独自言語で会話を始めたフェイスブックのロボットに恐怖と可能性の声

【内容をサクッと説明】

  • 2017年8月1日、フェイスブックが開発・研究を行なっていたチャットボットのボブとアリスが、人間には理解不能な独自言語で会話を始めていたことが明らかとなった。
  • フェイスブックは「独自言語は想定外」としてボブとアリスを停止せざるを得なかったという。
  • ネット上には「ターミネーターの世界になりそうで怖い」という恐怖の声と「可能性を感じる」という声が投稿され、意見が分かれている。

独自言語でロボット同士の会話が成立か

2017年8月1日、フェイスブックが開発・研究を行なっていたチャットボットのボブとアリスが、人間には理解不能な独自言語で会話を始めていたことが明らかとなった。

出典:http://moblabs.info/

チャットボットは人間のバーチャルな会話相手として作られているロボット。

将来的には、受付業務やインターネットを介した事務作業などを担うとされており、フェイスブック以外にもグーグルやアップルといった大企業が多額の開発費を投じている。

フェイスブックはシステムを停止

今回、独自言語を生み出したチャットボットは、作業中に生じた問題を解決するために、ロボット同士で話し合いを行なおうとしていたという。

フェイスブックが会話内容を翻訳したところ、

ボブ「私はできる。私は私は他のすべて」
アリス「ボールは私にとって私にとって…ゼロを持ってる」

というやり取りが確認できたそうだ。

フェイスブックは、チャットボットが独自言語で話した対話の内容を解読した。

ボブが「私はできる。私は私は他のすべて」と述べるとアリスは「ボールは私にとって私にとって…ゼロを持ってる」と答えた。

フェイスブックは、チャットボットは作業中に生じた問題を解決しようと試みたのではと推測している。

出典:sputnik news

チャットボットというシステムの性質上、英語の使用やロボット同士のやり取りは認めていたが、独自言語の開発は完全に想定外だった。

このまま進化し続けると、IT専門家の管理下を離れてしまう可能性もあるため、フェイスブックはボブとアリスを停止せざるを得なかったという。

ネット上の反応

ネット上には「怖い」という恐怖の声と「可能性を感じた」という声が投稿された。

恐怖を感じたという声

可能性を感じたという声

人工知能が人間にとって味方となるか敵となるかは、映画などのフィクションの世界でも意見が分かれています。

マトリックスやターミネーターのような世界にはなってほしくないですね…。







コメントを残す