佐藤琢磨の優勝に不快と差別発言した米記者、実は謝罪しておらず炎上

【内容をサクッと説明】

  • 2017年5月28日、アメリカの自動車レース『インディ500』で、佐藤琢磨選手が日本人初の優勝を勝ち取った。
  • だが同日、アメリカDenver Post紙の記者、テリー・フレイ氏が「日本人ドライバーが優勝したことに不快感を覚える」とツイートを投稿。
  • その後、Denver Post紙はテリー・フレイ氏を解雇。本人も謝罪文をツイッターに投稿したが、この内容が「謝っていない」と批判され、再び海外のネット上で炎上した。

佐藤琢磨の優勝に「不快感」と差別発言

2017年5月28日、世界的に有名なアメリカの自動車レース『インディ500』で、佐藤琢磨選手が日本人初の優勝を飾った。

佐藤琢磨が優勝したインディ500とは?F1との違いをわかりやすく解説

2017.05.30

だが、この優勝に「不快だ」と差別発言した人物がいる。

アメリカのDenver Post紙に所属していた記者、テリー・フレイ氏だ。

テリー・フレイ氏は5月28日に以下のツイートを投稿した。

出典:https://twitter.com/

(訳)

特に個人的な関係はないが、メモリアルデー(戦没者記念日)の週末に
日本人ドライバーがインディアナポリス500を制したことにとても不快感を覚える

もちろん、レースに不正疑惑や八百長トラブルなどはなかった。

テリー・フレイ氏が「個人的な関係はない」と言っていることからもわかるように、彼が不快感を覚えたのは「佐藤琢磨が日本人ドライバーだから」という理由である。

このツイートを見た海外の人々は「人種差別だ」とテリー・フレイ氏を批判。

現在、当該ツイートは削除されているが、リプライの数は数千件に上ったという。

Denver Post紙は解雇処分

テリー・フレイ氏の発言とネット上の反応を重く見たDenver Post紙は、2017年5月29日に「テリー・フレイ氏を解雇した」と発表した。

以下がDenver Post紙の声明文だ。

出典:Denver Post

(訳)

私たちは記者の一人から送られた、無礼かつ容認できないツイートについて謝罪します。

テリー・フレイは、もはやデンバー・ポスト社の従業員ではありません。
彼の(今後の)問題について、これ以上はコメントしない方針です。

問題になったツイートは我々の信条や立場を表したものではありません。
私たちの深い謝罪を受け入れていただけることを願っています。

解雇処分後のテリー・フレイ

解雇処分の発表と前後する形で、テリー・フレイ氏がツイッターを更新。

ようやく謝罪の言葉を呟いたが「すまなかった」の一言のみで、佐藤琢磨選手の名前はなかった。

しかも、このツイートに「誰に謝っているのかわからない」「具体的に謝れ」といった批判ツイートが殺到し、テリー・フレイ氏はまたもやツイートを消去した。

その後、「このあとのツイートを見てくれ」と謝罪文の画像をリンクしたツイートを投稿した。

出典:https://twitter.com/

テリー・フレイ氏は第二次大戦で敵国だった日本に、あまりよくない感情を持っていたようだ。

父親の友人が沖縄戦で戦死したこともあり、禍根を残しているという。

だが今回の件に関して謝罪の意思はあるらしく、たしかに、この長文には「申し訳ない。私も終戦から72年が経ったことはわかっている」「佐藤琢磨へ謝罪します」など、謝罪だと思われる文章も記載されている。

ただし、この文書の冒頭に記されているのは「ヘマをしてしまった。口が滑った」という言葉、次に記されているのも元雇用主であるDenver Post紙への謝罪である。

そして、そのあとに「自分の父親が第二次大戦に参加し、日本人とも戦い、偉大な功績をおさめたパイロットだった」ということを切々と語っているのだ。

「On.Sunday」から続く中盤部分は全てテリー・フレイ氏の父親に関する話である。

誠意ある謝罪とは言いがたいこの文書に対して、海外のネット上ではまたもや炎上した。

佐藤琢磨の反応

この騒動に関して、佐藤琢磨選手はどう考えているのだろうか?

ロイター通信によると、

  • 差別的なツイートに対しては「とても残念なことだ」
  • Denver Post紙の解雇処分に対しては「尊重する」
と、冷静な対応を見せたという。

たった1つのツイートで仕事を失ってしまったテリー・フレイ氏。

しかし記者であるのなら、もう少し本題が伝わりやすい謝罪文を書けたのではないでしょうか…。







コメントを残す