大阪吹田市(関西電力)の大規模停電に相次ぐ被害報告…現在は復旧

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月23日の午前5時40分ごろ、関西電力エリアの大阪府吹田市で大規模な停電が起こった。
  • 同日14時15分に関西電力から復旧宣言が出されたものの、約8時間の停電により多くの被害が出た模様。
  • 特に食品関係の被害が深刻でネット上には個人・企業を問わず、多くの被害報告が寄せられている。

大阪吹田市で大規模停電

2017年8月23日の午前5時40分ごろ、関西電力エリアの大阪府吹田市で大規模な停電が起こった。

停電地域は大阪市東淀川区・摂津市にも及び、34340軒が被害に遭ったという。

23日早朝、大阪府北部で発生した大規模な停電。関西電力によると、同府吹田市の全域と摂津市、大阪市東淀川区の一部で一時、最大計約3万4千戸が停電。その後も復旧と停電を繰り返しており、午前11時15分現在で吹田市で約1万4120戸が停電している。

出典:yahooニュース

吹田市内では家庭用電力だけでなく、複数か所で信号機が消えるなど交通網も大打撃を食らった。

出典:https://twitter.com/

その後、警察官の手信号によって車の誘導が行なわれたため、大きな事故などは発生しなかったものの、この日の吹田市内の最高気温は34度。

コンビニやスーパーなどの食品関係に大きな被害が発生したと推測される。

現在は復旧済み

関西電力のホームページによると、吹田市内の停電は午前10時ごろから徐々に復旧が行なわれ、14時15分にほぼ市内全域の復旧宣言が出されている。

出典:http://www.kepco.co.jp/

だが、14時までの間にも何度か復旧しては停電を繰り返しており、一部地域で不安定な状態が続いているとの情報もある。

原因は地中送電線の不具合

これほど大規模な停電が起こった原因は、地中送電線の不具合だったと発表されている。

当社従業員が吹田市高城町のマンホール内を確認したところ、当該マンホールに敷設されているCVケーブルとOFケーブルのうち、CVケーブルに穴が開いていることを確認しました。
また、OFケーブルについて、目視で確認できる範囲において、外観上の異常は見られませんでしたが、当該ケーブルに油を充填しているタンクの残油量を確認したところ減少していることを確認しました。

現在、当該区間におけるケーブル全体の絶縁性能に異常がないかを確認するとともに、停電している箇所の復旧に向けて作業を進めているところです。
今後、原因究明を実施していくこととしています。

出典:関西電力

停電が起こった当初、

  • 爆発音を聞いた
  • マンホールの蓋が浮き上がっていた
などの目撃情報もあり、SNSには現場写真も投稿されていた。

 

出典:https://twitter.com/

関西電力は現在、詳しい原因を調査しているという。

ネット上の反応

今回の停電は最長8時間もの間、電力供給がストップしていたことに加え、猛暑日であったことも重なり、食品関係を中心に多くの被害が発生している。

ネット上にも

「(自宅の)冷蔵庫の中終わった」
「コンビニもスーパーも冷凍食品全入替」
「仕込み中のパン生地が全廃棄」

など個人・企業を問わず、多くの被害報告が寄せられている。

吹田市といえば飲食店が建ち並ぶ繁華街と住宅街が密集している地域です。

相当な量の食品に被害が及んだことは間違いないでしょうね…。







コメントを残す