カウボーイビバップ実写ドラマ化が海外で炎上!キアヌ主演映画は頓挫

【内容をサクッと説明】

  • 2017年6月6日、大人気アニメ『カウボーイビバップ』がアメリカのテレビシリーズにて実写ドラマ化されることが発表された。
  • 『カウボーイビバップ』は過去にキアヌ・リーブスさん主演で実写映画化されると発表されていたが、制作資金がかかりすぎるという問題が浮上し、計画が半ば頓挫している。
  • ネット上では今回の実写テレビシリーズ化を不安視する声が多い。海外でも批判が相次ぎ、世界規模の大炎上となっている。

カウボーイビバップとは

カウボーイビバップは1998年4月から放送された日本のSFアニメ作品。

全26話のアニメに加えて、2001年9月には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』が公開された。

出典:https://deadline.com/

未来の太陽系で賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を飛び回る通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎを生業とする主人公と、彼の個性的な宇宙船の乗組員を描くオリジナルアニメーション作品。2001年には劇場版も公開された。

出典:yahooニュース

カウボーイビバップがアメリカで実写ドラマ化

2017年6月6日、90年代に放送された名作アニメ『カウボーイビバップ』がTomorrow Studios・Midnight Radio・サンライズの共同制作によって実写ドラマ化されることが発表された。

なお、この作品は映画ではなく、テレビシリーズとして制作される模様。

出典:https://twitter.com/

Tomorrow Studiosは、『プリズン・ブレイク』などの大人気テレビドラマシリーズを手がけたアメリカの製作会社だ。

キアヌ主演の映画は頓挫

海外でもテレビ放映や配信が行なわれ、世界中で人気を集めている『カウボーイビバップ』。

2009年にはキアヌ・リーブスさん主演で実写映画制作の話も発表された。

出典:http://www.spacebrothers.jp/

しかし、こちらは『製作費がかかりすぎる』などの理由で脚本の練り直しが行なわれている。

2013年にも「実写化のプロジェクトは進行中」と発表されたが、4年経った現在も劇場公開の予定すら聞こえてこないため、半ば計画が頓挫していると言えるだろう。

 キアヌ・リーヴス主演で実写映画化されることが決定していたSFアニメ「カウボーイビバップ」が製作中止の危機にさらされているようだ。

同映画については以前より、製作費がかかりすぎるとの理由から脚本の練り直しなどが行われていたというが、その進行具合が思わしくないらしい。キアヌは米エンタメサイトCollider.comのインタビューで「今のところ何も聞いていない。脚本はできたけど、それを実現するにはたぶん5億ドル(約420億円)くらい必要になると思う」とコスト面で難局にぶつかっていることを明らかにした。

出典:Yahoo!ブログ

ネット上の反応

ネット上では、今回の実写テレビシリーズ化も不安視する声が相次ぎ、炎上している。

海外でも炎上

実写化に対する批難の声が上がっているのは日本だけではない。

海外でも

「やめてほしい」
「実写はいらない」
「金を払ってでも見たくない」

などの声が上がり、大炎上しているようだ。

  • とんでもないな、頼むからやめてほしい
  • 俺が一番好きなアニメなのにこれは本当に悲しくなるわ
  • 金を払ってでも見たくない
  • ハリウッドはそっとしておくということが出来ないんだな
    アニメやゲームの実写化が上手くいかなくても、トライし続けようとする
  • 一体何故こんなことを?
    テレビドラマで同じように動かせるシーンなんてあるかな?
    今回の実写化に関しては一切信頼できない、明らかにノスタルジーで金を稼ごうとしてる
  • 実写ドラマ化ってのは映画化よりもヤバい

出典:海外の万国反応記@海外の反応

2017年春に公開された攻殻機動隊の実写化映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を例にあげて、大コケを予想する意見も数多く見られました。

実写化よりも新作アニメを出したほうがファンには喜ばれそうですね…。







コメントを残す