門責任者とされる秦濤氏が、日本語専攻の学生に会場から出て行くよう要求したという。秦氏がこの時、「仕事させてやってもいい」と言った「映画事業」とは、中国人の若者の間ではアダルトビデオ産業の意味ととらえるのが普通だ。

出典:yahooニュース

この発言を聞いた200人以上の学生たちは笑っていたという。

だが日本語専攻の学生たちから「就職差別」などの抗議が相次ぎ、発言を行なった秦濤氏は説明会の翌日、謝罪文を発表した。

なお、この文書の中に日本に対する謝罪の言葉はなかった。

ネット上の反応

シャオミーは中国の企業だが国外にもスマートフォンを輸出しており、世界的にも知られる企業だ。

日本も例外ではなくIT関係者には馴染みのある企業であることから

「最低だな」
「購入視野に入れてたけど買いません」
「日本の企業は取引しないで」
「オワコン」

など不買の意思を表明したコメントが相次いだ。

大手企業の認識がこれなら中小企業の意識はどうなっているんでしょうか…。

想像するだけで眉間にシワができてしまいますね。







コメントを残す