ネットワーク障害の原因は誤設定だとグーグルが謝罪!影響力に戦慄

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月25日から26日にかけて、日本国内の複数のインターネット接続サービスが繋がりにくくなるという大規模ネットワーク障害が発生した。
  • 翌26日にグーグルがネットワーク障害の原因を「通信装置の誤操作」と認めた。
  • ネット上では、グーグル一社のミスがネット社会に大きな影響を与えたことに戦慄している。

大規模ネットワーク障害が発生

2017年8月25日から26日にかけて、日本国内の複数のインターネット接続サービスが繋がりにくくなるという大規模ネットワーク障害が発生した。

出典:http://blog.livedoor.jp/

国内最大手のインターネットサービス『OCN』や携帯通信会社『KDDI』をはじめとして、多くのIT企業に接続できないなどのトラブルが続出。

証券会社やLINEなどにも影響が及んだ。

原因はグーグルの誤操作

翌26日にグーグルがネットワーク障害の原因を「通信装置の誤操作」と認めた。

インターネット通信はデータをやりとりする経路の情報を交換することで、サイトなどの閲覧が可能になる。

今回のネットワーク障害はグーグルが誤った経路情報を流したことで発生した。

通信事業者の調査で、障害発生の直前にグーグル社が発信したネット回線の接続経路に関する情報に、誤操作により間違った内容が含まれていたことが原因とわかった。グーグル社は「ネットワークの誤設定により障害が発生し、8分以内に正しい情報に修正した。ご不便、ご心配をおかけしたことをおわびする」としている。

出典:朝日新聞

ネット上の反応

ネットワーク障害が発生した当初、グーグルは原因を明かしていなかった。

発表が行なわれたあと、グーグル一社のミスが原因だとわかり、

「たった一社であんな大規模な障害が出るなんて」
「グーグルのさじ加減で世界が大混乱」
「こんなに影響及ぼせるって怖い」

など、グーグルの力だけでネット社会を崩壊させられる可能性があると戦慄している。

思わぬ形でグーグルの企業力を思い知らされることになりました。

同じようなミスが発生しないよう、再発防止に努めてほしいですね。







コメントを残す