週刊文春、新潮の中づり広告の盗み見が報道されるも反省・謝罪無しか

【内容をサクッと説明】

  • 2017年5月18日「新潮の中づり広告を文春が盗み見していた」「スクープを盗用された」という記事が週刊新潮に掲載された。
  • 同日、文春編集部がコメントを出し、新潮の主張を完全否定。
  • ネット上では新潮の主張を支持する意見が多く見られる。

週刊文春の盗用を週刊新潮が暴露

2017年5月18日、週刊新潮に『文春砲 汚れた銃弾』というセンセーショナルな記事が掲載された。

内容は文春が新潮の中づり広告を雑誌発売前に盗み見し、スクープ記事を盗用していたというものだ。

出典:https://twitter.com/

中づり広告とは電車などにぶら下げられる広告のこと。

この広告は基本的に”トーハン”と呼ばれる取次ぎ業者が印刷を担当しており、週刊誌本体よりも一日早く刷り上がる。

今回の盗用疑惑では、文春がトーハンから中づり広告を借りてコピーを取っていたとされている。

出典:https://twitter.com/

この報道を受けて他の新聞社が事実確認を行なったところ、トーハンは事実を認め、謝罪の言葉を口にした。

「秘密保持契約がなかったので、新潮の中づり広告を販促物として貸した事実があった。競合他社の情報について配慮すべきだった」

新潮は文春に「スクープを持っていかれたこともある」と主張している。

文春編集長は盗用を完全否定

これらの報道を受けて、同日、文春編集長がコメントを出した。

文春は「盗用していない」と新潮の記事を完全否定。

あくまで自分たちで取材した記事やスクープのみを掲載していると主張している。

「週刊文春」が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません。

私たちは毎週、締め切りギリギリまで全力で取材にあたっています。その情報収集の過程で、他メディアの動向をつかむことはしばしばあります。

「週刊新潮」の記事では、あたかも「週刊文春」が自らのスクープ記事を盗んでいるかのように書かれていますが、例として挙げられた記事においても、そうした事実は断じてありません。

前述したように、取材はギリギリまで行っているため、締め切りにタイムラグがある中吊り広告と新聞広告でその内容が異なることは決して珍しいことではありません。

「週刊文春」は、これからも読者の皆様に堂々と胸を張れる独自スクープをお届けすることをお約束します。

出典:livedoorニュース

新潮は文春のコメントに対して「残念だ」「非を認めないことに驚いた」と返している。

週刊新潮編集部は同日、コメントを出し、「潔く非を認めないのは驚きだ」と批判。「(広告の入手は)正当な情報収集に当たらず、アンフェアな取材姿勢を反省しようとしないのは残念だ」とした。

出典:@niftyニュース

ネット上の反応

ネット上の反応は、どちらかというと新潮寄りとなっている。

「文春ではなく取次ぎ業者に問題がある」という意見も出ているが、これらの意見も文春を擁護する意図はないようだ。

週刊誌の二大巨頭である新潮と文春の戦い。

現時点では、両者一歩も譲らず主張を繰り広げています。

はたして、どちらに軍配が上がるのか、決着が気になりますね。







コメントを残す