福岡3億円強奪事件の犯人と被害者はグル?ネット上で共犯説が広がる

【内容をサクッと説明】

・2017年4月20日、福岡市中央区天神で現金3億8400万円が強奪されるという事件が発生した。

・同日夜、福岡空港で多額の現金を所持していた韓国人の男らが逮捕され、現在、取調べが行なわれている。

・犯人グループは逮捕されたものの、桁外れな大金を無防備に持ち歩いていた被害者に対して「犯人とグルなのでは?」というネットユーザーの疑惑の目が向けられている。

福岡の3.8億円強奪事件

事件が起きたのは、2017年4月20日の午後0時25分ごろ。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

県警によると、東京都足立区の男性会社員(29)が、みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で現金3億8400万円を下ろし、近くの駐車場に止めた車に積もうとした際、男2人が近づいてスプレーを噴射。男性がひるんだすきに、現金の入ったスーツケースを奪い、白いワゴン車で逃走した。

出典:Yahoo!ニュース

犯行グループはすでに逮捕?

犯行グループと見られる韓国人の男ら4人は、20日の夜、福岡空港で身柄を拘束された。

しかし男らが所持していた金額は7億円。容疑は「関税法違反の疑い」となっており、「強盗」ではない。

犯行に使われた白いワンボックスカーもいまだ見つかっていないと報道されている。

福岡空港で、7億円を超える現金を所持していた韓国人グループの4人が21日、関税法違反の疑いで逮捕された。
関税法違反の疑いで逮捕されたのは、韓国籍の男(34)ら4人。警察によると4人は20日午後、福岡空港から香港へ向かおうとした際、税関長の許可を受けずに現金約7億3000万円を持ち出そうとした疑い。

出典:Yahoo!ニュース

3.8億円を運んでいた被害者

被害者の男性は、東京都足立区に住む29歳の会社員の男性。

3億円を超える大金を持ち歩いていた理由は、取引で金塊を購入するためだった。

ただし、この男性は「重さ38kgにもなる3.8億円をスーツケースに入れていた」「警備もつけずに単独で運搬していた」など、常識では考えられない行動をしていたようだ。

ネット上の反応

不審な点が目立つ被害者男性の行動に、ネット上では「犯人とグルなのでは?」「裏金のマネーロンダリング?」といった疑惑の声が多く見られた。

「なにか陰謀が隠されているのでは…」と推測するネットユーザーたち。

サスペンスドラマの見すぎだという意見もあるが、単なる妄想だと断じることもできない。

実は近ごろ「消費税を利用して密輸入した金塊を売りさばく」という闇ビジネスが横行しているという噂があるのだ。

福岡3.8億円事件の裏に消費税を利用した金密輸ビジネスの噂が浮上

2017.04.21

調べれば調べるほどに闇が深まる福岡3億円事件。

すべての真相が明らかになる日は来るのでしょうか…。







コメントを残す