高嶋ちさ子が子どものゲーム機破壊の真相を語るも視聴者はドン引き

【内容をサクッと説明】

  • 2017年7月30日、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんが日本テレビ系番組『誰だって波瀾爆笑』に出演し、過去に炎上したゲーム機破壊騒動について語った。
  • ゲーム機破壊騒動とは、約束を守らずにプレイしていた子どものゲーム機を破壊したという、高嶋ちさ子さんの子育てエピソード。美談であるかのように執筆されており、新聞に掲載された当時、反論が相次いだ。
  • 今回の番組出演でも反省の色はなく、笑顔でゲーム機破壊について語った高嶋ちさ子さんに対し、ネット上ではドン引きした視聴者が多かったようだ。

高嶋ちさ子のプロフィール

出典:http://firstview.heteml.jp/

名前:高嶋ちさ子
出身地:東京都
生年月日:1968年8月24日 (48歳)
所属事務所:ジェイ・ツー
職業:ヴァイオリニスト、音楽プロデューサー

高嶋ちさ子が誰だって波瀾爆笑に出演

2017年7月30日、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子さんが日本テレビ系番組『誰だって波瀾爆笑』に出演。

過去に炎上したゲーム機破壊騒動について語った。

出典:dailymotion

ゲーム機破壊騒動とは

高嶋ちさ子さんのゲーム機破壊騒動とは、2016年2月の新聞コラムに載せられた子育てエピソードだ。

出典:naver

高嶋ちさ子さんは、どれだけねだられても子どもにゲーム機を買うつもりはなかった。

しかし、長男が入院中にゲーム機をプレゼントされ、しかたなく次男にも同じものを買ってあげた。

平日はゲームはNG、週末は宿題が終わって時間が余ったらやってもいいというルールを設けていたが、ある日の夜、長男が平日にゲームをやっているところを目撃。

長男が「宿題はだいたい終わったもん」と言い訳すると、高嶋ちさ子さんは怒り狂ってゲーム機を破壊。

同日、次男のゲーム機もチェロの練習をしていなかったという理由で破壊したそうだ。

出典:naver

その後、

「自分で働いたお金で買ったゲーム機を自分で壊す気持ちあなたにはわかるの?」
「あなたはゲームが一生出来ない事を嘆くより、ママからもう2度と信用されないことを心配しなさい」
「もうあなたを信用しないから、どうやって信用を取り戻すかを考えなさい」

と子どもたちに言い聞かせ、翌週、長男は算数のテストで満点を取った際に

同級生「おまえんちゲーム機折られたんだろ?」
長男「折られたおかげで満点とれたんだよ」

と自慢していたという。

このコラムはネット上でも拡散され、

「理由があれば、他人のものを壊してもいいのか?」
「子どもの将来が不安」
「毒親」

などの意見が噴出し、大炎上した。

ゲーム機破壊の真相

炎上中は沈黙を守っていた高嶋ちさ子さんだったが、今回の番組出演では饒舌だった。

ゲーム機破壊については、自身の主張を覆すことなく

「(壊したのは長男と次男)両方の(ゲーム機)です」
「平日は(ゲームを)やっちゃいけないっていうルールがあったのに、金曜日の夜7時頃帰ってきたら、やってたんですよ。やっちゃいけないって何回も言ってたのに」

と笑顔で回答。

出典:dailymotion

また、

「『もう今度やったら折るよ』って言ってあったんです。それで、『折るよ』って言ったら、(息子が)『いいよ』って。覚悟してたんでしょうね」

と子どもたちの反応について補足説明し、次男のゲーム機を壊したことについては

「いいことも悪いことも連帯責任。1人が満点取ると2人ともケーキを食べられる」

と独自の家庭内ルールがあることを明かした。

出典:dailymotion

ネット上の反応

ネット上では高嶋ちさ子さんの発言や態度に

「気持ち悪!」
「家族全員頭おかしいの?」
「高嶋ちさ子みたいな人がお母さんだったら家出してる」

などの意見が寄せられ、ドン引きした視聴者が多かったようだ。

「他人のものを壊す」ということをどんな風に考えているのか、お子さんに聞いてみたいですね。







コメントを残す