日野皓正がドリバンで往復ビンタを行った動画に批判が殺到して炎上

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月31日に発売された週刊文春に、世界的ジャズトランペッターの日野皓正さんが男子中学生に対して、往復ビンタなどの体罰を加えていたという記事が掲載された。
  • 体罰が行なわれたとされているのは、同年8月20日に開催された『Dream Jazz Band 13th Annual Concert(ドリバン)』のイベント中。男子中学生がなかなか演奏をやめなかったことが理由だという。
  • 週刊新潮がイベントの動画をYoutubeに公開したこともあり、ネット上には日野皓正さんへの批判が殺到、炎上している。

日野皓正のプロフィール

出典:naver

名前:日野皓正
出身地:東京都
生年月日:1942年10月25日 (74歳)
職業:ジャズ・トランペット奏者

日野皓正がドリバンで往復ビンタ

2017年8月31日に発売された週刊文春に、世界的ジャズトランペッターの日野皓正さんが中学生に対して体罰を加えていたという記事が掲載された。

体罰騒動が起きたのは、同年8月20日に開催された『Dream Jazz Band 13th Annual Concert(ドリバン)』のイベント中。

指導者としてイベントに参加していた日野皓正さんは、本番中突然ステージへと上がり、ドラムを叩いていた男子中学生に対して

  • スティックを取り上げて投げ捨てる
  • 男子中学生の髪をつかんで振り回す
  • 往復ビンタをする
などの体罰指導を行なったとされている。

出典:youtube

往復ビンタの理由

日野皓正さんが往復ビンタを行なった理由は、男子中学生がソロ演奏を中断しなかったためだと言われている。

コンサートの進行に支障が出ると判断した日野皓正さんは男子中学生を注意したが、聞き入れられなかったため、体罰指導を行なったようだ。

ネット上にはステージを実際に見ていた人からの報告が上がっている。

たしかに週刊新潮が公開している動画では、日野皓正さんにスティックを投げ捨てられたあとも、手でドラムを叩こうとする男子中学生の姿が映されている。

日野皓正がドリバンで往復ビンタを行った動画

日野皓正さんがドリバンで中学生に対して往復ビンタを行ったとされている動画はこちらで視聴することができる。

ネット上の反応

日野皓正さんの体罰騒動はテレビメディアにも取り上げられ、動画も地上波で流された。

動画を見た人からは

「手を出してしまった時点で日野皓正が悪い」
「殴らんでいいだろ」
「こんな大勢の前であれは無いわ」

など批判が殺到し、炎上している。

文春、新潮の報道で明らかとなった今回の騒動ですが、テレビで放送されたことでさまざまな情報が集まり、新たな側面も見えてきたようです。

日野皓正の体罰は悪くない?テレビ報道で男子中学生への批判が増加

2017.08.31

海外に渡航中だという日野皓正さんがどう考えているのか気になりますね…。







1 個のコメント

  • コメントを残す