斉藤由貴が不倫を否定も昔の尾崎豊、川崎麻世との浮気騒動から不信感

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月2日、女優の斉藤由貴さんの不倫疑惑が週刊文春によって報じられた。相手男性は横浜市在住の50代開業医で妻子がいる。
  • 斉藤由貴さんは過去に2度、不倫スキャンダルが報じられている。その時は独身だったが、今回は斉藤由貴さんも結婚しているため、W不倫ということになる。
  • 同日、メディア各社に不倫報道を否定するFAXが送られたが、ネット上では昔の不倫スキャンダルの影響もあり、不信感を抱くコメントが多い。

斉藤由貴のプロフィール

出典:http://日刊ニュース速報.jp/

本名:小井 由貴
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1966年9月10日 (50歳)
所属事務所:東宝芸能
職業:女優、歌手、ナレーター

斉藤由貴が不倫報道

2017年8月2日、女優の斉藤由貴さんの不倫疑惑が週刊文春によって報じられた。

相手男性は横浜市在住の50代開業医で妻子がいる。

昼休み時間に賃貸マンションの一室で逢瀬を重ねていたというが、斉藤由貴さんの事務所はマンションについて「斉藤由貴の個人事務所」と回答し、相手男性も「往診です」と不倫疑惑を否定した。

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

斉藤由貴さんは1994年12月に会社員の一般男性と結婚、現在は3児の母だ。

夫婦ともにモルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会)を信仰していることが知られており、結婚も信仰がきっかけだったといわれている。

昔にも不倫報道

斉藤由貴さんは過去にも2度、不倫スキャンダルを報じられている。

一度目の不倫スキャンダルは1991年3月。

尾崎豊さんと北海道の小樽で旅行を楽しんでいる姿がフライデーにスクープされた。

この時、斉藤由貴さんは独身だったが尾崎豊さんは結婚していた。

出典:youtube

二度目のスキャンダルは、1993年7月に発覚した川崎麻世さんとの不倫。

川崎麻世さんの謝罪会見には妻のカイヤさんも同行し、大きな話題となった。

出典:naver

不倫疑惑を否定

斉藤由貴さんは、24年ぶりとなる今回の不倫疑惑報道を否定。

2017年8月2日、メディア各社にFAXを送信し、

「家族ぐるみでお世話になっている主治医」
「不倫関係ではございません」

と説明している。

以下はメディアに配布されたFAXの全文だ。

 報道関係者の皆さまへ

この度は、私事で大変お騒がせしており申し訳ございません。

報道にあった先生は、随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません。

実は6年ほど前に大掛かりな減量をした際にも全ての指導と管理をしていただき、ここ最近たくさんお仕事をいただくようになってからは、肌ケアの美容注射や体力維持の点滴など、女優としてあまり他の患者さんには見られたくない治療やメンテナンスのために、個人事務所に往診をお願いしております。

現在の多忙な日々や女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、医師と患者であると同時に、トレーナーと選手のような間柄といえます。

現実として、家族みながかかりつけとしてお世話になっている先生なので、私が治療を受けている状況は理解してくれております。

それ以外の詳細につきましては、私から直接ご説明するタイミングを設けさせていただきたく思っておりますので、いま暫くお待ちいただき、家族や自宅周辺へのご取材などは何卒お控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

斉藤由貴

出典:yahooニュース

ネット上の反応

ネット上では、過去に2度あった不倫の前科から

「今回はどうなんやろ」
「懲りないな」
「生来そういう体質なのかも?」

など、疑惑否定後にも不信感を漂わせるコメントが投稿されている。

文春砲に狙われて24年ぶりに不倫疑惑を報じられてしまった斉藤由貴さん。

50歳になっても衰えない美貌が疑惑を生むのかもしれませんね。

2 件のコメント

  • 本当に節操のない人だと思います。
    そして実に自分本意の、人の心の痛みが分からない人なんだなと思います。
    別に不倫するのは本人達の問題なのであれですが、尾崎豊さんとの事についての会見の時に彼女が、尾崎豊さんの奥さんについて聞かれ言い放った言葉をわたしは忘れられません。
    「わたしにとって知らない人です。そういうことです。」

    そういうことです、って?

    斉藤さんは尾崎さんの家庭も川崎麻世さんの家庭も壊したようにわたしには思えました。(実際は分かりません。個人的にそう感じただけです)

    人の心の機微が分からない様では、本人は女優、女優といっていますが…。

  • コメントを残す