航空会社バニラエアが車いす客に自力でタラップを上がらせ賛否両論

【内容をサクッと説明】

  • 2017年6月28日、格安航空会社(LLC)バニラエアが「社の規則に違反する」という理由で、車いす客に自力でタラップを上がらせたと報じられた。
  • 後日、バニラエアは「本意ではなかった」「不快にさせた」と謝罪。
  • ネット上では「バニラエアが悪い」「車いす客が悪い」という意見があり、賛否両論に分かれている。

車いす客に自力でタラップを上がらせたバニラエア

2017年6月28日、格安航空会社(LLC)バニラエアが「社の規則に違反する」という理由で、車いす客に自力でタラップを上がらせたと報じられた。

木島さんとバニラ・エアによると、搭乗便はジェット機で、関空には搭乗ブリッジがあるが、奄美空港では降機がタラップになるとして、木島さんは関空の搭乗カウンターでタラップの写真を見せられ、「歩けない人は乗れない」と言われた。木島さんは「同行者の手助けで上り下りする」と伝え、奄美では同行者が車いすの木島さんを担いで、タラップを下りた。

同5日、今度は関空行きの便に搭乗する際、バニラ・エアから業務委託されている空港職員に「往路で車いすを担いで(タラップを)下りたのは(同社の規則)違反だった」と言われた。その後、「同行者の手伝いのもと、自力で階段昇降をできるなら搭乗できる」と説明された。

出典:livedoorニュース

報道によると、その後、搭乗時に同行者が車いすごと担ごうとしたところ、空港職員が制止。

木島英登さんは車いすを降りて、タラップの1段目に座り、腕の力のみで這い登った。

出典:http://news.livedoor.com/

空港職員は「それもだめです」と制止したが、3~4分かけて17段のタラップを上がったという。

バニラエアが謝罪

バニラエアは「奄美空港にはバリアフリーの設備がなかった。車いすを担いだり、車いす客をおんぶして上り下りするのは危険なので社の規則で認めていなかった」と弁明。

同社の人事・総務部長は後日、

「やり取りする中でお客様が自力で上ることになり、職員は見守るしかなかった。こんな形での搭乗はやるべきでなく、本意ではなかった」

「不快にさせた」

と謝罪した。

出典:http://www.sankei.com/

また、同年6月14日にアシストストレッチャー(座った状態で運ぶ担架)の使用を開始し、29日からは階段昇降機も導入するとしている。

ネット上の反応

ネット上では、バニラエアが悪いとする意見と、木島英登さんが悪いとする意見があり、賛否両論に分かれている。

バニラエアが悪いとする意見

木島英登さんが悪いとする意見

どんな規則があろうとも、車いすの人が這いずるようにして階段を上るのを、複数の人が手助けせずに見守る光景は異様としか言いようがありません…。







コメントを残す