愛知県で目撃された巨大スーパーセルの画像が竜の巣みたいだと話題に

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月22日の18時ごろ、愛知県で巨大スーパーセルが観測された。
  • スーパーセルは巨大積乱雲とも呼ばれる雲の塊。スーパーセルが通過した地域は、激しい雷雨や竜巻、雹などの荒天に見舞われる。
  • ネット上では画像を見た人を中心に「天空の城ラピュタに登場する竜の巣みたいだ」と話題になっている。

愛知県で巨大スーパーセルが発生

2017年8月22日の18時ごろ、愛知県で発生した巨大スーパーセルが観測された。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

スーパーセルとは

スーパーセルとは激しい嵐を引き起こす巨大な積乱雲。

ゲリラ豪雨や暴風、落雷、雹、竜巻などを引き起こす気象現象で、アメリカ・グレートプレーンズ地域での発生回数がもっとも多い。

条件が整えばどこでも発生する現象ではあるが、日本国内で目撃されることは非常に稀とされている。

スーパーセル(supercell)とは、回転する継続した上昇気流域(メソサイクロン)を伴った、単一セルで構成される、非常に激しい嵐(雷雲群)のこと。 マスメディアなどでは「超巨大積乱雲」と呼ばれる事もある。 メソ対流系(MCS)の一種で、単一の降水セルで構成されているにもかかわらず規模は大きく、非常に激しい荒天をもたらす。

出典:wikipedia

出典:youtube

海外では竜巻が発生する原因のひとつとしても注目されており、カメラによる撮影・観測を行い、さまざまな研究が行なわれている。

  • 海外のスーパーセルを撮影した動画

ネット上の反応

愛知県で目撃された巨大スーパーセルは、ジブリ映画『天空の城ラピュタ』に登場する竜の巣みたいだと話題になっている。

竜の巣とは天空に浮かぶ城・ラピュタを包む雲の渦。

出典:https://smaclub.jp/

以下は愛知県で目撃された巨大スーパーセル。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

竜巻などの深刻な被害をもたらすこともあるスーパーセル。

愛知県でも7000回近くの雷が鳴るなど、激しい荒天に見舞われたようです。

壮大な現象ではありますが、同時に自然の恐ろしさを知らされますね…。







コメントを残す