ワイドナショーでデヴィ夫人が語った同性婚反対理由に反論多数で炎上

【内容をサクッと説明】

  • 2017年5月14日、フジテレビ系ワイドショー番組『ワイドナショー』にデヴィ夫人が出演。同性婚に反対だと持論を展開した。
  • 同性婚に反対する理由は「自然の摂理に反するから」「結婚は子孫を残すこと」だと主張。
  • この主張に対して「結婚=子どもを作ることではない」と多くのネットユーザーが反論。炎上する事態となっている。

デヴィ夫人のプロフィール

出典:http://s-bellkochan.com/

名前:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(旧名:根本 七保子)
出身地:東京都港区西麻布
生年月日:1940年2月6日 (77歳)
国籍:インドネシア
職業:タレント、スカルノ元大統領第3夫人

デヴィ夫人が同性婚反対で炎上

2017年5月14日、フジテレビ系ワイドショー番組『ワイドナショー』にデヴィ夫人が出演。

同性婚や結婚に関する持論を展開し、炎上している。

出典:https://twitter.com/

同性婚反対の理由

デヴィ夫人は同性愛に関しては理解を示していると主張した。

反対しているのは、あくまで同性婚に関してのみ。

その理由は

「自然の摂理に反するから」

「結婚は子孫を残すこと」

だからだという。

デヴィ夫人は、同性カップルの結婚は「自然の摂理に反する」と考えているのだとか。「お花におしべとめしべがあるように、動物に雄と雌があるように、人間にも男と女がある」「結婚は子孫を残すことですから、それに反しますよね」と結婚に対する考えを明かす。

出典:livedoorニュース

その後、同席していた出演者が「結婚は子孫を残すためだけにするものじゃない」と反論しても、デヴィ夫人は意見を譲らず「結婚は子孫を残すため」と主張し続けた。

ネット上の反応

ネット上には「デヴィ夫人の発言に反感を抱いた」という意見が多数投稿され、炎上している。

「結婚=子孫を残す」に反論する人も

同性婚ではなく「結婚=子孫を残す」というデヴィ夫人の結婚観に疑問・反感を持つ人も多い。

結婚観や同性愛に対する認識は人それぞれです。

デヴィ夫人のキツイ物言いが、意見を押し付けるような印象になってしまったのかもしれませんね…。







コメントを残す