鳥人間コンテストで40kmフライトの偉業達成!パイロットの裏話に感動

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月23日、日本テレビ系番組『鳥人間コンテスト2017』が放送され、『人力プロペラ機部門』で40kmのフライトを完走するチームがあらわれた。
  • パイロットの渡辺悠太さんは過去にも単独で鳥人間コンテストに挑んでいたが、書類審査で落選→3位入選という結果だった。しかし渡辺悠太さんの熱意を知った会社の仲間が協力し、40km完走で優勝というドラマチックな展開だった。
  • 鳥人間コンテストで40kmフライトを達成したのは初の出来事。ネット上でも渡辺悠太さんらに賞賛と感動の声が向けられた。

鳥人間コンテスト2017で偉業

2017年8月23日、日本テレビ系番組『鳥人間コンテスト2017』が放送された。

鳥人間コンテストはエンジンを積まない飛行機でどれだけの距離を飛べるか競う大会。

40回目の開催となる2017年には、ついに『人力プロペラ機部門』で40kmのコースを完走するチームがあらわれた。

出典:https://twitter.com/

偉業を成し遂げたのは『BIRDMAN HOUSE伊賀』というチーム。

パイロットの渡辺悠太さんはDMG森精機という工作機械製造会社に勤める会社員だ。

パイロットの裏話

渡辺悠太さんは過去にも何度か鳥人間コンテストに応募・出場している。

だが学生時代、最初に応募した際には書類審査で落選してしまった。

その後、社会人になってからも9年間、たったひとりで飛行機を作り続けて3位入賞。

そんな渡辺悠太さんの熱意に感動した会社の仲間が強力してくれるようになり、今年はチームとして参加できたのだという。

出典:https://twitter.com/

40km完走は過去40回の大会で誰も成し遂げていない新記録である。

前人未到の偉業達成に番組を見ていた視聴者からも歓喜の声が上がっている。

ネット上の反応

ネット上では番組視聴者から賞賛と感動の声が相次いだ。

「飛びきるのはじめて見た」
「かっこよすぎる」
「感動した」
「泣ける」

など、チームだけでなく諦めず挑み続けた渡辺悠太さん個人を称えるコメントも多い。

夢を諦めずに追い続けて、新記録まで達成した渡辺悠太さん。

来年もぜひ出場して、自己記録を更新してほしいですね







コメントを残す