星野源が人見知り宣言をやめた理由!持論の克服方法に賛否両論の声

【内容をサクッと説明】

  • 2017年4月29日、星野源さんがTBS系番組「サワコの朝」に出演。人見知りについて持論を語った。
  • その内容は「コミュニケーションが苦手で、言い訳として”人見知り”という言葉を使っていた」「人見知りだと伝えることは、相手に気を使ってくださいと言っているのと同じ」というもの。
  • この発言に対して、ネット上の反応は賛否両論に分かれている。

星野源のプロフィール

出典:https://twitter.com/

名前:星野源
出身地:埼玉県
生年月日:1981年1月28日 (36歳)
所属事務所:大人計画(俳優業)、アミューズ(音楽業)
職業:シンガーソングライター、俳優、文筆家

星野源が「人見知りは言い訳」と発言

2017年4月29日、TBS系番組「サワコの朝」に出演した星野源さんが「人見知り」について持論を語った。

その内容は、自身の経験に基づいて語られており、「人と話すのは好きだけど、上手く会話できない。だから言い訳として”人見知り”という言葉を使っていた」というもの。

この持論は今年3月に発売されたエッセイ「いのちの車窓から」にも記されている。

星野は「数年前から、人見知りだと思うことをやめた」「そもそも人間が好きではないと思おうとしていたが、僕は人が、人と接することが大好きだったのだ」と綴っている。

20代のころの星野は「人見知りなんで」と、よく言っていた

「人見知り」という「便利な言葉」で言い訳し、コミュニケーションが苦手という事実から目をそらしていた

出典:livedoorニュース

出典:https://twitter.com/

人見知り宣言は「相手に失礼」

星野源さんは、さらに「人見知りだと伝えることは、相手に気を使ってくださいと言っているのと同じ」「何様なんだ」と続けている。

星野の場合は、本当は「人と話すことが好き」。それなのに「人見知り」と伝えることは「気を使ってください」と言っていることと同じであり、相手に「すっごい失礼」「何様なんだ」と感じるように。

出典:livedoorニュース

あくまで持論と強調

星野源さんは番組内で、人見知りについて話し始める前に「自分のこと」「みんながそうってことじゃない」と強調していたという。


ネット上の反応

星野源さんの人見知りについての発言に、ネット上では賛否が分かれた。

同意を示すコメント

否定的な意見

人見知りの度合いには個人差があるもの。

星野さんも「これはあくまで自分の場合」と強調しています。

でも、本当に他人と話すことが苦手な人にはキツイ意見なのかもしれませんね…。







1 個のコメント

  • 『自分の場合なら』、少なからず星野源さんに対して人見知りですって言ったら失礼で何様なんだって思わられるんでしょ?『自分の場合は』って言ってるのも逃げな肥えに聞こえる気がするが、本音は、『自分の場合は』が、抜けてるかもね。『人見知り?コミュ障をなおす努力してる?』って言う人もたまにみたりするけど、俺からすればそう言う人が、何様なんだって思うけどね。仕事上でとかで、報連相も言えない人は別として普通に喋る時に、『人見知りです。』って、言う分には何も失礼に当たらないし、ましてや何様なんだとも思わない。『人見知りです。』って言われただけで、あーだこーだ思っている星野源さんは心狭く思える。気を使って下さいとも言ってないし、そもそもそんな事思っていってないと思う。『人見知りです』で、気を使って下さいと思われるなら『ネガティブです』『あがり症なんです』とかも気を使う対象になるが。別に、『人見知りです』に対して自分の心の内でならどう思おうが勝手だけど、ネットに取り上げられたり、公共の場で言うのはそれこそ失礼で何様男ですか?と思いました。

  • コメントを残す