読書感想文は必要か?Twitterでゴーストライター経験者が続々と暴露

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月24日、読書感想文を代筆するというゴーストライターの呟きがツイッター上に増加している。
  • 呟いているのは子どもを持つ親や兄弟・姉妹などで、身近にいる人々がゴーストライターとして読書感想文を執筆しているようだ。
  • ここではゴーストライター経験者の呟きと、それらの呟きを見たネットユーザーの反応をまとめていく。

読書感想文を代筆するゴーストライターが急増

2017年8月24日、読書感想文を代筆するというゴーストライターの呟きがツイッター上に増加している。

過去にも宿題代行屋などがニュースで取り上げられ、問題視されたことはあるが、今回ご紹介するのは業者ではない。

なんと、子どもの親や兄弟・姉妹が当たり前のように読書感想文を代筆しているというのだ。

出典:http://kagayaku3.com/

ためしにツイッターで検索してみたところ、続々とゴーストライター経験者の暴露エピソードが見つかった。

ゴーストライター経験者の人数は想像をはるかに上回っているようだ。

ツイッター上に暴露ツイートが噴出

ネット上にはさまざまなゴーストライター経験者が存在している。

夏休みが終わりに近づくにつれて、ツイッターで経験談を語る人も増えてきた。

以下にゴーストライター経験者の暴露ツイートをまとめている。

ゴーストライター経験者でもっとも多かったのは、やはり子どもを持つ親だ。

「子どもに質問して文章をまとめた」というツイートもあれば、「下書きからやっている」というツイートもある。

兄弟・姉妹

兄弟や姉妹の読書感想文を書いた経験があるというツイートも多い。

夏休みで親戚と会う機会が増えるためか、従兄弟の読書感想文を書いたというゴーストライターもいるようだ。

友人

友人や幼馴染といった同世代のゴーストライター経験者もいる。

中には得意分野の宿題を交換していたというツイートもあり、もはや宿題というよりも仕事に近い印象を受ける。

ネット上の反応

ネット上ではゴーストライター経験者の暴露ツイートに困惑したというコメントが多い。

批判的な意見も多数寄せられており、

「親がやるのはおかしい」
「子どもにやらせろ」
「感想文ってなんなんだろうな」

など、読書感想文の存在意義が問われている。

読書感想文を含めて、宿題は子どもの学力をアップさせるために出されているはずなのですが…。

宿題の意味をもう一度よく考えてみる必要がありそうですね。







コメントを残す