小池一夫氏(作家)がツイッターで若者を批判し炎上!謝罪する事態に

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月12日、作家の小池一夫氏のツイートが炎上した。
  • ツイートは、「若者が食にお金をかけないのは言い訳。妻は鱧のおすましを何百円かで作れる」との内容。
  • 批判が集まり小池氏は謝罪したが、今回が初めての炎上ではないため、冷ややかな意見が多く見られる。

小池一夫のプロフィール


出典:https://twitter.com/

本名 俵谷 星舟(たわらや せいしゅう)
生年月日 1936年5月8日(81歳)
出身 秋田県大仙市
職業 漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、大学教授
代表作 『子連れ狼』(画:小島剛夕) 他多数

小池一夫氏がTwitterで若者について言及


出典:https://twitter.com/

批判のリプライが殺到して炎上

この小池一夫氏のツイートに対して、

「たいがいの若い人はおすましに何百円はかけられないのでは。」
「それは裕福だからできるのです。」
現状が厳しくて料理に時間をかけている暇はない。」

など、あまりの感覚の違いに、小池氏に様々な指摘が相次いだ。

のちに小池一夫氏が謝罪

多くのリプライを受けて小池一夫氏が謝罪。

謝罪に対するツイッターの反応

「素直に謝罪して素晴らしい」

という意見もあったが、中にはこんな声も↓

なかなか厳しいですがその通りという感じもします。

ネット上の反応

過去にも何度か炎上→謝罪という経緯があるので、冷ややかな意見が多く見られました。

SNSに炎上は付き物となっていますが、影響力のある人なだけに発言には少し気を付けるべきだったかもしれませんね…。







コメントを残す