メルカリの闇が止まらない!次々と出品されるヤバイ商品に唖然

【内容をサクッと説明】

  • 2017年4月22日、現金が出品されたことで話題になった大手フリマサイト・メルカリ。現金出品が禁止されたあとも、さまざまな闇のアイテムが出品されていると話題になっている。
  • 2017年4月28日の時点で話題になっているヤバイ商品は領収書。他にも、パチンコ屋の特殊景品や離婚届、キャッシュバックつきのパワーストーン、さらには現金で折られた魚のオブジェなど、いたちごっこの様相を呈している。
  • 今回は、次々と出品されるヤバイ商品の最新情報を調査した。

メルカリで現金出品が禁止の理由!Suicaなど抜け道を指摘する声も

2017.04.24

メルカリに出品されたヤバイ商品

まずは既に出品禁止の措置が取られているアイテムから、ご紹介していこう。

出品禁止されている商品

現金の出品が禁止された直後から販売され始めた『チャージ済みSuica』。

こちらも「マネーロンダリングに繋がる可能性がある」として即時出品禁止になった。

出典:https://twitter.com/

続いて、登場したのはパチンコ屋の特殊景品だ。

パチンコ屋では三店方式と呼ばれる換金方法が用いられており、店内のカウンターでは現金の代わりにアトマイザーや文鎮などの特殊景品が手渡される。

この特殊景品も「マネーロンダリングにつながるおそれがある」として出品が禁止された。

出典:https://twitter.com/

2017年4月25日には、再び現金で作った思われる『魚のオブジェ』が出品された。

こちらも当然ながら禁止対象となるアイテムだ。

  

出典:https://twitter.com/

話題の領収書は当初から禁止

2017年4月28日の時点で、話題となっているメルカリ出品アイテムは『領収書』だ。

出典:https://twitter.com/

しかし、こちらはサービス開始当初から出品が禁じられているとのこと。

「メルカリで無記名の領収書が出品されている」とTwitterで話題になったが、同社は「領収書はサービス開始当初から出品を禁止しており、出品された場合は削除している」と話している。

出典:産経ニュース

規制されていないがヤバイ商品

規制されていないもののヤバイとされている商品の代表格が離婚届だ。

役所に行けば無料で入手可能・ネット上にあるPDFデータをプリントアウトしてもOKであるにも関わらず、大量の離婚届が出品されている。

出典:https://twitter.com/

しかし、離婚届は一概に詐欺まがいの出品であると断じることもできない。

「顔を晒さずに入手したい」「役所に行く手間を省ける」などの利点もあるようだ。


キャッシュバック方式を導入

2017年4月28日の時点で明らかになっている、最新の『抜け道』はキャッシュバック方式だと言われている。

出典:https://twitter.com/

留まることを知らない勢いで、新たな闇アイテムが出品されていくメルカリ。

このいたちごっこが終焉を迎える日は来るのでしょうか…。







コメントを残す