ドジョウ2匹を肛門に入れてしまった男性の末路がやばい…

【内容をサクッと説明】

・中国の広州に住む、45歳男性が先日、酒に酔ってドジョウを肛門に入れたあと、高熱と重度の腹痛を訴え病院に駆け込んだ

・肛門から6センチのドジョウを1匹取り除いたが、もう1匹は見つからず…

・ドジョウは腸壁を食い破り上腹部まで遡上していたことが判明、緊急手術となり一命を取りとめた

どうしてそうなった…


出典:https://pixabay.com/

中国・広州の45歳男性が先日、酒に酔ってドジョウを肛門に入れたあと、高熱と重度の腹痛を訴え病院に駆け込んだという。医師たちはさっそく肛門から6センチのドジョウを1匹取り除いたが、もう1匹は見つからない。

探しているうちに腸壁の損傷を見つけ、「ひょっとして」とレントゲンを撮ったところ、なんとドジョウは腸壁を食い破り上腹部まで遡上していたことが判明。感染症の恐れもあり集中治療室に運ばれると、なんとか無事にドジョウの除去に成功し、「もう少し上まで来ていたら命はなかった」と医師たちは語った。

出典:http://news.nicovideo.jp/

ドジョウの性質


出典:https://illust-imt.jp/archives/006575/

日本の平野部の水田や湿地などに全国的に生息している。中国大陸、台湾、朝鮮半島にも分布するほか、日本をはじめとした東アジア地域では食用魚としての養殖も盛んに行われている。

個体差はあるが、危険を察知した際や水温などの条件によって水底の砂や泥に潜る事があり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽内の水草をことごとくほじくり返される事がある。体表面のぬめりが強く、水が汚れやすい。

出典:http://news.livedoor.com/

今週一番のおバカとの声も


出典:http://m-y-star.com/

ネットでは

「今週一番のおバカ」

「鯉だったらこんなことにはなってなかった」

「新手のフィッシュセラピーか何かなのかな」

「翌月、その男性はウナギを入れて運び込まれるはず」

「酒は人間をあらゆる意味で解放するね」

とからかうようなコメントが多く寄せられている

出典:http://news.nicovideo.jp/

酔っ払っていたとは言え、肛門に入れようと思うものじゃないぞ…







コメントを残す