まとめサイトを除外する検索エンジン『Nyafoo!』の性能に疑問の声

【内容をサクッと説明】

  • 2017年7月4日、まとめサイトや知恵袋、キュレーションサイトなどを検索結果に表示させない新たな検索エンジン『Nyafoo』が、ネットメディア「ねとらぼ」で紹介され、話題になっている。
  • だが実際に使用したネットユーザーからは、性能を疑問視する声が相次いでいる。
  • そこで今回は『Nyafoo』の性能がどのようなものか調べてみた。

Nyafooとは

NyafooとはNyafooJapan(@nyafoo_japan)が開発した検索エンジン。

Googleやyahooといった大手検索エンジンとは違い、まとめサイトや知恵袋(Q&Aサイト)、キュレーションサイトなどが検索結果に表示されないようになっている。

出典:http://nyafoo.com/

まとめサイトをはじく『Nyafoo』

2017年7月4日、まとめサイトや知恵袋、キュレーションサイトなどを検索結果に表示させない新たな検索エンジン『Nyafoo』がネット上で話題になっている。

『Nyafoo』が一躍有名になったのは、ネットメディア「ねとらぼ」で紹介されたためだと思われる。

「ねとらぼ」は、ネットで話題になっているネタを紹介している「まとめサイト」である。

ネット上には「まとめサイトをはじく検索エンジンが、まとめサイトの記事で有名になった」と指摘する意見もあった。

『Nyafoo』の性能

ネットユーザーが気になるのは『Nyafoo』の性能だろう。

本当にまとめサイトやキュレーションサイトが除外されるのか、まずは当サイト『サクッと情報部』を検索してみた。

出典:Nyahoo

検索結果は0件だった。

ちなみにGoogleでサクッと情報部を検索すると、約578,000件ヒットする。

出典:Google

他のまとめサイトでも試してみたが、サイト名を記載したニュース記事などが表示されるのみで、まとめサイトそのものが表示されることはなかった。

では、他のネットメディアはどうだろうか?

まずは代表的なSNSであるTwitter、Facebook、Instagramを検索してみた。

 

出典:Nyahoo

SNSもヒットせず、公式のトップページも表示されなかった。

Youtubeやウィキペディア、GoogleやYahooのトップページも検索除外されているようだ。

また、文春などの大手ネットメディアの公式ページも検索ヒットしない。

   

出典:Nyahoo

他にも芸能人や著名人の公式ページや無料ブログ、WordPressで作成しているサイトなどが表示されなかった。

個人のサイトやブログなどは、ほぼ検索除外されると見るべきだろう。

また、ニュースサイトや辞書サイトの中でも「ASCII.jp」「コトバンク」「毎日新聞」が検索上位に表示される傾向がある。

これはNyahooの開発者が「自分にとって使える検索サイトを作った」からだと推測される。

つまり開発者が普段よく見るサイトが検索結果に反映されているのだろう。

ネット上の反応

ネット上では「まとめサイトを除外してくれるのは便利!」と話題になっている。

だが、実際に使用した人たちからは

「コトバンクばかり出てくる」
「数サイト限定の検索エンジン」

など、性能を疑問視する声が相次いでいるようだ。

まとめサイトを除外できると注目を浴びた『Nyafoo』ですが、まだ実用的ではないのかもしれません。

検索インデックス数も現在は45万件ほどで、開発者自身も

と発言しています。

これからインデックス数を増やしていくそうなので、将来が楽しみな検索エンジンですね!







コメントを残す