シャープ製品Twitterアカウントが停止!理由は任天堂批判の炎上騒動

【内容をサクッと説明】

  • 2017年7月11日、『シャープ』が『任天堂』製品を批判する内容をツイッターに投稿した『シャープ製品』のアカウントを停止する事を発表した。
  • この件について、ネット上からは「当然だ」という声が多数挙がっており、再度炎上する形となっている。
  • また、他社を貶める行為を行ったシャープの企業姿勢を疑問視する声もネット上では散見される。

シャープ公式「ミニスーパーファミコンは無価値」とツイートして炎上

2017.06.28

シャープ公式ツイッターが任天堂を批判し炎上

2017年6月27日、大手家電メーカー『シャープ』の公式アカウント、『シャープ製品(@SHARP_ProductS)』が、
任天堂のゲーム機『ミニスーパーファミコン』を批判するツイートを投稿。


出典:https://twitter.com/

この投稿が『シャープ』が『任天堂』に喧嘩を売ったとして、炎上していた。

『シャープ製品』は騒動を謝罪

そしてこの炎上に対して、『シャープ製品』は謝罪する結果となった。

『シャープ製品』がアカウント停止に

このような経緯でツイートを自粛していたシャープ公式だったが、
2017年7月11日に『シャープ』の別アカウントである『SHARP シャープ株式会社(@SHARP_JP)』が、
批判ツイートを行ったアカウントの運営を停止することを発展した。

『SHARP シャープ株式会社』のアカウントからは、今回の騒動を真摯に受け止める姿勢が伺える。

ネット上からも「当然」の声

そして今回の『シャープ製品』のアカウント停止について、

当たり前だよなぁ
当然の流れだと思うよ
好き勝手寒いことするのはちょっと情けない
先方から訴えられなくて良かったわね

等の辛辣な投稿がなされ、再度炎上する形となっている。

企業としての姿勢を疑う声も

そして、『シャープ』の企業として、任天堂という他社を貶める姿勢を、問題視する声も散見される。

『シャープ製品』は下記のような、自社商品と全く関係のないツイートを連発しており、
今回のような炎上が起こるのも時間の問題だったと言えるだろう。

SNSは宣伝手段として有効だが、今回の件をキッカケに、
他の企業もその扱い方については見直すべきだろう。







コメントを残す