メルカリで妊娠菌付き米が高額売買され炎上!お守りという意見も存在

【内容をサクッと説明】

  • フリマアプリ「メルカリ」で、「妊娠菌が付いた米」という商品が出品されていた事を、毎日新聞に2017年5月2日が掲載した。
  • このニュースを巡って、ネット上では出品者に対しての怒りの声で炎上する事態となっている。
  • しかし、怒りの声以外にも、「買い手にも問題あり」「お守りでは?」という声も挙がっている。

メルカリ


出典:https://rakuma-guide.com/

フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが可能なフリマアプリ。
日本でのダウンロードが4000万件、一日の出品数が100万品を突破している。

出品を巡って炎上の基となっている

メルカリでは以前から、現金の出品などを巡って問題が起こっており、
その度にネット上が炎上している。

メルカリで現金出品が禁止の理由!Suicaなど抜け道を指摘する声も

2017.04.24

メルカリの闇が止まらない!次々と出品されるヤバイ商品に唖然

2017.04.28

妊娠菌がついた米が出品される

2017年5月2日の毎日新聞にて、

『妊娠菌』がついていると称される米

がメルカリで売買されていることが報じられた。


出典:https://mainichi.jp/

「女性が妊娠しやすくなる『妊娠菌』がついている」と称した白米がインターネットで売買されていることが分かった。「妊娠米」と名付けられて1合当たり最高1500円で出回るが、毎日新聞の取材で、出品者に妊娠経験がなかったり、購入者にサプリメントのカタログが送られたりする事例が確認された。「妊娠菌感染」に医学的根拠はなく、専門家は「不妊に悩む女性を冒とくする詐欺行為だ」と憤っている。

中略

1回購入したことがある東京都の30代女性は「不妊治療を4年間続けて身も心も耐えられなくなり、最後の賭けで何でも試してみようと考えた。1合のはずが、3分の1しか入っていなかった」と怒りをあらわにする。
出典:毎日新聞

ネット上でも批判の声で炎上

このニュースを巡って、ネット上でも出品者に対する怒りの声で炎上している。

出品者以外への意見も

しかし、出品者への批判ではない声も、ネット上では見受けられる。

買い手にも問題ありという声

買い手に対して、

もう少し考えるべき

といった意見が挙がっている。

お守りのようなものでは?という意見

また別の意見として、

医学的根拠のないお守りのようなものでは?

という意見も存在いる。

メルカリの出品を巡っては、出品者とのいたちごっこであり、購入者側にもリテラシーは求められるだろう。

ただし、今回の購入者が藁にもすがる思いだったのは、想像に難くないが…







コメントを残す