大竹まことが藤井聡太四段に噛みついて炎上!芸風が理由にはならず

【内容をサクッと説明】

  • 2017年6月27日、タレントの大竹まことさんが将棋プロ棋士・藤井聡太四段に対して、「これ以上勝たせてどうするの?」「誰かシメてやれ!」などの発言を行い、噛みついた。
  • 大竹まことさんは昔から歯に衣着せぬ発言をするタレントとして知られている。
  • だが、今回の発言は「芸風だから」では通用しなかったようだ。ネット上には「老害」などの批判コメントが殺到し炎上している。

藤井聡太四段が29連勝に歴代最多記録を更新!ネットからも喝采の嵐

2017.06.26

大竹まことのプロフィール

出典:http://anincline.com/

本名:大竹 真
出身地:東京都目黒区
生年月日:1949年5月22日 (68歳)
所属事務所:ASH&Dコーポレーション
職業:お笑いタレント、俳優、ラジオパーソナリティ

藤井聡太四段に噛みついた大竹まこと

2017年6月27日、タレントの大竹まことさんがTOKYO MX『バラいろダンディ』に出演。

史上最年少の将棋プロ棋士・藤井聡太四段に対して

「誰か負かさなきゃいかん、本当に。これ以上勝たせてどうするの?」
「勝っても若者なんだから『戦わせていただきまして、ありがとうございました』って言わなきゃ」
「ガムテープで出来たみたいな財布から、きつねうどんみたいな金払うようなヤツ」
「これ以上調子に乗らすな。誰かシメてやれ!」

などの持論を繰り広げて噛みついた。

出典:https://twitter.com/

大竹は「29連勝だっけ? 本当に誰か負かさなきゃいかん、本当に。これ以上勝たせてどうするの?」と話すと、「77歳の爺さんが、14歳のガキに『どうもすいません』ってあり得ないだろ。ルールを変えなきゃダメ。勝っても若者なんだから『戦わせていただきまして、ありがとうございました』って若いヤツが言わなきゃ」と将棋の作法にも噛みついた。

出典:livedoorニュース

大竹まことの芸風

大竹まことさんは、昔から歯に衣着せぬ発言をする毒舌タレントとして知られている。

今回の発言も一部のネットユーザーは

「大竹まことだから」
「そういう芸風でしょ」

と静観しているようだ。

ネット上の反応

現在のネット上において、大竹まことさんの発言は「芸風だから」では通用しなかったようだ。

「老害」という批判を始めとして、

「叩かれて当たり前」
「他力本願で物を言うのってどうよ」
「勝負の世界に年齢なんて関係ない」
「こういう人にはなりたくない」

など批判の声が集まり、炎上している。

数日前にもモノマネ芸人のホリさんが藤井聡太四段の顔マネをして炎上する騒動がありました。

ホリの藤井聡太四段の顔マネ写真ツイートが炎上!投稿削除に疑問の声

2017.06.24

注目が集まっている現在、藤井聡太四段をいじると炎上する法則ができているのかもしれません。







コメントを残す