葵祭2017で京都府警が扮したリアル検非違使がカッコいいと話題に

【内容をサクッと説明】

  • 2017年5月15日、京都三大祭りの一つである葵祭が開催された。葵祭は平安衣装に身を包んだ行列が京都の街を練り歩くという伝統行事。
  • 祭を警備する京都府警も平安衣装で馬に乗り、警備にあたっていた。この姿が平安時代の警察「検非違使」だと話題に。
  • リアル検非違使として任務を遂行する京都府警の姿は、ネット上で拡散され「かっこいい」と絶賛されている。

京都の葵祭

2017年5月15日、京都三大祭りの一つである葵祭が開催された。

出典:https://twitter.com/

葵祭は平安時代の衣装を身にまとった行列が、京都の街を練り歩くという伝統行事だ。

正式名称は「賀茂祭」という。

行列の人数は約500人。牛車や馬なども行列に加わり、絢爛豪華な風情となる。

出典:https://twitter.com/

京都府警も馬上から警備

葵祭では、警察官も仮装して行列の警備にあたる。

平安衣装をまとい、馬に乗った姿が平安時代の警官職「検非違使」に見えると、ネット上で話題になった。

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

出典:https://twitter.com/

京都府警察平安騎馬隊

京都府警には平安騎馬隊という部署が常設されている。

出典:http://blog.goo.ne.jp/

出典:http://shougon.com/

今回、話題になったリアル検非違使も平安騎馬隊に所属する現役の警察官だ。

ネット上の反応

ネット上には「リアル検非違使」「かっこいい」など京都府警を絶賛する声が寄せられている。

祭の雰囲気を損なわない姿で警備にあたってくれた京都府警の方々に感謝ですね!

コメントを残す