ローソンチケット炎上事件はデマ!嘘ツイートの理由は友人トラブルか

【内容をサクッと説明】

  • 2017年9月6日、ローソンチケット炎上事件がデマであったことが判明した。
  • デマツイートを行なった投稿者が嘘を吐いた理由は、友人トラブルだと推測されている。
  • ネット上ではツイートがデマであったことを認めた上で、ローソンチケットへの不信感をあらわにする意見が多い。

ローソンチケット炎上事件

ローソンチケット炎上事件とは、2017年9月2日に投稿されたTwitterの告発が引き金となり、ローソンチケットの対応の悪さやチケットのWブッキング、店舗による不正などの疑惑が噴出した事件。

告発ツイートを投稿した投稿者は、

「刀剣乱舞のイベントに申し込み、入金を終えるも勝手にチケットがキャンセルされていた」

「問い合わせを行なったが酷い対応だった」

と領収書や通話記録などの証拠写真もネット上へ投稿していた。

ローソンチケットが勝手にキャンセルとのTwitterの嘘告発が炎上

2017.09.05

このツイートはツイッター上で劇的に拡散され、「私もローソンチケットでトラブルになった」という、さまざまな被害者の声が寄せられていた。

これらの騒動を受けて、9月4日にローソンチケットが公式サイトでコメントを発表。

「取引や問い合わせなどの事実はなかった」

と宣言していたが、ネット上では「投稿者が嘘を吐く理由がない」と、ローソンチケットのコメントに不信感を抱く意見が噴出していた。

投稿者がTwitterを削除

2017年9月6日、ローソンチケットが再び公式サイトで文書を発表。

9月5日に問題のツイートを行なっていた投稿者と連絡を取り、

「状況の確認を行ないましたところ、入金はされておらず、従いまして『入金後のキャンセル』及び『当社からのメール配信』という事実は無かったことが確認されました」

と、告発ツイートがデマであったことを公表した。

出典:http://l-tike.com/

平素よりローソンチケットをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

弊社より9月4日(月)にご案内しております、SNS等で情報発信されているミュージカル『刀剣乱舞』のチケット購入に関する事象についての調査結果をお知らせいたします。

さらなる調査を進める中で、昨日、ツイートの発信者様とコンタクトがとれ、状況の確認を行ないましたところ、入金はされておらず、従いまして『入金後のキャンセル』及び『当社からのメール配信』という事実は無かったことが確認されました。

皆様にご心配をおかけしましたが、弊社のシステム/サービスに問題がないことを確認いたしましたので、引き続き、安心してご利用いただけますようお願い申し上げます。

出典:ローチケHMV

また、Twitterの投稿者は発表が行なわれると同時に問題となったツイートを削除。

現在はアカウントそのものを閲覧できない状態になっている。

閲覧不可となる直前には

「お騒がせしている件についてこの度、先方様とお話し合いの末、見解の相違がありました。先方様とは無事すべてのお話はついております。お騒がせして申し訳ございませんでした」

という謝罪ツイートを投稿していたようだ。

嘘の理由は友人トラブルか

ツイートがデマであったことは確定したが、ひとつだけ疑問が残る。

なぜ投稿者がこのような嘘のツイートを投稿したのかという点だ。

ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っているが、もっとも有力視されているのが「友人トラブル」という話だ。

ネット上では投稿者と投稿者の友人がチケットに当選したとされており、

  • 投稿者が入金を忘れてしまい、友人への言い訳として嘘を吐いた
  • 友人が入金を忘れてしまい、投稿者に嘘の言い訳をした→信じた投稿者がツイート
という2つの説が囁かれている。

ネット上の反応

ネット上では告発ツイートがデマであったことを認めた上で、

「付随して出てきた苦情を改善してほしい」
「日頃の対応の悪さが露呈したって印象」
「安心して利用できない」

など、今回の騒動で噴出した別の被害ツイート・クレームから不信感をぬぐえないという意見が多いようだ。

今回の炎上事件に関しては、デマだったと判明したローソンチケットですが…。

どうやら、消費者の不信感を拭うことはできていないようです。







コメントを残す