YOSHIKIのX JAPAN復帰はいつ?頚椎の緊急手術の内容も

【内容をサクッと説明】

  • 2017年5月10日、ロックバンド「X JAPAN」のリーダーYOSHIKIが米国で緊急手術を受けると発表。
  • これにより5月のスケジュールは全て中止となり、2017年7月開催予定のツアーも協議中となってしまった。
  • ネットでは手術の成功を祈るファンたちの温かい声で溢れている。

YOSHIKI(X JAPAN)


出典:https://ja.wikipedia.org/

名前:YOSHIKI・(本名:林 佳樹/はやし よしき)
生年月日:1965年11月20日(現年齢51歳)
出身地:千葉県館山市
職業:音楽家、ソングライター

2017年5月10日にYOSHIKIの緊急手術が伝えられる

各報道では「X JAPAN YOSHIKI 緊急手術のお知らせ」と題され

アメリカで緊急手術を受けるとの知らせにファンに衝撃が走った。

公式のYOSHIKIさんのインスタとTwitterではこう、以下のようなコメントをされている。

つい先日まではコンサートのツイートもあったのに

緊急手術報道がされる、つい先日9日にYOSHIKIさんはライブの2次先行開始を

ツイッター上で伝えているので、本当に緊急だったことが伺えます。

一体どんな手術を受けるのか?

気になるのはそんな緊急を要する手術とは一体何なのでしょう?

複数の医師による診断の結果、X JAPANのYOSHIKIが米国時間 2017年5月16日(火)に、cervical artificial disc replacement / 頚椎人工椎間板置換の緊急手術をロサンゼルスにて行うことになりました 。
出典:http://www.yoshiki.net/

頚椎人工椎間板置換とは

YOSHIKIは、身体を酷使する激しいドラムプレイにより2009年7月に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、頸椎椎弓切除・頸椎椎間孔切除2つの手術を受けていました。約半年前から頸椎椎間板ヘルニアの悪化で、手・腕に麻痺・強度のしびれなどの症状が表れ、 すでに演奏にも支障をきたしていました。病院で精密検査を受けた結果「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と診断され、日米双方の医師と何度も協議を重ねた上で、この度手術をせざるを得ない状況となりました。
出典:http://www.yoshiki.net/

普通の頚椎ヘルニアで行われる主な治療法は「損傷椎間の除去」だそうです。

しかし、椎間を取り除くと体に影響が出て、今後のパフォーマンスへの影響があるため、

YOSHIKIさんは、取り除いた椎間板の代わりに「人工椎間版」という部品を入れ込み、手術後の運動やパフォーマンスを損なわないようにする選択

をされたものとみられます。

YOSHIKIの手術を解説したミヤネ屋の動画

2017年5月10日放送のミヤネ屋にてYOSHIKIさんの手術について解説されていました。

YOSHIKIさんからはファンへの謝罪のコメントも

ネットではファンの励ましの声が多数

YOSHIKIが復帰するのはいつ?

気になるのはYOSHIKIさんは手術後、いつ復帰する予定なのでしょうか。

YOSHIKIさん自体は2017年7月にあるコンサートに出演する心持ちが伺えますが、手術後の容態などによって変化するでしょう。

人工椎間板置換をうけたスポーツ選手プルシェンコさんの場合は、その当時で

練習復帰まで6ヶ月かかる

と報じられたよう。

最低でも回復には半年以上かかりそうだと予想され、元気な姿でパフォーマンスするYOSHIKIに会えるのを待つばかりである。

コメントを残す