熱帯低気圧になった台風19号を台風18号の情報と勘違いする人が続出

【内容をサクッと説明】

  • 2017年9月16日、台風18号が日本に接近。
  • 同日午前中に台風19号が熱帯低気圧に変わったと発表された。
  • 同じ台風情報であることから、ネット上では「台風18号が熱帯低気圧に変わった」と勘違いする人が続出した。

台風18号が日本に接近

2017年9月16日、台風18号が日本に接近。

16日~18日の3連休中に日本列島を縦断すると見られており、17日の午前中には九州に上陸すると発表されている。

出典:https://typhoon.yahoo.co.jp/

台風19号が熱帯低気圧に

台風18号の接近が注視される中、飛び込んできたのが台風19号のニュースだ。

台風19号は同年9月15日にベトナム中部沿岸に上陸。

広範囲にわたって洪水と停電の被害が出るほどの強い台風だったが、16日午前にはタイで熱帯低気圧に変わった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

もちろん台風18号と19号は別物であり、18号は現在、日本に上陸している。

だが、強い台風であること、日本近郊の台風情報として発信されたことなどから、台風18号が熱帯低気圧に変わったと勘違いする人が続出。

さらには16日午前のトレンドワードに熱帯低気圧が浮上し、ネット上で情報が錯綜した。

ネット上の反応

16日午前のネット上では「台風19号が熱帯低気圧に変わった」という情報を見て、

「ぬか喜び」
「わかりにくい」
「変わってほしいのは19号じゃない」

など、落胆のコメントが次々と投稿された。

また18号の情報だと勘違いした人も多く、喜びのコメントやガセ情報と判断する人もいた。

台風19号が消えてくれたのはありがたいですが、台風18号は現在も接近中です。

せっかくの3連休ですが外出は控えたほうがよさそうですね…。







コメントを残す