テレビ朝日がビキニ事件特番の副題にフクシマを用いて削除するも炎上

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月2日、テレビ朝日系列で8月6日に放送予定の特別番組『ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図』に批判が殺到し、サブタイトルを削除していたことがわかった。
  • ビキニ事件は、アメリカの水爆実験によって現地住民や航行中の船が被爆したという事件。
  • ネット上ではサブタイトルが削除されたあとも批判が殺到し、炎上状態が続いている。

テレ朝がビキニ事件の副題にフクシマ

2017年8月2日、テレビ朝日系列で8月6日に放送予定の特別番組『ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図』に批判が殺到し、サブタイトルを削除していたことがわかった。

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

サブタイトルの『フクシマ』は、東日本大震災で原発事故が起きた福島県を指していると見られる。

ビキニ事件とは

ビキニ事件とは、1954年にアメリカが太平洋マーシャル諸島のビキニ環礁で行った水爆実験によって、現地住民や近海を航行中の船が被爆した事件。

日本籍の漁船『第五福竜丸』も被爆しており、後日、放射能の影響と見られる症状で船員が死亡している。

出典:naver

「一緒にするな」と批判が殺到

番組では事件後、強制移住させられたマーシャル諸島の住民を取材。

流産やがんなどの健康被害が出ていたことを紹介しているという。

番組の公式ブログやホームページには「今も続く放射能汚染の問題。そして帰れない故郷……。それは、福島の問題にもつながってきます」などの表現もあり、「一緒にするな」と批判が殺到。

テレビ朝日広報部は「視聴者などから意見をいただく中、誤解が生じかねないと考え削除することにした」と釈明し、ブログの福島に関する記述やサブタイトルを削除した。

だが一方で番組内容の変更については「お答えできない」と回答している。

ネット上の反応

ネット上では炎上状態が続いている。

「ふざけるな」
「水爆実験と福島は別物」
「新たな風評被害を生み出すつもりなのか」

など、サブタイトルを削除した事実がメディアに取り上げられたことで、より多くの人が怒りの声を上げた。

水爆実験と原発事故を結びつけるのは、いくらなんでも無理があると思うのですが…。

もしも視聴率アップのために、より身近な福島県の名前を利用したのであれば、許されることではありませんね。







コメントを残す