たつき監督降板騒動のネタツイートで無関係な竹書房が二次被害

【内容をサクッと説明】

  • 2017年9月25日、アニメ『けものフレンズ』のたつき監督が降板すると発表され、炎上状態が続いている。
  • 降板の原因はカドカワだが、無関係な竹書房を批判するネタツイートが次々と投稿され、二次被害を被っている。
  • あまりにもネタツイートの数が多く、本当に竹書房へクレームの電話をする人があらわれかねないため、ネット上では注意を促すコメントも投稿された。

たつき監督降板騒動で竹書房が二次被害

2017年9月25日、アニメ『けものフレンズ』のたつき監督が降板すると発表され、炎上状態が続いている。

たつき監督がけものフレンズのアニメから降板してカドカワが炎上

2017.09.26

降板を指示したとされているのは、けものフレンズのアニメ制作に携わっているカドカワ。

だがネット上には、まったく無関係な竹書房に対する批判ツイートが次々と投稿された。

実はこれらはネタツイートと呼ばれる投稿である。

もちろんネタツイートは遊びで投稿されるコメントであるため、実際に竹書房を批判しているわけではない。

だが事情や元ネタを知らない人は、ネタかどうかの判断をつけられない。

「竹書房にクレームの電話をした」というこちらのツイートはRT数が数万件に伸びており、一時はツイッターのキーワード検索のトップに表示されていた。

繰り返すが、けものフレンズの降板騒動と竹書房は無関係である。

だが、これらのツイートによって、竹書房がたつき監督降板騒動の原因であると勘違いした人も多いようだ。

竹書房がネタにされる理由

竹書房がネタツイートにされる理由は、同出版社から発売されているマンガ『ポプテピピック』が原因と見られる。

『ポプテピピック』には主人公のポプ子が竹書房の批判を度々行なうネタがある。

出典:http://satellitejp.com/

もちろん本気のケンカではなく、あくまでもネタである。

竹書房側も枠外の「柱」と呼ばれる部分にコメントを掲載して反撃している。

出典:http://satellitejp.com/

ネット上の反応

事情を知っているネットユーザーはネタとして楽しんでいる。

だが、あまりにもネタツイートの数が多く、このままでは本当に竹書房へクレームの電話をかける人があらわれかねないことから、

「ネタだよ~」
「マジで電話はするなよ」
「竹書房はまったく関係ない」

など、注意を促すコメントも投稿されている。

竹書房はけものフレンズ騒動とは無関係です!

でも、もうすでにクレーム電話をかけた人もいるかもしれませんね…。







コメントを残す