ヴォイニッチ手稿が解読されるも意外に普通な内容に落胆の声

【内容をサクッと説明】

  • 2017年9月9日、謎の古文書として知られる『ヴォイニッチ手稿』が解読されたと報じられた。
  • だが、文書の内容は「婦人病の治療法」「風呂に入ることは健康に良い」といった普通の医学書だった。
  • ネット上では「ガッカリ」「現実はそんなもんか」など落胆の声が相次いでいる。

ヴォイニッチ手稿が解読

2017年9月9日、謎の古文書として知られる『ヴォイニッチ手稿』が解読されたと報じられた。

出典:https://twitter.com/

出典:naver

ヴォイニッチ手稿とは、1912年にイタリアで発見された書物。

ページには難解な文字列と奇妙な絵が描かれており、今までさまざまな学者や研究者が解読を試みてきた。

一部では「未知の錬金術や魔術の知識が記されているのではないか」とも推測されており、謎めいた存在であることから、SFやミステリーなどの創作物にも度々登場している。

内容は普通の健康法

ヴォイニッチ手稿は過去にも何度か解読したという研究者があらわれている。

だが、それらの発表が世界的に認知されることはなかった。

今回の発表もまだ確定したというわけではないが、アメリカの有名新聞社『タイムズ紙』が取り上げたことから、信憑性が高いとされている。

出典:https://www.the-tls.co.uk/

今回、解読を行なったのはイギリスの中世の文献の専門家であるニコラス・ギブズ氏。

ヴォイニッチ手稿に記されている文字列を暗号ではなく「ラテン語の変種と略語」として解析を行い、記されている内容を解読した。

その結果、判明した内容は、

「婦人病の治療法」
「入浴は健康につながるといった健康知識」
「当時一般的だった薬草学や天体学」
「現在では迷信だと判明している医学」

といったものであり、大半が既存の医学書から転載された文章や知識であるという。

ヴォイニッチ手稿の中には、たしかに風呂に浸かる婦人の図があった。

出典:https://twitter.com/

ネット上の反応

ネット上ではヴォイニッチ手稿のいたって普通な内容に

「ガッカリ感」
「現実はそんなもんか」
「ロマンがない」

など、落胆の声が相次いでいる。

神秘的な秘密が隠されているのでは、と期待されていたヴォイニッチ手稿ですが…。

今回は蓋を開けてみたら残念、という結果になってしまいましたね。







コメントを残す