槙野智章がレッドカードで一発退場!ファール行為の画像が酷いと炎上

【内容をサクッと説明】

  • 2017年7月29日に行なわれたサッカー・浦和レッズ-コンサドーレ札幌戦にて、槙野智章選手(浦和DF)が顔面蹴りファールでレッドカード、一発退場となる騒動が起きた。
  • 画像で検証すると蹴りの瞬間、槙野智章選手は別方向を向いて、故意ではないように見える。だが蹴りのあと、すぐに転倒してしまったこと、レッドカード提示後の態度などが問題視された。
  • ネット上では「自分で蹴ってる」「文句言わずに退場しろ」などの意見が次々と投稿され、炎上している。

槙野智章のプロフィール

出典:http://www.excite.co.jp/

名前:槙野智章
出身地:広島県広島市
生年月日:1987年5月11日 (30歳)
所属チーム:浦和レッドダイヤモンズ、日本代表
職業:サッカー選手(ディフェンダー)

槙野智章が顔面蹴りファール

2017年7月29日に行なわれたサッカーJリーグの浦和レッズ-コンサドーレ札幌戦にて、槙野智章選手(浦和DF)が顔面蹴りファールにより、一発退場となる騒動が起きた。

出典:youtube

顔面蹴りを食らったのは札幌FWの都倉賢選手。

審判団は槙野智章選手の行為を悪質なものと判断し、レッドカードを提示した。

問題となったファールのシーン

問題となったファールは前半37分に起きた。

札幌のパスをカットした流れで攻撃に参加しようとしていた槙野智章選手(ユニフォーム黄)を、都倉賢選手(ユニフォーム赤)が阻む形で猛チャージ。

出典:youtube

槙野智章選手は都倉賢選手とともに倒れ、慌てて立ち上がろうとしたが、その際に都倉賢選手の顔面を蹴りつけてしまった。

出典:youtube

このあと、槙野智章選手は再びバランスを崩して転倒。

蹴りつけた瞬間の画像を見ると、槙野智章選手は完全に別方向を見ているため、都倉賢選手の顔面を故意に狙ったとは考えにくい。

だが、すぐに転倒してしまったため、「蹴るために身を起こした」という見方をするサッカーファンもあらわれたのだと思われる。

レッドカードで一発退場

この蹴りが原因で槙野智章選手にはレッドカードが提示され、退場処分となった。

なお、最初の転倒のきっかけとなった都倉賢選手にもイエローカードが提示されている。

出典:youtube

その後、槙野智章選手はレッドカードを不服として、抗議するような振る舞いを見せた。

出典:youtube

ネット上には、この行動を批判する意見も多い。

ネット上の反応

ネット上では槙野智章選手のファール行為に批判的な意見が集まっている。

「やりすぎ」
「自分で蹴ってる」
「本当に偶然なの?」

など、故意に蹴ったのではないかと疑う声も多く、炎上している。

結局、この日の試合は0-2で、浦和レッズの敗北となってしまいました。

国際戦での乱闘騒ぎ、上西小百合議員の暴言など、なにかとトラブルが多発している浦和レッズ。

サッカーACL浦和戦の大乱闘!槙野智章の挑発行為を動画と画像で検証

2017.06.02

ACL乱闘騒動、韓国・済州のみならず浦和レッズにも罰金処分で炎上

2017.06.11

上西小百合議員がサッカーファンの応援を否定して炎上!選手も苦言

2017.07.17

上西小百合議員がビビットに生出演するも持論を展開してさらに炎上

2017.07.21

トラブルがチームの士気を下げている、なんてこともじゅうぶんに考えられそうです。







コメントを残す