とくダネにガルパン公式が的外れな注意勧告!炎上商法や売名疑惑も

【内容をサクッと説明】

  • 2017年5月8日、ガルパン公式ツイッターが情報番組「とくダネ」の番組内容に対して「注意勧告」をツイートした。
  • 指摘を受けた『とくダネ』の特集ではメイドカフェを紹介。ロシア人女性がガルパンのコスプレをきっかけにして、メイドカフェの店長になったというものだった。
  • ガルパン公式ツイートのタイミングを考えると、売名・炎上商法疑惑もある。ネット上ではすでに、とくダネへの怒りをあらわにするファンもあらわれている。

ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー(ガルパン)は2012年10月~12月、2013年3月に放送された日本のテレビアニメ。

出典:http://jin115.com/

戦車同士の模擬戦が伝統的な女性向けの武道として競技化され戦車道と呼ばれて華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとして認知されている世界を舞台に、戦車戦の全国大会で優勝を目指す女子高生たちの奮闘を描く。

兵器である戦車を女子高生たちが運用するという、男性のアニメファンにアピールするようなミリタリーと萌え要素を併せ持ちつつも、死者の出ない戦闘とスポーツものの約束事を踏襲した物語が描かれ、戦争と死といった背景から切り離された戦車戦を描いている。

出典:wikipedia

ガルパン公式が『とくダネ!』の特集に注意勧告

2017年5月8日、ガルパン公式ツイッターが「注意勧告」をツイートした。

その内容はフジテレビ系情報番組「とくダネ!」で放送された『メイドカフェの特集』についてだ。

ツイートの内容を見ると、

  • とくダネが非公式なガルパンメイドカフェを公式として紹介した

もしくは

  • メイドカフェがガルパン公式カフェを無断で名乗っている

このような印象を受けるファンも多いだろうが、とくダネの放送内容はそういったものではない。

とくダネの特集内容

2017年4月24日に放送されたとくダネの特集タイトルは「日本文化の担い手は外国人」。

外国人が働くメイドカフェをピックアップしたものだった。

出典:youtube

店長のナスチャンさんはロシア人で、日本のアニメ好きが高じて来日。

「今一番好きなアニメは鋼の錬金術師!」と話している。

出典:youtube

ガルパンが登場したのは、メイドカフェを訪れていた男性客の話題からだった。

 

ただし、ここでも「ガルパン好きが集まっている」という紹介と、ガルパンのコスプレに使われた戦車の着ぐるみを撮影する男性が映し出されたのみで「公式カフェである」といった情報は一切出てこない。

出典:youtube

引き続き、ガルパンの話題が続き、コスプレ写真も映し出されたが、これは店長のナスチャンさんがメイドカフェの店長に抜擢された理由を説明するためである。

ナレーションも

「ナスチャンさんはファンの間で有名」
「このコスプレがきっかけでメイドカフェの店長に誘われた」

と経緯を説明したのみで、ここでも公式を匂わせる情報はなかった。

出典:youtube

このあとの映像にガルパンが登場することはなく、80歳の女性がカフェメニューのロシア料理に舌鼓を打つ様子などが放送された。

『とくダネ』の特集動画

その『とくダネ』の特集動画がコチラだ。

売名・炎上商法疑惑も浮上

以上の内容を踏まえると、公式が注意勧告を出すほどの内容ではないように思える。

しかも、番組が放送されたのは4月24日

ガルパン公式がツイートしたのは5月8日だ。

 

ゴールデンウィークで連絡が遅れたのだとしても、今さら感が強く、一般視聴者はとくダネの映像を確認することもできない。

なぜこのタイミングで注意勧告を出したのか。

ツイッターのトレンドを見てみると、ひとつの仮説が浮かび上がってくる。

『とくダネ』が炎上してトレンド入りしていた

実は、ガルパン公式が注意勧告ツイートを行なった5月8日、別件で「とくダネ」が炎上し、ツイッターのトレンド入りを果たしているのだ。

2017年5月7日に開催された無料音楽祭『カミングコウベ』(通称:カミコベ)で将棋倒しが発生し、観客がパニックを起こした事件を「とくダネ」が報道し、その内容に齟齬があったと話題になっていた。

ガルパン公式ツイッターの注意勧告は、そんな炎上の最中にツイートされたのである。

ネット上の反応

ネット上には、とくダネに対する怒りをあらわにしたツイートや、「番組内容を誤解しないように」と逆に注意勧告するツイートが投稿されている。

ファンを誤炎上させかねないガルパン公式ツイッターの発言。

とくダネを見たファンから問い合わせが殺到したのでしょうか?

これに対する、とくダネの対応にも注目したいところです。







1 個のコメント

  • コメントを残す