メルカリで現金出品が禁止の理由!Suicaなど抜け道を指摘する声も

【内容をサクッと説明】

  • 2017年4月22日、フリマアプリ『メルカリ』で現金が額面以上で購入される事案が多発した
  • 「額面以上の購入=クレジットカードの現金化」だとネット上で話題に
  • メルカリ当局は急いで現金出品を禁止するものの、今後、現金に相当する金券等の出品の可能性を指摘する声もあがっている

メルカリで現金の出品が禁止になる

「メルカリに現金が出品されている」――4月22日ごろ、Twitterでこんな話題が広がった。メルカリは同日、「利用規約で禁止しているマネーロンダリングにつながる可能性がある」として現行紙幣の出品を禁止した。

出典:ITmedia NEWS

現金出品が禁止になった経緯

メルカリで現金の出品が禁止に・・・

この話題が広まったのは上記でも記載の通り、2017年4月22日のことだった。

メルカリとは、今現在4000万ダウンロードを誇る、国内有数のフリマアプリ。

自宅で要らなくなったものを売る「フリーマーケット」が、スマートフォンのアプリを経由して簡単に行えるようになった。

今回、そのメルカリ上で、現金が出品されているという話題が広がり、メルカリ当局は急いで現金の出品を禁止したという次第だ。

現金出品が禁止になった理由とは?


出典:https://twitter.com/

今回の事件がかなり話題になった理由がある。

それは、

現金が額面以上で落札され、クレジットカードの現金化に利用されている」

ということ。

 

メルカリに限らず、こういった物品販売のプラットフォームで、現金が額面以上で購入される場合はある。

ただしその場合、その現金がゾロ目や記念硬貨などの一般の現金よりも何かしらの付加価値が付いていることが殆どだ。

 

しかし、今回は、何の変哲もない現金が額面以上の値段で購入されていたため、

クレジットカードの現金化が目的ではないか?

と話題になったのだ。

 

ちなみに、3万円が3万9000円や、4万円が4万7500円など通常ではありえない額で購入されていた。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは、クレジットで購入した商品を売り、クレジットカードの枠を現金化することをいう。

メルカリではクレジットカードを登録し、そのカードで出品してある商品を購入することができる。

そのためメルカリでは、現金を購入することでクレジットカードの現金化が可能だった。

クレジットカードの現金化は犯罪ではないが、クレジットカード会社の規約に違反している場合が多く、解約や利用料の一括請求などの危険性がある。

また、現金を出品することで犯罪に関与した現金をほかの現金と交換する、マネーロンダリングの可能性も示唆された。

この話題に対するネット上の反応

現金出品を禁止にしたが抜け道があるという意見も

こういった事情によりメルカリ当局は現金の出品を禁止した。

しかし、Twitterでは以下のツイートのように、その他の現金に相当する金券等の出品の可能性を指摘する声もあがっていた。


出典:https://twitter.com/

実際、すでにチャージ済みのSUICAが大量に出品される事案が発生しているようだ。

以後、メルカリ当局がしっかりと規制を行い、フリーマーケットを健全に楽しめるようにして頂きたい。







コメントを残す