藤井聡太四段が29連勝に歴代最多記録を更新!ネットからも喝采の嵐

【内容をサクッと説明】

  • 2017年6月26日に行われた第30期竜王戦決勝トーナメント1回戦に、将棋の歴代最多連勝記録である29連勝に王手をかけた藤井聡太四段が臨んだ。
  • 開始から11時間半が経った午後9時20分頃、藤井聡太四段の勝ちで対局は終了。これで公式戦連勝記録が29連勝となり、30年ぶりに新記録を樹立した。
  • この藤井聡太四段の偉業に、ネット上からも喝采の声で溢れかえっている。

藤井聡太四段のプロフィール


出典:https://www.shogi.or.jp/

名前:藤井聡太
生年月日:2002年7月19日(14歳)
プロ入り年月日:2016年10月1日(14歳)
段位:四段

藤井聡太四段が公式戦連勝記録を更新

将棋の歴代最多連勝記録である29連勝に王手をかけた藤井聡太四段が、
2017年6月26日に行われた、第30期竜王戦決勝トーナメント1回戦に臨んだ。

相手は同じ10代の増田康宏四段。


出典:https://mainichi.jp/

当日は多数の報道陣に囲まれる中、藤井聡太四段と増田康宏四段の対局は開始された。


出典:https://twitter.com/

午前10時から始まった対局は、一進一退の攻防が続いたが、
開始から11時間半が経った午後9時20分頃、
増田康宏四段が投了し、藤井聡太四段の勝利に終わった。

この瞬間、藤井聡太四段は1987年に神谷広志八段が達成した公式戦連勝記録を、
30年ぶりに塗り替えて新記録を樹立した。


出典:https://twitter.com/

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

この日は渡辺明竜王(33)への挑戦権を争うトーナメント戦で、下から2番目の5組で優勝した増田四段と一番下のクラスの6組で優勝した藤井四段が対局した。現在、10代の将棋棋士は2人しかおらず、藤井四段にとっては公式戦初の10代プロ対決を制した。
出典:毎日新聞

29連勝達成直後の動画

藤井聡太四段が29連勝を達成した直後の動画はコチラ。

ネット上からも喝采の声

この藤井聡太四段の29連勝に、ネット上も大いに沸き立ち、
「凄い!」という喝采の声で溢れかえっている。

若干14歳ながら29連勝という偉業を成し遂げた藤井聡太四段には、最大限の賛辞を贈りたい。

彼の連勝記録はどこまで伸ばすことが出来るのだろうか、今後の活躍にも期待したいところだ。







コメントを残す